ステーキサラダ、トマトと新玉ねぎのスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

ステーキサラダ

ステーキフリットという控えめに言って悪魔のような食べ物がありますが、魅力的であることは認めます。

惹きつけられるし、実際とんでもなく素敵なのだけれど、うっかり手を出したが最後人生を狂わされてしまう美女のような。それは言い過ぎか。

久しぶりにステーキ肉など買ってきて焼きました。

人生、もとい胃腸の具合を狂わせたくはないし、そもそも家で揚げものは作らない主義なので、フレンチフライ添えではなくドカンと大皿に盛り付けてサラダにします。

ステーキサラダで赤ワイン

ステーキサラダ献立

  • トマトと新玉ねぎのスープ
  • ステーキサラダ

トマトと新玉ねぎのスープ

トマトと玉ねぎのスープ

くし形に切った新玉ねぎとトマトをローリエと一緒に煮て、塩、胡椒、オリーブオイルで味付けしたシンプルなスープ。

ステーキサラダ

ステーキサラダ

ちぎったレタス、薄切りの新玉ねぎ、にんじん、セロリ、千切りの大葉を水にさらしシャキッとさせてからうつわに盛ります。

フライパンに油と薄切りのにんにくを入れ弱火にかけ、にんにくがうっすら色づいたらいったん取り出し、室温に戻してから塩、胡椒を振ったステーキ肉を焼きます。レア気味に両面焼いたら取り出し、同じフライパンにしょうゆ、酢、みりん、水を加えて軽く煮詰めてドレッシングに。

肉を切ってサラダにのせ、にんにくチップとドレッシングをかけたら完成。

写真はドレッシングをかける前の状態なのでなんだかシズル感に欠ける気がしなくもないですが、このままの状態で1/3くらいまで食べ進めてしまった。その後、肉汁を利用したちょっと甘めの和風ドレッシングで味を変えて楽しみました。

迷った挙句赤ワインを合わせたけれど、これ、ビールでもよかったなあ。

ワインを飲む日のおつまみ

以前はこの手の肉サラダ、よく牛切り落とし肉で作っておりました。でも、こんな風にステーキ肉にしてもガツガツさが増してなかなかイケますね。とにかく肉+生野菜の組み合わせはお互いの引き立て合いっぷりが凄いので信じられる。

お家で簡単サムギョプサル

ちなみに本日の肉はオージーの赤身150g。こうして食べると150gって結構満足感あるね。いきなりステーキって300gだっけ?この倍となるとそこそこのボリュームかと。行ったことないのでよくわからないけれど、まあ食べられなくはない程度の量かな。しかしいざ300gを食べるとなると、私の場合自動的に相当量の生野菜が必要になることでしょう。

 




関連記事

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

鮭と小松菜のオイル蒸し献立

小松菜と塩鮭のオイル蒸し、しいたけと三つ葉のおろし和え献立。

魚類の入手困難問題は、未だ解決できておりません。 頼りにしていたご近所店の棚変更が要因

記事を読む

里芋の味噌グラタン

里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

グラタンで日本酒を飲む。 そう考えた時にいいつなぎとなるのが味噌ですね。そして味噌とチ

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくなるね、ということで、捕獲。

記事を読む

はりはり鍋

豚と水菜のはりはり鍋で家飲み納め。

撮りためていた晩酌記事もこれが最後。 冷蔵庫を空っぽにしたい&寒いから温かいものが食べ

記事を読む

テイクアウト界隈がエラいことになっていた。

先日、珍しくテイクアウトを利用しました。楽天リアルタイムテイクアウト経由でさくっとオーダー

記事を読む

ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限らずですが、一人旅での食事は気

記事を読む

トマトの卵炒めのっけ丼献立

お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続いています。40代の飲酒 酒を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑