まだそのサンダル履いてるの?

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

nhatrang_10

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

朝方やや肌寒かったので、何もこんな日に、と思わなくもなかったのですが、すでに5月も半ば。時期といえば時期ですね。

ギョサンの季節がやってきました。(1年ぶり6回目)

ギョサンの季節になりました

ギョサン デニム

私はといえば、先日のベトナム旅行にてすでに今季ギョサンデビューを済ませております。

旅の荷物 普段使いのナイロントートで1週間の旅。

今回は暑い場所への旅というだけでなく、何しろビーチに日参したものですから、ギョサンは必須アイテムでありました。

ちなみに、ゴールドのギョサンの写真は2015年のもの。2019年の現在も、このゴールドは健在です。

鼻緒一体型で壊れにくいのでヘビーユースしても何年も持ちこたえてくれるのもギョサンの頼もしさではありますが、底が減って滑るようになってしまったら替え時。力強いグリップこそが、ギョサンの大きな魅力ですからね。そこは厳守しましょう。

以前は年がら年中履いていたので減りは早かったけれど、現在はスニーカー台頭の影響、そして冷え性防止の観点から、使用頻度がやや落ちている。

夏のサンダル、初ギョサンの条件。

だからでしょうか。購入から5年経った今でも、問題なく大地をがっつり掴んでくれております。今年もよろしくお願いします。

まだそのサンダル履いてるの?

moalboal_2016_8

というわけで、チープなサンダルを長年大事に履き続けるという燃費の良い暮らしを送っております。ギョサンに限らず、家に招き入れた物質とは何年も何年もねちねちねちねちと付き合い続けるタイプで、使い捨ては苦手です。

ものを大事にする、といえば聞こえはいいが、実は買い物が苦手なだけじゃなかろうかと気づいたのはつい最近になってから。洋服に関しては自分の好みにさほど迷いはないけれど、買い物という作業自体が面倒といいますか、ただの怠惰。

買わない生活の清々しさとルールブック。

その昔は買い物代行やパーソナルスタイリストを使うという感覚が正直理解できなかったけれど、今はなんとなくわかる気もする。選んでもらえるなら、それでもいいよねえ。

ちなみに、兄さんの赤いギョサンも4~5年モノのはず。さすがの勝ち組であります。ギョサン開幕宣言と同時に、朝も早よからどうしてもタコ酢が食べたくなったので今仕込み中であるという謎情報を添えてくるあたりも、さすがとしかいいようがない。

 




関連記事

ZOZO USEDの買取査定額が確定した。

先日ZOZO USEDに送った洋服たちの査定額が確定しました。 >>参考

記事を読む

40~60代、おとな女性の一人暮らし。

10/30に主婦の友社から「自分らしく、ひとりで暮らすということ」が発売になりました。

記事を読む

10月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

夏の断捨離キャンペーン実施月間と比べるとさほど大きな動きはありませんが。 参考 8月

記事を読む

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

今日捨てたもの 望みを叶える方法はひとつじゃない。

By: Steve Larkin[/caption] 最近はめっきり音楽CDのデータ化に勤しんで

記事を読む

今日捨てたもの その数字は最高の選択基準か。

By: Randen Pederson[/caption] コインって貯まるよねえ。 「貯

記事を読む

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

少ない服でも怠惰を痛感、春の試着会。

そろそろ本格的に暖かくなってきたので、クローゼットを整理しました。 「整理」といって

記事を読む

松本伴宏 赤巻 豆皿

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

何かにどハマりし、寝食忘れてのめり込み、稼ぎの殆どをつぎ込んで対象アイテムを買い漁ったコレク

記事を読む

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑