高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒で晩酌

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。

勝手に日本酒全国ツアー

今回は高知の酒。ツアー1周目は酔鯨だったので、2周目は目先を変えて、司牡丹をセレクトしました。

でも、ちょっと様子がおかしいですね。

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒

「裏」だそうです。だからラベルの文字が反転しているのですね。

司牡丹のサイトをチェックしてみると、タツノコプロコラボ商品「司牡丹 マッハGOGOGO」などもあってなかなか愉快なのですが、驚いたのが「酒飲みの言い訳365日」なるコンテンツ。

酒飲みの言い訳365日(司牡丹)

人間の口から入るのは「食べ物」と「飲み物」。口から出るのは「言葉」です。そして、「食べ物」と「飲み物」は身体の健康に、「言葉」は精神の健康に大きく影響を及ぼします。つまり、口から入るものと出るものをコントロールしていけば、幸せになれるということです。

そんな紹介文で始まるこのコーナーは、社長ブログから抜粋した読み物とのこと。この社長ブログってのが怒涛の毎日更新。土佐弁で日々綴られているものすごい熱量のブログに驚きました。

思いの外香り高く、まるい旨みの生酒。今日は冷えた状態で飲んだけど、ちょっと燗をつけてもよさそうな、まっことうまい酒やったがよ。

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏 データ

蔵元  司牡丹酒造株式会社(高知県・高岡郡)
種類  純米酒
精米歩合  70%
日本酒度  +7
酸度  1.7
アルコール度  16度

豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダで晩酌

ちぢみほうれん草の常夜鍋風献立

  • かぶとえのきの味噌汁
  • ぬか漬け
  • ねぎ油風味のポテトサラダ
  • 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風

かぶとえのきの味噌汁

かぶとえのきの味噌汁

かぶとえのきの味噌汁、出汁は昆布と豚肉。青みはかぶの葉です。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根皮とにんじん

ねぎ油風味のポテトサラダ

ねぎ油風味のポテトサラダ

蒸したじゃがいもと半熟ゆで卵をねぎ油と粗塩で和えたもの。今回使ったじゃがいもは、色味が濃くてみちみちねっとりのレッドムーン。皮もキレイで美味しそうだったので、丸ごとつぶして卵と合わせました。

豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風

豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風

鍋に水、酒、昆布を入れて火にかけ、豚薄切り肉とほうれん草をゆでます。うつわに持ってゆずの皮のせ、おろしポン酢を添えて。

土佐の酒なんだから鰹なりを合わせたいところだけれど、時期も時期だし、肉があったし、ポテトサラダは確定メニューだったし、でこんな献立に。

じゃがいもも卵も火が通るのにやや時間がかかり、さらに大根おろしもつけたので、普段よりちょっと手間(大げさ)ではあります。が、いいんです。たまたま時間に余裕があったから、うれしさのあまり新しい酒を買いに行ったんだもんね。ふふふ。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、ねぎの青い部分がたくさんあったので、本日はものすごく久しぶりにねぎ油を仕込んでみました。仕込んだ、と言っても斜め薄切りにした大量のねぎと太白ごま油をフライパンに入れ、弱火でじりじりと熱し、ねぎが焦げる前に火から下ろすだけ。ねぎ油は芋類との相性が抜群なので、ちょろっと塩味をつけるだけで抜群に旨いつまみになってくれるのです。

里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

前回作った時はねぎに火を入れすぎて真っ黒にしてしまったけど、今回は辛うじて大丈夫でした。休肝日のチャーハンに入れたり、スープに落として風味付けに使ったりしましょうかね。

 




関連記事

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

先日書いた千葉の酒・五人娘。 関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生

記事を読む

シェアハウスで料理 7/21 短時間調理の手順。

  本日もいつも通りの簡単晩ご飯。 蒸し鶏食べすぎな気もしますが、美味しい

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

家飲み献立 12/9 鮭ときのこの豆乳スープ。

今日は済ませておきたい作業があれこれあったので、ラップトップを持ってなんとなく近所のファミリ

記事を読む

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思いつつ、炒めてしまいました。ただ

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑