ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ピーマンの塩炒め献立

副菜に肉が入ってるし、冷奴の大豆たんぱくもあるし、こりゃ今日のメインは野菜だなー。ピーマン焼くかー。

と、いつもの焼きピーマンを想定しておったのですが。

キャベツと鶏団子の煮込み、焼きピーマンで家飲み。

よくよく考えれば思い切りしょうゆかぶりではないか。仕方がないので千切りという手間暇をかけて塩炒めに逃げました。

ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮で晩酌

ピーマンの塩炒め献立

  • わかめと玉ねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉奴
  • 牛肉とごぼうのしぐれ煮
  • ピーマンの塩炒め

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁

いりこ出汁の味噌汁。玉ねぎはしゃっきり感を残したいので火を通しすぎないようにします。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶ、キャベツ、にんじんの三種盛り。

三つ葉奴

三つ葉奴

木綿豆腐に刻んだ三つ葉をのせ、粗塩を振ってごま油をまわしかけます。

牛肉とごぼうのしぐれ煮

牛肉とごぼうのしぐれ煮

しょうゆ、みりん、酒、水、千切りしょうがを煮立てたところに牛肉とささがきごぼうを入れ、汁気がなくなるまで煮詰めたもの。昨日の柳川煮の一部分岐つまみです。

ピーマンの塩炒め

ピーマンの塩炒め

油を引いたフライパンで縦方向の千切りにしたピーマンを炒め、塩、胡椒、酒で味付けします。

いつもの焼きピーマンのほうが切る手間省けていいんだけど、この手の塩炒めにするならば千切りにした食感が捨てがたいのでね、切りましたよ。これを千切りといっていいのかって太さだけどね。ピーマンって端が丸まってるから縦方向の千切りにするの意外に難しいよね。

なんとか純和風にまとまった晩酌献立、お供は本日も純米酒をひやでいきます。

ピーマンを使ったおつまみ

ピーマン2個を千切りした程度で「手間をかけた」と大げさに吹聴しておりますが、ぬか漬けは床から出して切るだけだし、しぐれ煮は余りものだし、豆腐はうつわに盛っただけ。かろうじて調理を要したのは味噌汁と塩炒めのみなので、そりゃ千切りする心の余裕も生まれるってもんですよ。

最近つくづく、火を使うつまみは一度に2品までがちょうどいいなと思っております。3品作るとなると、ちょっと気忙しいよねえ。

 




関連記事

蒸し鶏のねぎダレ献立

蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立。

本体は旅の途中ですが、撮りためていた晩酌献立です。 普段使いのナイロントートに収まる旅

記事を読む

ヤムウンセン献立

ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。 関連 あまりにもマイペースな人。

記事を読む

家飲み献立 11/8 砂肝の葱塩和え、塩辛クリームチーズ他全5品。

恐れていたことがとうとうやってきたのかもしれません。 冬?もう、冬なの?? 11月っ

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとかなりそうな豚ロース薄切り肉をひ

記事を読む

晩酌簡単おつまみ 牛肉とトマトのしょうゆ炒め、きのこと三つ葉の卵とじ。

赤身が多い牛肉の切り落としが安く売られていたのでついつい手に取る。 昔は脂がしっかり入

記事を読む

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

里芋の味噌グラタン

里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

グラタンで日本酒を飲む。 そう考えた時にいいつなぎとなるのが味噌ですね。そして味噌とチ

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

ゴーヤチャンプルー 、海苔のすまし汁で家飲み。

よくよく考えれば「吸いもの」とか「おすまし」ってネーミング、すごい。 改めて調べてみる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑