豚汁、わかめ炒めで晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

豚汁で晩酌

手軽にたっぷり野菜を摂取できる味噌汁といえば豚汁ですね。

食べ応えがあるから豚汁とごはんだけでも立派な食事になるから準備も楽だし、おいしいし、えらいね、豚汁は。

ごはんのおかずになるということは、アレですよ。もちろん、日本酒のお供にももってこいってことですよ。

ビバ汁飲み。

豚汁、わかめ炒めで汁飲み

豚汁、わかめ炒めで晩酌。

  • ぬか漬け
  • 豚汁
  • 梅えのき納豆
  • わかめ炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんと大根。

豚汁

豚汁

豚汁の具は豚肉、玉ねぎ、大根、にんじん、ごぼう、さつまいも。材料をガーッと炒めて水を注いで煮込み、味噌を溶いただけです。野菜はやや大きめに切ってごろごろした感じにしました。もぐもぐと野菜を頬張る満足感。

梅えのき納豆

梅えのき納豆

茹でたえのきと梅干し、大葉の千切りを加えた納豆。

わかめ炒め

わかめ炒め

フライパンに油をひいて薄切りのしょうがを炒め、香りがたったら生わかめを投入。酒、しょうゆで調味し、最後にごま油で香りづけして完成。

さあ、豚汁を作ろう!と気合を入れて取り組むのもこの時期らしい行動と言えましょう。しかし、豚汁って包容力があるからわざわざそれ用の材料を調達せずとも残り野菜消費汁として活用できるのがやさしい。野菜によって味が変わるのもまたおもしろい。個人的には今日みたいなさつまいも入りバージョンが結構好きなのです。

豚汁があればおかずはいらないね、などと言いつつ、なんだかんだとつまみを添える欲張りな酒飲み。豚汁煮込んでる間に納豆混ぜてわかめ炒めただけですけども、うふふ、熱燗っていいよね、いい、とニヤつく食卓になりました。ニヤニヤ。

家飲みブログ

ところで今日の写真の話。
最初はメインの位置にわかめ炒めを据えて集合写真を撮ったのですが、どうも落ち着かなかったのでセンター交代、納豆に代役をつとめてもらいました。海苔とかわかめとか、黒い食べものの写真って難しい。特に今日のわかめ炒めは平皿に盛るには頼りない分量だったので、深皿にすればよかったな、と今思った次第。

とか言いつつ、次にわかめ炒め作った時にも同じ過ちを繰り返すであろう自分が想像できるのであった。

 




関連記事

たらと白菜のしょうが煮、しらすとピーマンの酒煎り献立。

昨日に引き続いて本日も鱈。 なんのことはない、2切れ買ったからです。鱈連打です。

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

横須賀昼飲みはしご酒 日本散歩・神奈川県。

恐怖の無人島、猿島を無事脱出しました。 本当に怖い無人島 猿島日帰り一人旅  日本散歩

記事を読む

かぶのそぼろあんかけ

かぶのそぼろあんかけ、キャベツとにんじんのナムル献立。

人様と自らの食生活について語り合う機会などそうは多くないけれど、昨日あれ食べたこれ食べた系

記事を読む

なすとひき肉の塩炒め

なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出ないなんてことはまずありません。

記事を読む

たらと新じゃがの塩煮

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮にしました。 イメージ的に

記事を読む

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

トマトと卵の炒めもの

トマトと卵の炒めもの、人参と豚肉の生姜ポン酢和えで家飲み。

超特大サイズトマトの迫力に降参しまんまと手に取る。 でかい。そして赤い。 1日目

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮のレシピと献立

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野

記事を読む

蒸し鶏の香味黒酢ソース

蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

蒸し鶏にねぎのタレを合わせる。これは毎度おなじみのパターンです。 蒸し鶏のねぎソース、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑