三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

公開日: : 最終更新日:2016/09/19 家飯, 食べること

1人暮らしの夜ご飯レシピ

久しぶりにレバーが食べたい。
そう思いついてログを見てみると、去年の11月から食卓にあがっていませんでした。まさか半年も空いていたとは驚き。

レバーは下処理が大変なので料理するとなると少々気合を要します。

いや、ハツ開いて血の塊取ったりするのは結構好きな作業なんですが、レバーってグロいといえばグロいので周りに少々気を使うんですよね。

考えすぎか。

鶏肝煮で日本酒晩酌

鶏肝煮 献立

  • さしみこんにゃく
  • トマトと葱のスープ
  • 蕪としらすの和え物
  • 鶏肝煮
  • 三つ葉とごぼうの豆腐サラダ

蕪としらすの和え物

蕪としらすの和え物

塩もみして昆布と唐辛子の風味で漬け込んだ蕪の浅漬けと酢漬けにしていたしらすを和えたもの。

鶏肝煮

鶏肝の生姜煮

下処理した鶏の心臓と肝を酒、醤油、みりんを煮立てて生姜の千切りを入れた鍋で煮ました。みっちり固い歯ごたえの肝煮にしたかったので照り照りに煮詰めています。

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ

素揚げしたごぼうとツナ缶、生の三つ葉をごま油とポン酢で和えたものを豆腐に乗せたサラダ。写真は全然美味しくなさそうだけど、これ、いろんな食感が楽しめてとっても美味しいんです。ごぼう以外にレンコンとかにんじんとか玉ねぎでも美味しい。

後は余っていたこんにゃくと別の料理で出たレバーの茹で汁を流用したトマトスープを。あ、冷たいものばっかりになっちゃった、と気付いて付け足したんですけどね、スープ。

ふわっとした柔らかいレバーもいいけど、そうそう、今日はこういうのが食べたかったの!と自画自賛のみっちみちに固い肝煮。たっぷり入れた生姜の風味もよくて、気付けば日本酒を幾度も注いでおりました。

一人暮らしの家飲みおつまみ

レバー大好きなんだけど食べ過ぎるとよくないのでそう頻繁には料理できないんですよねえ。

レバーの食べすぎで気になるのはビタミンAの過剰摂取。
ビタミンAには2種類あって、植物性食品のβカロテンの体内吸収量は10~60%なのに対して、レバーから摂取できる動物性食品のレチノールの吸収量は90%!1日の耐容上限量は2,700μgらしいのでレバーで換算すると約20gってところでしょうか。

参考 日本人の食事摂取基準(厚生労働省)

毎日食べ続けるのはよくない、ということを考慮して、日持ちするよう水ナシで作ったのでした。

まあ半年振りに食べるのに過剰摂取も何もないんですが、1人暮らしで食べきろうと思うとどうしても毎日とか1日おきとかになっちゃうよねえ。

しかし私が子供の頃は体にいいからレバー食え食え言われた気がする。嫌いだったから食べなかったけど。でも、データ見てたらレバーって子供は特に食べすぎ注意の食品ですよね。
まあ私が子供の頃はこんなデータなんて簡単に参照できなかったし、食べ物だけじゃなく何でも大らかな時代だったからなあ。

とにかくレバーに限らず、同じものを毎日食べ続けるスタイルはよくないってことですな。

 




関連記事

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

砂肝炒め献立

一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

3月ですね。 3月って言ったら何かなあ、そろそろ春らしいあれこれが出てくるよねえなどと

記事を読む

妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひど

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。 蔵造りの

記事を読む

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったか

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

肉団子とキャベツの煮もの献立

肉団子とキャベツの煮もの、茄子の酢醤油炒め献立。

そろそろ汁っぽいもの、温かいものを体が欲する季節がやってまいりました。 嫌ですね。

記事を読む

イカの黒七味焼き献立

イカの黒七味焼き、タアサイの辛子和え献立。

なんだか近頃魚介気分なのでしょうか。 煮魚が続いたので今日は肉にしましょうね、と一通り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑