休肝日ごはん モロヘイヤ納豆、おかひじきときのこの味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

モロヘイヤ納豆献立

モロヘイヤは今や日本国内ですっかりおなじみのネバネバ葉野菜となったのでしょうか。寂れた商店街のバンカラな八百屋でも、ほうれん草やキャベツに紛れてしれっと売られていますね。

モロヘイヤ。まず、名前がいかつすぎます。前知識のない状態でこの名称をぐいぐい推されても、あら美味しそうねそれいただくわ。とはなかなかならないのではないでしょうか。

だって「モロヘイヤ」よ? 正体不明も甚だしい。

いつからこの不思議野菜が国内に広まったのだろうかと気になり調べてみると、国内での栽培が始まったのは1980年代と案外古い。国内で広まった理由は、その高い栄養素にあるのでしょう。

休肝日ごはん モロヘイヤ納豆、おかひじきときのこの味噌汁献立

休肝日ごはん モロヘイヤ納豆、おかひじきときのこの味噌汁献立。

  • おかひじきときのこの味噌汁
  • ぬか漬け
  • モロヘイヤ納豆
  • ごはん

おかひじきときのこの味噌汁

おかひじきときのこの味噌汁

しめじとざくざく刻んだおかひじきを入れた味噌汁。出汁は昆布。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはオクラとなす。漬かりすぎにつきちょい塩抜きして千切りの大葉といりごまで和えました。

モロヘイヤ納豆

モロヘイヤ納豆

モロヘイヤの葉と茎の柔らかい部分をゆでて刻み、納豆と合わせて温泉卵を添えます。味付けは付属のタレで。

モロヘイヤ、基本的には柔らかい葉の部分を摘んで使うようですが、茎も下の方の固い部分以外は葉と同様に調理して食べられます。もちろん、毒もありません。温泉卵がゆで卵よりのビジュアルになってしまったのは、暑さのせいにしてしまいましょう。

お酒を飲まない日の献立とレシピ

名前がイカついなどと文句を言いましたが、私自身モロヘイヤとの付き合いはそこそこ長い。まだ実家で暮らしている頃、母が意気揚々と食卓に上げたおひたしが初めての出会いであったと今でも記憶しています。

好奇心控えめで食に関しても保守的な母がなぜまだ一般的ではなかったモロヘイヤなどという恐ろしい名前の野菜をゆでるに至ったのか。謎に満ちた出来事ではあるけれど、すべては健康、栄養素。体にいいエジプトの野菜とか、クレオパトラも好んで食したとかなんとかいう売り文句に惹かれてのことでしょう。多分。

ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

ところでモロヘイヤの国内普及に貢献したのはとあるアラビア語学者だという。留学先のエジプトで彼が食したモロヘイヤのスープが、日本にこの謎野菜が広まるきっかけになったというストーリーには、なにやら壮大なロマンを感じてしまうのでした。




関連記事

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。 

今夜は訳あって早めに夕食を済ませなければなりませんでした。 ゆえに、ささっと簡単調理。

記事を読む

白菜と豚肉の重ね蒸し献立

白菜重ね蒸し、炒め大根のスープで家飲み。

白菜が安く出ていました本当にありがとうございます。 いや、安いといってもこの時期の激安

記事を読む

三つ葉と油揚げの炒め物

晩酌献立 三つ葉と油揚げの炒めもの、大根のスープ。

三つ葉の独特の香りが苦手、という方も多いでしょうか。 香り自体はなかなかどうして強く主張するの

記事を読む

蒸し鶏となすのサラダ

蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

便宜上、蒸し鶏となすのサラダとしましたが、なすも蒸しています。さらに、なすとほぼ同量のトマト

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

鶏豆腐 晩酌

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。 メインはもちろん鶏肉と豆腐、

記事を読む

さんまの酒蒸し献立

さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

ピーマンとしらすの酒炒り

晩酌つまみ 9/10 ピーマンとしらすの酒炒り、かぼちゃとチーズのサラダ。

週末に出かける予定が二転三転。 食材を無駄にしたくないのでこういう時は何をいつ消費すべ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑