冬のブーツはこれ1足。イタくない大人のサイドゴア。

公開日: : 最終更新日:2021/09/08 ファッション

40代でDr.マーチンのブーツを履くのはイタい。

そう書いてから早4年が経過しておりました。

40代でDr.マーチンを履くのはイタい

購入した年はかなりの使用頻度を誇っていたチェルシーブーツ。その後スニーカーの台頭により登場回数はやや減少傾向にあります。

スニーカーを2年半で履き潰す

とはいえ今年も冬のブーツはこれ一足、5年目もまだまだ現役。もちろん、今では私の足にしっくりと馴染み、全然イタくなんてありません。

ブーツのやんちゃなお手入れ法

ガシガシ歩く旅行のお供にしたり、はたまた季節を問わずレインブーツ代わりにしたりと、なかなかにやんちゃな使い方をしているマーチンのサイドゴアブーツ。

雨の日にはレインシューズを

それなりに手入れはしていますが、マーチンって高級シューケア用品をずらりと揃えて週末ごとに丁寧なケアをする、みたいな部類の靴でもないじゃないですか。もっと粗雑でワイルドな取り扱いの方が、ロックじゃないですか。何言ってるかよくわからないじゃないですか。

そんなわけで、マーチンのお手入れには自分の皮膚には使えなかったワセリンと、手荒れ治療時に使い倒してとてもじゃないけど人前では着用できないほどに黒ずんでしまった綿手袋を使用しています。

手湿疹ケアに綿手袋を追加

ビバ・物の再利用。

このお手入れ方法が正解か否かは定かではありませんが(多分不正解)、世の中にはマニアと呼ぶにふさわしい先駆者がたくさんおられて、革製品ケアにワセリンを用いることのメリットやデメリットに関する文献は多数見つかります。中には自らの手であらゆる実験をこなした方々が記された信頼に値する一次情報も多数あり、ありがたく参考にさせていただいた次第です。

サイドゴアブーツのワンパターンコーディネート

Dr.マーチンサイドゴア

すっかり我が定番アイテムとなったサイドゴアブーツ、基本的には細身のパンツ、もしくはタイツに合わせています。というか、それ以外の使い方が思いつかない。

昨今のトレンドや自身の体型と気持ちの変化により、トップスは体のラインを拾わないシルエットのものを好むようになりました。一方ボトムスについてはワイドなものに切り替えるまでには至っていません。

その昔ワイドパンツがマイブームだった30代前半の頃は、ヒールのある靴でバランスを取っていたものでした。しかしここ数年、ヒールの出番はめっきり減っている。

ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女

ボリュームのあるパンツにスニーカーを合わせるスタイルにはいささか慣れてきたけれど、ブーツやフラットシューズを持ってくるのは難しい。相変わらずスカートはほとんど履かない、となると、必然的に細身のパンツに合わせるパターンとなるのです。

さて、今年は何か新たな組み合わせを思いつくでしょうか。手持ちの服の中から新たなマッチングが誕生するでしょうか。

手持ちの服を活かす買い物方法を改めて

Dr.Martens オフィシャルサイトをチラ見してみたら、アーリーセールとやらで、8ホールが随分安くなってるではないですか。

8ホールか。今も変わらず足元にボリュームを持たせるコーディネートバランスが好きなので、あったらあったでたのしそう。だけど、ブーツ新調については今あるサイドゴアブーツを履き潰してから考えることになるでしょう。

ものを持たずに身軽に生きる



関連記事

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

珍しくスーツを着なくちゃいけない仕事があり、これまた珍しく黒のラウンドトゥパンプスなぞを引っ

記事を読む

旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

By: 白士 李[/caption] そろそろ旅の準備をしなければ。 なんて言いつつも、旅は好

記事を読む

40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

先日、いろいろなファッションを楽しむのが好きなのだと気づいた、と書いたところですが、それと同

記事を読む

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

白シャツやデニム、黒パンツ、ボーダーTなど、誰しもがそれぞれ自分なりの 「定番」

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

持たない暮らしの秋ファッション(5)最期通告を受けたロングブーツ。

いやあ、すっかり寒くなりました。 このシリーズ「秋」となってますが、気分的にはすでに「秋冬

記事を読む

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

By: DQmountaingirl[/caption] 40代くらいになると女性がみなこぞ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑