豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で晩酌。

公開日: : 最終更新日:2018/11/14 家飯, 食べること ,

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

I’m back.
恥ずかしながら、帰ってまいりました。

あんなことを言っておきながら、帰ってまいりました。

関連 酒を飲まない1週間 もう酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない。

久しぶりの晩酌時間、もう酒なんて飲まないなんて言わないよ絶対。

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で家飲み

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴献立

  • ぬか漬け
  • キャベツとわかめのしょうがスープ
  • ピーマン奴
  • 豚と小松菜の梅冷しゃぶ

ぬか漬け

ぬか漬け

なす、にんじん、オクラのぬか漬けをたんまり盛る。

キャベツとわかめのしょうがスープ

キャベツとわかめのしょうがスープ

豚肉をしゃぶしゃぶした茹で汁をスープに流用。メインの具材はキャベツ、わかめ、ねぎ。塩、胡椒、千切りしょうがで味付けしました。

ピーマン奴

ピーマンのせ冷奴

さっと茹でた千切りピーマンを塩昆布とすりごま、ごま油で和えたものを木綿豆腐にのせました。

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

水、昆布、酒を鍋で沸かした昆布出汁と叩いた梅干しをボウルで混ぜてタレを作っておきます。鍋の昆布出汁で豚薄切り肉をしゃぶしゃぶして梅タレのボウルに入れ、茹でて絞った小松菜も加えてざっと和えたら完成。

酒入りの出汁に梅。イメージ的には煎酒(いりざけ)っぽい感じでしょうか。このままだとかなりのあっさりバージョンなのでもうちょい食べ応えが欲しいなあという場合はごま油をちょろっとたらしても。

日本酒にあうおつまみレシピ

いやあ、一時は本当に晩酌の習慣を考え直そうかと思ったんですよ。

飲まないでいるメリットの大きさは想像以上だったし、なによりも歯が痛くて食べたり飲んだりを純粋に楽しめるコンディションでもなかったので。

でも、ちょっと落ち着いてくれば、酒のある食卓こそ私がの考える豊かな食卓だなと実感したのです。
いや、酒なしの素敵晩ご飯なんていかようにも準備可能なんでしょうが、私には難しい。酒とつまみの両方が揃って初めて納得の夕食が完成する、というか、完成させたい気持ちが強いのです。

晩酌こそ我が理想形。単に酒を飲みたい、というよりも、「晩酌」がしたいんでしょうな。あ、昼酒も好物ですけども。

と、書けば書くほど酒飲みの苦しい言い訳みたいになってきてますけど、飲酒と晩酌の微妙なニュアンスの違いに思わず頷いてしまったそこのアナタも立派な酒飲みもしくはおつまみ食いだと私は思います。

 




関連記事

鶏団子と大根のスープ煮

鶏団子と大根のスープ煮、焼きブロッコリー献立。

本日の献立はやや変則パターンで、サラダと、焼き野菜と、スープ煮。そして漬けもの。 いつ

記事を読む

肉団子と大根の味噌汁

肉団子と大根の味噌汁、レタス炒め献立。

先日の鯖水煮缶と同じパターンです。 鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。 鯖サラダ

記事を読む

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材

記事を読む

豚の梅しそ蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

これは大葉が余るかもしれない。 家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が

記事を読む

焼き厚揚げおろし和え

焼き厚揚げおろし和え、ごまみそキャベツ献立。

その瞬間は嬉々として箸をつけているのに、後で見返すとこれはあんまりにもあんまりだったかしら、

記事を読む

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

シェアハウスで料理 8/23 コノスル、パルマ、エメンタール。

週末はワインにしないといけない、なんていう決まりは特に設けてないのですが、はて。 毎週末の定番メ

記事を読む

焼きにんじん

焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダ献立。

日々の晩酌記録をつけるようになってから、ようやくにんじんの千両役者っぷりに気がついた私。

記事を読む

菜脯蛋 切り干し大根入り卵焼き。

菜脯蛋、トマトと新玉ねぎの黒酢和えで晩酌。

先日友人から急に声がかかり飲みましょうということになり、何食べたい?と聞けば餃子、という返答

記事を読む

かれいと豆腐の煮つけ

カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたし献立。

久しぶりのカレイの煮つけだというのに、うっかり無残な姿にしてしまいました。 破れかぶれ

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    大丈夫です!なぜなら、読者の誰もが、このまま無しの人生を選ぶと思っておりませんでしたから~

    でも、惰性で頂くのでなく、食卓を彩る楽しみなんだと思えたのは、抜歯もよい経験でしたねよ。
    どんなことからも得ることがあると、先月禁酒していた経験者がいい逃げ~たるみには、禁酒ですわよ、奥様!

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      あら奥様、そんなはずはありませんわよ。紳士淑女の皆々様方はすわ断酒かとハラハラドキドキされていたのではないでしょうか。ところで最後のお言葉が超絶気になるのですが、どういうことですか?たるみって顔のたるみですか???(前のめり)

  2. kyoko より:

    腹のたるみも減ったように、顔もしゅっとするですよー抜歯で変化なしとは、しゅっとした顔系統なんでしょうか。

    先のコメント、語尾(だけじゃあないけど)酔っぱらいですみません。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      おっしゃる通り、美容と健康のためには時折の禁酒は有効でしょうね…近々右サイドの抜歯も控えているので、その時はまたしばらくシュッとした面持ちで暮らせそうです。

      そして酔っ払いコメント大歓迎です。むしろ世界中の酔っ払いが我先にとコメントしたくなるようなブログでありたいとすら思っておりますので、いつでもウェルカムです!

  3. はち丸 より:

    本当に、待っていました!!

    大、大、大好きなブログ
    酒なしでは…

    って思っていました!!

    嬉しい!

    バツ有り、子なし、
    一人大好き、酒大好き!!
    40代の私には、楽しみなブログなので~~(^^;

    • crispy-life より:

      はち丸さん

      コメントありがとうございます。

      どうしましょう、こんなにもわたくしの飲酒を喜んで下さる方がおられるなんて。今まで酒を飲んで迷惑がられたことなら数え切れないくらいありますが、嬉しいと言っていただいたことはないのでなんというか本当にありがとうございます!

      楽しい楽しい一人晩酌をこれからも細々と綴ってまいりますので今後ともどうぞおつきあいくださいませ。

  4. ASA より:

    最近、飲酒に費やす時間と金額がいかがなものかと考え、
    数日の禁酒→すぐに解禁後、こちらに酔っ払ってコメントしました(汗
    各地の日本酒情報とつまみのレシピ、楽しみにしていますので!
    出身地に小さな酒蔵があるので、いつかcrispyさんが
    そこの酒と巡り合うといいなあ。

    • crispy-life より:

      ASAさん

      酔っ払いコメント大歓迎です!むしろ酒を飲みながら読まれていることが嬉しいです。

      お互い酒蔵のある場所生まれ、これからも美味しく飲み続けるために量には気をつけて参りましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑