きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2019/01/27 家飯, 食べること , ,

きのこのパスタ献立

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。

普段夜ご飯としてパスタ系を選ぶ際はワインを添えることが多いのですが。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

今日はサラダもパスタも和風系の味付けなので、飲み物は茶。緑茶です。おかしいですね。

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立

きのこパスタ、白菜のサラダ献立。

  • 白菜のサラダ
  • きのことぬか漬けのスパゲティ

白菜のサラダ

白菜のサラダ

白菜は中心部の柔らかい葉を使用。繊維を断ち切る方向に1cm幅に切り、オリーブオイルをまぶして塩昆布、鰹節、ごまをのせ、ポン酢をちょろっとかけます。

きのことぬか漬けのスパゲティ

きのこのパスタ

パスタをゆで始めると同時に、フライパンにオリーブオイルとえのき、しめじ、薄く切ったエリンギを入れざっと炒め、蓋をして蒸し焼きにします。きのこ類がしんなりしたら細かく刻んだぬか漬けと胡椒を加え、パスタのゆで汁を加えてソースとします。ゆで上がったスパゲティーニをフライパンに入れソースと合わせ、香り付け程度のしょうゆをたらせば完成。

シンプルだけどきのこの旨みがしっかりと楽しめるパスタ。ぬか漬けはマストではなく、単に余っていたから使ったまでです。ちなみに使用したぬか漬けは大根。

190109_ienomi_5

全体的に白っぽいので麺山盛りに見えますが、きのこ&大根含有量はそこそこ多めです。

きのこパスタといえばこっくりバターしょうゆが定番になりつつありますが、オリーブオイルでさっぱりいくのもいい。いいけど、何か足りないような、と気になりながら食べていました。

今気がついた。色が寂しいんだ。千切りの大葉でも添えれば香りも見た目も華やかになってよりよかったですね。

毎度おなじみ白菜のサラダと合わせてみればこりゃ和食だわと感じたので茶を添えましたが、どう考えてもワインの方がしっくりきますね。夕食でパスタ、しかもノンアルコール、さらに寒い日だと、飲みものは何がいいのかしら。普通に水とかかしら。

ワインを飲む日のおつまみ

2019年は休肝日割合を増やす予定なので、この手のノンアルコール献立が度々登場するかと思われます。

新年に考える今年の食計画。

酒ありでも酒抜きでも、献立の内容としてはそう大きくは変わらないんですけどね。

要領が悪い人の料理。

 




関連記事

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

砂肝のポン酢漬け、キャベツステーキ。

週末は街へ繰り出して、友達と豪華なディナー! なんて、誰が決めたのでしょうか。

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮のレシピと献立

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野

記事を読む

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。 デリバリーを利用するなんて、

記事を読む

豚肉とつるむらさきのからし和え献立

豚肉とつるむらさきのからし和え、焼きにんじん献立。

ちょっと前の晩酌献立ではありますが、ここ数日妙に暑いし、冷しゃぶをつまみに飲むのもまだいけ

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

ピーマンの塩きんぴら

ピーマンの塩きんぴら、空芯菜納豆で家飲み。

なんということでしょう。 本日はカレイの煮付けを中心に残り物ばかりで構築した食卓。ゆえ

記事を読む

かぼちゃと豚肉のにんにく醤油炒め

家飲み献立 かぼちゃと豚肉のにんにく醤油炒め、きのこおろし。

きのこ鍋の残りのきのこ類があるし、鶏肉と一緒にクリーム煮にして赤ワインにしようかな。じゃあ美

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑