豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

もやしと豚の酒蒸し献立

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。

季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段となると、突然体が欲しても容易にその願いを叶えることができる。それがもやし。

いいヤツです。

で、ワシワシに向くのはやっぱりこの手の蒸し料理かと思います。さっぱりワシワシ。

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろしで晩酌

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

  • わかめと玉ねぎの味噌汁
  • 紅芯大根の漬もの
  • きのこ梅おろし
  • 豚肉ともやしの酒蒸し

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁。玉ねぎは煮すぎずシャキッとした食感が残っているのが好みです。出汁は昆布。

きのこ梅おろし

きのこ梅おろし

ゆでて薄切りにしたエリンギを叩いた梅肉と大根おろしで和えたもの。

豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し

フライパンにもやしと豚肉を段々に重ね、軽く塩を振って酒をまわしかけ、蓋をして火にかけます。豚肉に火が通ったらわけぎを散らしてさっと蒸して完成。黒七味とポン酢でいただきます。

わざわざレシピを書くまでもない簡単献立。大根おろしの難関さえ突破すればゴールしたも同然です。炒めものとか和えものとかスープとか、いろいろ使えるもやしだけれど、山盛り頬張りたい欲を満たすにはこれが最適。

もやしを使ったおつまみ

素材の力はもちろん大きいものの、ある意味ポン酢頼りでもあるメニュー。ナントカのたれとか便利ソースの類はほぼ使わないのですが、ポン酢だけは人一倍使っている気がします。ポン酢ラブ。

以前友人が

「難しい料理なんて覚えずともとりあえずの自炊なら可能。肉やら野菜やらに火を通してちょろっとポン酢を回しかければ、それでもうおかずでしょ」

なる名言を放ち、確かに、と頷いた記憶。もちろん好みはあるけれど、ポン酢ってよく働くなと感心します。

しかし私のポン酢使いといえば、かける、和える、つける、漬けるといったベーシックなものであり、ポン酢炒めとかポン酢煮こみなるものには手出ししない。

確固たる信念の元に調理に使用しないと決めている訳でもないのだけれど、仕上げと調理の間には目に見えない大きな隔たりが存在しているようです。

 




関連記事

せせり塩焼き

せせり塩焼き、梅しらす奴で家飲み。

写真が暗い。 なんだかどんよりした梅雨らしさ満載の写真になっている気がしますが、まあこ

記事を読む

れんこんのきんぴら献立

れんこんのきんぴら、キャベツとツナの塩昆布和え献立。

年が明けてからもしばらくは去年の晩酌献立ストックを放出しておりました。よって、本日更新分から

記事を読む

納豆入り油揚げ

家飲み献立 2/10 きつね納豆、トマトと卵のスープ。

読みたい本がたくさんあるし、行きたいところあちこちあるし、いい仕事がしたいし、もちろん生きるため

記事を読む

たらと白菜のしょうが煮、しらすとピーマンの酒煎り献立。

昨日に引き続いて本日も鱈。 なんのことはない、2切れ買ったからです。鱈連打です。

記事を読む

粗食晩酌献立

焼きピーマン、にら納豆で家飲み。

地味。 いつものことですが、タイトルからして地味すぎます。 基本的に野菜好きの粗

記事を読む

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

ひやおろし

島根の酒 環日本海 純米ひやおろしで晩酌 いんげんとツナのサラダ、オクラ奴。

気に入ったものがあればあまり浮気せずにずっと使い続けるタイプです。 飲食になるとさらに

記事を読む

豚かたまり肉をしっとり茹でる方法。

誰にも会わないシェアハウスの夜。 お盆だなあ、としみじみ。 私といえば、何ら特別

記事を読む

白菜としめじの味噌汁 ぬか漬け 小松菜の塩昆布和え ごはん

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

週の始めは休肝日。マイレバーの今後の活躍を願って導入した週休二日制も、すっかり定着しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑