豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

豚肉とピーマンの炒めもの

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入ってたりする。

作るのはおろか、食べるほうでも青椒肉絲経験値はあまり高くないけれど、あれって切り方が大きなポイントなんだろうなとは思っています。

いかに見目よく、食感よく、細く切るか。

ピーマンの細切りって、難しいですね。

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮浸し献立

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮浸し献立

  • わかめのスープ
  • ぬか漬け
  • オクラとトマトの煮びたし
  • 豚肉とピーマンの炒めもの

わかめのスープ

わかめのスープ

鶏がらスープでわかめをさっと煮て、ごま油、胡椒、すりごまで仕上げます。青みは刻んだ小松菜。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツと大根の古漬け。塩抜きしてすりごまをまぶしました。

オクラとトマトの煮びたし

オクラとトマトの煮びたし

昆布と鰹節でとった出汁を塩としょうゆで薄めに味付けし、湯むきしたトマトとさっとゆでたおくらを浸して冷やします。鰹節をのせて。

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの

一口大に切った豚こま肉に塩、胡椒、片栗粉で下味をつけます。フライパンに油をひき、豚肉を投入。焼き色がついたところで細切りにしたピーマンを加えてさっと炒め合わせます。しょうゆ、酒、胡椒で味を整えたら完成。

薄味でうれしい煮びたしが汁だくなので、スープはなくてもよかったのだけど、温かいものも入れといたほうがいいだろうという保身献立となりました。

豚こま肉ゆえに細切りは叶わないとしても、ピーマンは千切りにできたのではなかろうか。長さを求めて縦に切ったけれど、細さを手放したのでは本末転倒ではないか。そんな疑問が浮かんでは消える夏の晩酌、添えるは冷たいビールです。温冷温冷。

ビールのおつまみ

ピーマンを細く切る。横方向、つまり、輪切り感覚でいけば美しい細さが実現するのだけれど、長さを欲張って縦に行くとうまくいかない。細く切ろうとするとピーマンを平らに伸ばしたくなり、しかし伸ばせば割れると知っているからそうもいかず、結果ほどほどのサイズでお茶を濁して日が暮れる。

細けりゃ旨いってもんでもないですが、もうちょいスリムでもよさそうな。いや、そもそも肉はスリムじゃないんだからこだわる必要はないのか。

ピーマンが細くてもぽっちゃりでも、火を通しすぎるのはなりません。今自分は炒めものを作っているのではない、フライパンの中で肉とさっくり和えているのだ、くらいの心構えがちょうどいいと思われます。ピーマン、生でもいけるからね。

 




関連記事

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。 牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃが

記事を読む

塩漬け手羽焼き、水出し煮干し出汁のわかめ煮で晩酌。

とても好きな和食の店があるのですが、住まいから遠いので近頃はなかなか行けていません。

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

お久しぶりでございます。ぬか漬け2017、本日より開幕です。 昨年はいつ開始したのだっ

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

ホエー(乳清)を使って簡単カクテル。

家では専らすぐ呑めるビールやワイン、日本酒がメインで、食後に楽しむのはウィスキーが定番。

記事を読む

家呑み献立 9/10 雨の夜、久しぶりに芋を煮る。

  うーん、ピンが全然こない…そろそろGX100の限界か。 近日中に修理に

記事を読む

家飲み献立 11/20 豆腐のきのこあんかけ他 全5品で晩酌。

いやー、今日はすっかりやられました。 朝出かける前に天気予報を確認したところ夜から雨と

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

手羽元と大根のバター煮

手羽元と大根のバター煮、柿と三つ葉の白和え献立。

バター煮、なんという魅惑的な響きなのでしょう。 と言いつつ煮ていないのですが。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑