秋鮭と白菜の酒粕煮、生もずく献立。

公開日: : 最終更新日:2020/12/15 家飯

秋鮭と白菜の酒粕煮晩酌

白菜、キャベツ、小松菜にほうれんそう。葉野菜が安くてびっくりしますね。

アレの影響による需要の減少とかいろいろあるらしいですが、白菜ひと玉1,000円近くに高騰していてひっくり返りそうになった数年前のことを思えば、申し訳ないようなありがたいような。

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

みっしりいい巻きの白菜が、58円。心していただきます。

秋鮭と白菜の酒粕煮、生もずくで晩酌

秋鮭と白菜の酒粕煮、生もずくで晩酌
  • 里芋とおかわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 生もずく
  • 秋鮭と白菜の酒粕煮

里芋とおかわかめの味噌汁

里芋とおかわかめの味噌汁

昆布出汁で里芋を煮て味噌を溶き入れ、最後に刻んだおかわかめを加えたネバネバコンビの味噌汁。

ぬか漬け

今日のぬか漬けは大根とにんじん。

生もずく

生もずく

もずくをポン酢で和え、ゆずの皮を添えたもの。

秋鮭と白菜の酒粕煮

秋鮭と白菜の酒粕煮

そぎ切りにした白菜と塩を振った鮭、しょうがの千切りをフライパンに入れ、酒をまわしかけて火にかけます。白菜から水分がしっかり出たら酒粕をちぎり入れ、塩で味を整えたら完成。うつわにもって黒七味を振ります。

酒粕煮、とかいうてますが、なんでしょうこれ。汁少なめで濃いめのかす汁といったところでしょうか。酒蒸しにして酒粕で味付けしたつまみで酒を飲むなんて、まるで日本酒大好き人間みたいですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

酒粕を入れずシンプルに塩のみで仕上げ、ポン酢で食べても美味しい酒蒸し。今日は副菜のもずくにポン酢を使ったので、味被りを回避すべく酒粕煮としてみました。

せっかくお安く仕入れた白菜です。あらいやだ、私ってこんなに大食漢だったかしら?とたじろぐくらい山盛り入れて作りましょう。大丈夫です、みるみるかさが減りますから。

秋鮭と白菜の酒粕煮

山盛りなのはもずくも同様。もずくは大概生食する食材なので、わざわざ「生もずく」と書くのも妙な話ですが「もずく酢」としてあらかじめ甘酢に浸ってる状態ではないもずく、という意味です。

もずく酢のパックって便利なんだけど、味が濃すぎる酢がたっぷりで肝心のもずくはちょびっとしか食べられないのが悲しい。だからもずくのみ買い求め、ずるずると心ゆくまで食べ、余ったら冷凍保存。これがもずくと私のちょうどいい付き合い方のような気がしています。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

野菜だけのスープ献立

野菜だけのスープ、かぼちゃのサラダとワインで家飲み。

ワインにしようかなあ。 今あるのは赤と泡だから、はて、何を作ろうか...。 などと考えてワイン

記事を読む

きつね丼

休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐献立。

冷奴に、油揚げ。かように大豆製品だらけなのには訳がありまして、若い娘さんとお豆腐屋さんに寄り

記事を読む

トマトと卵の炒めもの、蒸し鶏ときゅうりの梅肉和えで晩酌

トマトと卵の炒めもの、おかひじきのスープ献立。

トマトと卵があったら、かなりの確率にて炒めもの、もしくはスープを作っている気がします。

記事を読む

春雨炒め

野菜と春雨の炒め煮、ザーサイと葱の和えもの献立。

普段なら肉類を投入しそうなメニューですが、なんとなく今週は肉抜き気分ゆえに具は野菜のみ、の春

記事を読む

バーニャカウダとワインで一人晩酌。

今日は珍しくランチにへヴィーかつジャンキーなものを食べてしまった。 おかげで少々胃が重

記事を読む

塩漬け手羽焼き、水出し煮干し出汁のわかめ煮で晩酌。

とても好きな和食の店があるのですが、住まいから遠いので近頃はなかなか行けていません。

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり

にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食べたくなります。 しかし

記事を読む

蒸しとうもろこし

三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

今日から7月。 今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

記事を読む

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃがいもとたらをさっと煮たものと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑