休肝日ごはん 鶏出汁エスニックそうめん献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏出汁そうめん

久しぶりに行ったベトナムの食感覚を体が舌が覚えているうちに、それらしい何かを作ってみようと考えました。

そういや以前はこの手の麺をよく食べていたような。

休肝日のメニュー 鶏出汁こんにゃく麺。

基本的にはこれ↑と同じものです。ただ、麺がそうめんです。別に悪くはないけども、そりゃライスヌードルのほうが合うし、こんにゃく麺のほうがそれっぽかったかな、と感じました。

休肝日ごはん 鶏出汁そうめん献立

休肝日のメニュー  鶏出汁そうめん。

  • 小松菜のおろし和え
  • 鶏出汁そうめん

小松菜のおろし和え

小松菜のおろし和え

ゆでた小松菜と大根おろし、鰹節を合わせ、しょうゆをまわしかけます。

鶏出汁そうめん

エスニック鶏出汁そうめん

鶏むね肉は塩を揉み込んでおきます。酒、水、ねぎの青い部分、しょうがを入れて沸騰させた鍋にむね肉を入れ火を止め、蓋をして冷めるまで放置。あらかじめゆでておいたそうめんをむね肉のゆで汁で温めうつわに盛り、千切りにした白ねぎ、大葉、唐辛子、ゆでもやし、細く割いたむね肉をのせたら完成。レモンを絞り、ニョクマムで味付けしながらいただきます。

近頃はこのしっとり蒸し鶏は塩と酒だけで作ることが多いのですが、ねぎの青い部分があったので香り付けに使いました。椀のデザインも相まってそれらしいビジュアルの麺になりましたが、まあ、そうめん。

そうめんって細っこいのに案外そうめんとして強く主張してくるなあと新たな発見がありました。副菜に使った大根おろしをぶっかけたほうがお似合いだったかしら、と思わなくもありません。

休肝日の献立

さて、今回ベトナムで調味料をいくつか調達してまいりました。

スーツケースを持参していなかったのでさほど多くはないのだけれど、今日使ったニョクマムも現地調達の品。その他の調味料と一緒に厳重に梱包して預け入れ荷物にて持ち帰りました。

が、調べてみると機内持ち込み・預け入れ共、ニョクマム持ち出し一切を禁止しているエアラインがあるのですね。禁止理由は「刺激臭がするから」とのこと。今回はJALだったので特に問題なく持ち帰ったけれど、ベトナムエアだったらダメだったのかしら。でも、タイからナンプラー持ち出しちゃダメ、みたいな話はないような。

とにかく、方向性はあっているがしかし、やや惜しい仕上がりとなってしまった初ニョクマムメニュー。せっかくの自分土産をちゃんと使い切りたいので、今後はベトナム風メニュー割合を増やそうかしら。そろそろこの手のメニューによく合うビールの季節でもあるしね。

 




関連記事

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、にらのおひたし献立。

無類の葉野菜好きゆえに、どうしても全体的に青っぽくなってしまいがちな我が家の晩酌風景。しかし

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒めもの

新玉ねぎと卵の炒めもの、生かぶサラダ献立。

オニオンスライスに続いて、こちらの新玉ねぎメニューの定番、卵炒めです。 さば水煮缶と新

記事を読む

釜揚げえび入りそら豆ごはん

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

そら豆のおすそ分けをいただきました。今年はまだ家で食べていなかったので、ありがたい。

記事を読む

家呑み献立 9/6 塩豚とレンコンのソテー、小松菜オイル蒸しなど。

今日は帰りが遅くなってしまったことと、コピーサイトの件以外にもいくつか残念な出来事があり、楽

記事を読む

1人暮らしでタイ料理 8/16 ヤムウンセンで晩ご飯。

昨日のストックがあれこれあるから、今日は料理しなくてもいいなー。 なんて思っていたのだ

記事を読む

家飲み献立 12/5 干し白菜のトマト煮、せせり塩焼き他全5品で晩酌。

TGIF! うう、どんどん師走らしさが増してきますね。 本日の早朝はさすがに耐え切れ

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑