私の話を聞いてくれない。

公開日: : 最終更新日:2021/03/26 生き方と考え方

人の話を聞かない。これはなかなかにネガティブな印象を与えがちな行動であります。

「あいつ、人の話聞いてないからな」は、立派な悪口になり得るし、「あの人ったら、私の話なんて全然聞いちゃいないのよ」は、ため息まじりに繰り出されるセリフ。

しかし「相手が全然聞いてないなってわかってても、気にせずそのまま喋りつつけることがたまにある」となると、やけにポジティブな響きになるじゃないですか。

これは最近聞いた、ちょっといい話です。

私の話を聞いてくれない

なんだかよくわからないが、やけに喋りたい気分になる時がある。手っ取り早く家人に向かってくだらない話を延々と続けたいのだけれど、それは自分の勝手な欲求であって、真剣に聞かせるほどの内容でもない。だから、へーとかほーとか、明らかに気の無い相槌を打たれても、一切気にせずにそのまま喋り続けるのだ、と。

なんか、いい話じゃないですか。ねえ。

目的は、相手に構ってもらうことでも、真剣に話を聞いてもらうことでもない。ただ、誰かに向かって話し続けることである。

だから相手には聞く姿勢以上のこと、例えば気の利いた返答やら、熱い議論などといったものは一切求めない。「なんで私の話をもっと真剣に聞いてくれないの?」とか言わない。なんなら、うわの空でも可。

欲しいものが明確にわかっているから、さらにはお互いのキャラクターを理解しあえているからこその、素晴らしいコミュニケーションの形じゃないか!と、いたく感心したのですよ、私は。

もちろん、聞かされるほうの身になればそれなりの災難というか、今日もお疲れ様ですと労う他ないのですが、へーとかほーとかいうくらい大した手間じゃないし、それで相手の気が済むなら安いもの。

下手に意見して衝突するより、今夜のおかずのことなど考えながらへーとかほーとかしてるほうが得策。と判断してのことかどうかは知りませんけども、需要と供給が一致しているというか、聞いてないことを攻めもせず、喋り続けることを諫めもしない、ある意味思いやりにあふれた家庭内エピソードだなと思った次第です。

この話を聞いて、以前確かアルテイシア氏が

「女の愚痴はカラオケみたいなものだから、あソレソレ〜とか適当に相槌打ってくれるくらいがちょうどいい」

みたいなことを書かれていたことを思い出しました。愚痴じゃなくても、女に限らずとも、歌いたい気分の時ってあるものね。あソレソレ〜。

私は自分が話したい欲はあまりなく、どちらかというと喋りたい友人の聞き役に回ることが多い。そして気の利いた返しができずに申し訳なく思うことがしばしばあります。

会うたびに落ち込む友人関係

しかし冒頭の話と照らし合わせてみたらば、別にうんうんと聞いてるだけでも、そう悪くはないのかな。あソレソレ〜。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

当たり前のことを当たり前と思うべからず。

By: Keng Susumpow[/caption] 自分にとっては普通のこと、なんでもな

記事を読む

2017年の運勢を占う。

By: Stephane Mignon[/caption] 大晦日、みなさんいかがお過ごしで

記事を読む

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。 そういや前作「結婚できない男

記事を読む

つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

By: Thangaraj Kumaravel[/caption] ものをあまり持たず、買わ

記事を読む

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。 「

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑