高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒で晩酌

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。

勝手に日本酒全国ツアー

今回は高知の酒。ツアー1周目は酔鯨だったので、2周目は目先を変えて、司牡丹をセレクトしました。

でも、ちょっと様子がおかしいですね。

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒

「裏」だそうです。だからラベルの文字が反転しているのですね。

司牡丹のサイトをチェックしてみると、タツノコプロコラボ商品「司牡丹 マッハGOGOGO」などもあってなかなか愉快なのですが、驚いたのが「酒飲みの言い訳365日」なるコンテンツ。

酒飲みの言い訳365日(司牡丹)

人間の口から入るのは「食べ物」と「飲み物」。口から出るのは「言葉」です。そして、「食べ物」と「飲み物」は身体の健康に、「言葉」は精神の健康に大きく影響を及ぼします。つまり、口から入るものと出るものをコントロールしていけば、幸せになれるということです。

そんな紹介文で始まるこのコーナーは、社長ブログから抜粋した読み物とのこと。この社長ブログってのが怒涛の毎日更新。土佐弁で日々綴られているものすごい熱量のブログに驚きました。

思いの外香り高く、まるい旨みの生酒。今日は冷えた状態で飲んだけど、ちょっと燗をつけてもよさそうな、まっことうまい酒やったがよ。

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏 データ

蔵元  司牡丹酒造株式会社(高知県・高岡郡)
種類  純米酒
精米歩合  70%
日本酒度  +7
酸度  1.7
アルコール度  16度

豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダで晩酌

ちぢみほうれん草の常夜鍋風献立

  • かぶとえのきの味噌汁
  • ぬか漬け
  • ねぎ油風味のポテトサラダ
  • 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風

かぶとえのきの味噌汁

かぶとえのきの味噌汁

かぶとえのきの味噌汁、出汁は昆布と豚肉。青みはかぶの葉です。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根皮とにんじん

ねぎ油風味のポテトサラダ

ねぎ油風味のポテトサラダ

蒸したじゃがいもと半熟ゆで卵をねぎ油と粗塩で和えたもの。今回使ったじゃがいもは、色味が濃くてみちみちねっとりのレッドムーン。皮もキレイで美味しそうだったので、丸ごとつぶして卵と合わせました。

豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風

豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風

鍋に水、酒、昆布を入れて火にかけ、豚薄切り肉とほうれん草をゆでます。うつわに持ってゆずの皮のせ、おろしポン酢を添えて。

土佐の酒なんだから鰹なりを合わせたいところだけれど、時期も時期だし、肉があったし、ポテトサラダは確定メニューだったし、でこんな献立に。

じゃがいもも卵も火が通るのにやや時間がかかり、さらに大根おろしもつけたので、普段よりちょっと手間(大げさ)ではあります。が、いいんです。たまたま時間に余裕があったから、うれしさのあまり新しい酒を買いに行ったんだもんね。ふふふ。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、ねぎの青い部分がたくさんあったので、本日はものすごく久しぶりにねぎ油を仕込んでみました。仕込んだ、と言っても斜め薄切りにした大量のねぎと太白ごま油をフライパンに入れ、弱火でじりじりと熱し、ねぎが焦げる前に火から下ろすだけ。ねぎ油は芋類との相性が抜群なので、ちょろっと塩味をつけるだけで抜群に旨いつまみになってくれるのです。

里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

前回作った時はねぎに火を入れすぎて真っ黒にしてしまったけど、今回は辛うじて大丈夫でした。休肝日のチャーハンに入れたり、スープに落として風味付けに使ったりしましょうかね。

 




関連記事

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

晩酌メニュー 手羽先とキャベツの酒蒸し、ニラとツナのレモン和え。

大きく切ったキャベツを山盛り頬張りたい衝動にかられる時はありませんか? 私はあります。

記事を読む

家飲み献立 12/22 温奴に熱燗。

帰り道でスーパーに寄ったら、普段は店頭に並んでいない鶏の丸焼きとかオードブルがたくさん出てい

記事を読む

晩酌 おつまみ

1人暮らしの家飲みメニュー オクラ豆腐、青梗菜のオイル蒸し。

豚とか鶏とか肉料理の割合が多い我が家の家飲み献立。 肉好きだから、ということもあるので

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

ゴーヤチャンプルー 、海苔のすまし汁で家飲み。

よくよく考えれば「吸いもの」とか「おすまし」ってネーミング、すごい。 改めて調べてみる

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

魚の献立

晩酌献立 9/23 鰤カマとキャベツの酒蒸し、塩昆布のポテトサラダ。

毎日の晩酌を記録し続けているわけですが、作ったら早く食べたいので写真撮影はさっさと済ませてし

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

→もっと見る

PAGE TOP ↑