豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

もやしと豚の酒蒸し献立

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。

季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段となると、突然体が欲しても容易にその願いを叶えることができる。それがもやし。

いいヤツです。

で、ワシワシに向くのはやっぱりこの手の蒸し料理かと思います。さっぱりワシワシ。

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろしで晩酌

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

  • わかめと玉ねぎの味噌汁
  • 紅芯大根の漬もの
  • きのこ梅おろし
  • 豚肉ともやしの酒蒸し

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁。玉ねぎは煮すぎずシャキッとした食感が残っているのが好みです。出汁は昆布。

きのこ梅おろし

きのこ梅おろし

ゆでて薄切りにしたエリンギを叩いた梅肉と大根おろしで和えたもの。

豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し

フライパンにもやしと豚肉を段々に重ね、軽く塩を振って酒をまわしかけ、蓋をして火にかけます。豚肉に火が通ったらわけぎを散らしてさっと蒸して完成。黒七味とポン酢でいただきます。

わざわざレシピを書くまでもない簡単献立。大根おろしの難関さえ突破すればゴールしたも同然です。炒めものとか和えものとかスープとか、いろいろ使えるもやしだけれど、山盛り頬張りたい欲を満たすにはこれが最適。

もやしを使ったおつまみ

素材の力はもちろん大きいものの、ある意味ポン酢頼りでもあるメニュー。ナントカのたれとか便利ソースの類はほぼ使わないのですが、ポン酢だけは人一倍使っている気がします。ポン酢ラブ。

以前友人が

「難しい料理なんて覚えずともとりあえずの自炊なら可能。肉やら野菜やらに火を通してちょろっとポン酢を回しかければ、それでもうおかずでしょ」

なる名言を放ち、確かに、と頷いた記憶。もちろん好みはあるけれど、ポン酢ってよく働くなと感心します。

しかし私のポン酢使いといえば、かける、和える、つける、漬けるといったベーシックなものであり、ポン酢炒めとかポン酢煮こみなるものには手出ししない。

確固たる信念の元に調理に使用しないと決めている訳でもないのだけれど、仕上げと調理の間には目に見えない大きな隔たりが存在しているようです。

 




関連記事

白ワイン おつまみ

ワインで家飲み 野菜のロースト、アボカドチーズ。

週末は何故かついついワインを手に取る習慣が。 さて、今夜のおつまみ。フライパンで焼いて

記事を読む

砂肝とねぎの塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。

記事を読む

肉団子鍋

肉団子鍋で家飲み。

この冬の家晩酌は鍋もの率がやや低めだったような気がします。おそらく、理由はふたつ。帰省時の鍋

記事を読む

塩漬け手羽焼き、水出し煮干し出汁のわかめ煮で晩酌。

とても好きな和食の店があるのですが、住まいから遠いので近頃はなかなか行けていません。

記事を読む

きのこ鍋

鍋で家飲み きのこ鍋。

いやー、こう寒くちゃもう朝から鍋のことしか考えられない。 早々に手を出すと真冬に耐えら

記事を読む

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

きくらげと豆苗の卵炒め

きくらげと豆苗の卵炒め、レタスと海苔のサラダで晩酌。

久しぶりに焼き海苔を買いました。 普通に好きな食材ではあるものの、近頃は白米をあまり食

記事を読む

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、キャベツの香味醤油和えで晩酌。

ゴーヤ2日目は定番のゴーヤチャンプルーで。 と言っても具材がかなりシンプルであんまりチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑