豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

豚ロースの梅照り焼き献立

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものがある。そう考えるようになってから、ずいぶん月日が経ちました。

もちろん新鮮野菜オンリーでも大変よろしいのですが、野菜を食べるための肉が少しあるとより一層うれしい。

ステーキサラダ、トマトと新玉ねぎのスープ献立。

葉物をこれでもかと頬張ることを目的とした肉。誘い肉、とでも呼びましょうか。

豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立

豚ロースの梅照り焼き献立

  • 水菜と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜とひらたけのおひたし
  • 豚ロースの梅照り焼き

水菜と油揚げの味噌汁

水菜と油揚げの味噌汁

たっぷりの水菜と油揚げを入れた味噌汁。出汁は昆布ときのこのゆで汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは古漬けキャベツ。ざく切りにしてごまをまぶします。

小松菜とひらたけのおひたし

小松菜とひらたけのおひたし

ゆでた小松菜とひらたけを出汁割りしょうゆにひたしたもの。

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き

フライパンに油を引き、薄く片栗粉をまぶした豚ロース肉を焼きます。両面焼いたら滲み出た油をキッチンペーパーで拭き取り、刻んだ梅干し、みりん、しょうゆ、酒を合わせたタレを投入。強めの火加減で煮からめたら完成。プリーツレタスとレッドピーマンと共にうつわに盛りつけます。

サラダはシンプルなドレッシングで味付けしてもよかったのだけど、梅風味のタレがしっかりとあったのでそのままで。薄切りのロース肉2枚を焼いただけでも野菜と一緒にどかんと盛りつけたらば、結構なボリュームに見えますね。ひやおろし純米を添えて。

日本酒にあうおつまみレシピ

今回は大きめにちぎったプリーツレタスを添えたので、肉サラダというよりも葉で肉を包んで食べる、サムギョプサル的アプローチでしょうか。しっかり濃い味とか、バラ肉など重ための部位でも、葉っぱで巻けばあら不思議、エンドレスで食べてしまえるわ、というアレ。

お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。 

普段葉物野菜といえば煮たり焼いたりと汎用性の高いキャベツや小松菜、白菜あたりを選びがちだけれど、たまにこういう食べ方をすると生野菜がハッとするほど旨い。レタスとかサンチュなど、柔らかさが信条の生食前提葉野菜もいいじゃないか、このフレッシュさんめ!という心境になりますね。

 




関連記事

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

五人娘

千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

なんだか肉っけが続いていた先週。 休肝日明けの献立はちょっと軽めに組んでみました。注文

記事を読む

葱油の温かいポテトサラダ。

寒くなったからかどうなのか、近頃無性にお腹が空きます。食欲の秋ってやつでしょうか。 よ

記事を読む

たらこ豆腐丼献立

休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツの味噌汁献立。

ギョラン〜、ギョラン〜。本日はギョランが大特価〜。 昔、近所のスーパーで定期的に開催さ

記事を読む

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

神戸から高速バスで出かけた徳島の旅記録。最後は滞在中に行ったお店、食べたものをまとめます。

記事を読む

せせり塩焼き献立

せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたし献立。

今ではすっかり希少食材となってしまったせせり。以前は頻繁に食べてたんだけどなあ。 家飲

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

賀茂鶴特製ゴールド大吟醸

広島の酒 特製ゴールド賀茂鶴 大吟醸 まぐろカマの塩焼きで晩酌。

近畿地方が終了し、さらにコマを進めます。 ツアー開始序盤になぜか島根は済ませてしまったので

記事を読む

シェアハウスで料理 8/23 コノスル、パルマ、エメンタール。

週末はワインにしないといけない、なんていう決まりは特に設けてないのですが、はて。 毎週末の定番メ

記事を読む

塩鮭と蕪の味噌煮込み

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑