黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

黒はんぺん汁

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。

初回はお手並み拝見ということで、シンプルに焼いて薬味を添え、しょうゆでいただきました。

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

はんぺんというよりこりゃつみれだね、と思ったものですから、試しに汁にいれてやろうかと。

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒めで晩酌

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒めで晩酌

 

  • 黒はんぺん汁
  • 白菜漬け
  • わかめとわけぎのぬた
  • 玉ねぎの卵炒め

はんぺん汁

黒はんぺん汁

乱切りにした大根を昆布出汁でやわらかく煮て、一口大に切った黒はんぺんを加え、味噌を溶き入れます。たっぷりのさらしねぎと、黒七味を振って。

白菜漬け

白菜漬け

本日の漬ものは白菜漬け。

わかめとわけぎのぬた

わけぎとわかめのぬた

ゆでたわけぎとわかめ、カリッと両面焼いた油揚げをうつわに盛り、からし酢味噌を添えます。

玉ねぎの卵炒め

玉ねぎの卵炒め

油をひいたフライパンで薄切りにした玉ねぎを炒め、塩で味付けします。玉ねぎがしんなりしたところで溶き卵を流し入れて炒め合わせ、最後に酒で香りをつけたら完成。

本日の主役は黒はんぺん汁だけど、写真の構成上センターを張るのは卵炒め。なんだけど、ぬたっておいしいよねえという、つまりはすべていいつまみでニヤつきましたよ、というお話。ここのところずっと熱燗続き。

日本酒にあうおつまみレシピ

黒はんぺんを汁にしようというところまでは早い段階で決定したのですが、すましでいくか、味噌にするか、調理直前まで脳内で相当迷っておりました。

こう寒いと、しっかり濃い味付けのものが妙に食べたくなりませんか?味噌煮込みとか、クリーム系のシチューとか、粕汁とか。

結局は寒さに負けて味噌汁にしちゃったんだけど、黒はんぺん自体にしっかり味があるから出汁も出るし、すましでも食べてみたかった気はする。しかし黒はんぺんはこれにて品切れ。

友人各位、黒はんぺんその他のウマ土産はいつでも心よりお待ち申し上げております。

 




関連記事

家飲み献立 10/31 半干しキャベツと鶏もも肉の煮込み他全5品。

TGIF! そして、今日はハロウィン、ですか。 私が子供の頃通っていた学校の隣にイン

記事を読む

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

肉豆腐、なすと三つ葉のサラダで家飲み。

帰宅途中のスーパーで、とりあえず豚薄切り肉を買ったものの、迷う。 普段は買い物した時点

記事を読む

枝豆ごはん献立

大したことないと軽んじていたヤツの底力を見た。

またまた夏っぽい献立です。 枝豆といえばビール、ビールといえば枝豆という切っても切れ

記事を読む

水菜の卵とじ献立

水菜と油揚げの卵とじ、梅わかめ納豆献立。

先日に引き続き、またまたやや肌寒い日の晩酌献立。さすがにもうあれほど寒い日は訪れはしないでし

記事を読む

にんじんとねぎのサラダ

豚バラとキャベツの味噌炒め、にんじんとねぎのサラダ献立。

豚肉とキャベツの味噌炒め。回鍋肉ってヤツですね。 常日頃から実は野菜炒めは難しい料理で

記事を読む

肉団子鍋

肉団子鍋で家飲み。

この冬の家晩酌は鍋もの率がやや低めだったような気がします。おそらく、理由はふたつ。帰省時の鍋

記事を読む

大阪の酒 秋鹿

大阪の酒 秋鹿 純米無濾過生原酒で晩酌 鶏のくわ焼き、小松菜の梅おろし和え。

愛知が飛んでいるのを気にかけつつ関西を攻めております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03に機種変更。

数年に1度のことなのに、なぜ毎度毎度こんなに面倒なのだ!と吠

→もっと見る

PAGE TOP ↑