卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

公開日: : 家飯, 食べること ,

dangoxx

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。

原因はカメラか?また故障か?と疑って、いや、心配していたのですがそうではなく、単なる私のミスでした。めでたしめでたし。明日からはまともな色合いに戻ることでしょう。

さて本日は昼が遅かったので夜にあれこれ食べる+作る気になれず。

よって晩酌献立は昨日の残り物と仕込み済みのつまみメインにて構築したので前日のそれからさほど変化がみられません。

三つ葉奴、卵黄の醤油漬けで家飲み

晩酌献立

  • ぬか漬け
  • ネギの辛子和え
  • 三つ葉奴
  • 卵黄の醤油漬け
  • 肉団子とキャベツの煮もの

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、なす、かぼちゃ、プチトマト、キャベツの豪華5種盛り。これだけでも十分飲めますね。

ネギの辛子和え

ネギの辛子和え

茹でたネギを切り揃え、辛子を溶き入れた出汁醤油で和えたもの。

三つ葉奴

三つ葉奴

崩した木綿豆腐にざく切りの三つ葉をのせ粗塩とごま油で味付け。最近この手の料理には専らゲランドの粗塩を愛用中。ゴツゴツした食感から塩の旨みが感じられるところがいいのです。

卵黄の醤油漬け

卵黄の醤油漬け

醤油とみりんを混ぜ合わせた漬け汁で卵黄を漬けたもの。ちなみに3日もの。予想ではもうちょっと卵っぽく愛らしい見た目の写真になるはずだったのに一体なぜこうなった。

肉団子とキャベツの煮もの

dangox

こちらは先日の残り物。醤油漬けは卵黄のみを使用するので残った卵白は肉団子のつなぎになったのでした。

なんか写真が妙に赤っぽくておどろおどろしいことを除いてはなかなかいいバランスの飲める献立。卵はふたつ漬けたので、ひとつはこうして日本酒のつまみに、もうひとつは朝食の卵かけごはんになりました。

一人暮らしの料理レシピ

トロリと濃厚で酒の肴にピッタリな卵黄の醤油漬け。こういうのはほんのちょびっと食べるのが美味しく嬉しいですね。
今回はたまたま同じタイミングで肉団子を作ったので卵白を無駄にせずにすんだけれど、醤油漬けのために卵白を犠牲にするのはなんだか忍びない。ゆで卵の殻剥きすら億劫に感じる横着者としてはタッパーに卵を落とすだけの醤油漬けのほうがラクでいいのは事実だけれど、同じ漬けるなら半熟煮卵のほうが可食部が多くていいかなあ。

まあ味付けは同じでも生と茹ででは全くの別物ですけども。いずれの食べ方も好きだからこそ、悩ましいところです。

 




関連記事

鯖のおろし和え

鯖のおろし和え、えのきの卵とじ献立。

先日スーパーの店先で鯖の水煮パウチを見かけました。   はごろ

記事を読む

奈良漬 白菜と油揚げの味噌汁 新玉ねぎとトマトのサラダ 塩豚とキャベツの蒸し煮

塩豚とキャベツの蒸し煮、新玉ねぎとトマトのサラダ献立。

久しぶりの塩豚です。 塩豚料理を作るぞ、とわざわざ仕込んだのではなく、先日使いきれなか

記事を読む

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。 と言っても、外食ではちょくちょく食べて

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮献立

秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。 居酒屋で友人と秋刀魚の塩焼きをつつきながらそう話す

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

家飲みおつまみメニュー 9/16 焼き厚揚げ、エリンギの吸い物。

豆腐、納豆、油揚げなどの豆製品は毎日何かしら登場させています。 これは健康のため、とか

記事を読む

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思いつつ、炒めてしまいました。ただ

記事を読む

妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひど

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑