山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸で晩酌。鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立。

公開日: : 最終更新日:2018/04/21 家飯, 食べること , ,

鶏むね肉のレシピ

鶏むね肉を食べるとなると、蒸し鶏になるパターンが多い。

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

しかし本日は焼きで参ります。

お供にはお花見用に調達していた香り華やかな日本酒を添えました。

山形の酒、出羽桜 つや姫 純米吟醸

出羽桜 つや姫

お花見ってのはいい大人が真昼間から浮かれて酒を飲むイベントだし、ちょっと色気のある酒がいいかな、と珍しくやや甘口の純米吟醸をセレクト。

出羽桜 つや姫(出羽桜酒造株式会社)

米の特徴である、艶のある香りと上品な甘みを表現したいと醸した酒は、山形特産の洋ナシ「ラ・フランス」を思わせる香りと上品な甘みです。

確かに、フルーティーな香りと味わい。ネーミングも桜だし、浮かれイベントにはぴったりかと。

しかし前回飲んだ山形の酒も確か、と振り返ってみればビンゴ。出羽桜を飲んでおりました。

山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

どっしりとした無骨な酒の合間にこういうが入ってくると、あ、甘いのもたまにはいいかも、って気になるから不思議です。もはや酒ならなんでもいいんじゃないのかという感じですが、そんなことはないのですよ。好みはありますのよ。

山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸

蔵元  出羽桜酒造株式会社(山形県・天童市)
種類  純米吟醸
精米歩合  50%
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  15度

鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立

鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立

  • 豆腐とわかめの味噌汁
  • 紅芯大根の漬もの
  • 菜の花の辛子和え
  • 長芋明太子和え
  • 鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め

豆腐とわかめの味噌汁

豆腐とわかめの味噌汁

ド定番の豆腐とわかめの味噌汁。出汁は昆布と鰹節。

菜の花の辛子和え

菜の花の辛子和え

辛子を溶いた出汁しょうゆに茹でた菜の花をひたしたもの。

長芋明太子和え

 長芋明太子和え

ほぐして出汁で伸ばした明太子と皮をむいて叩き割った長芋を和え、ねぎと海苔を散らします。

鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め

鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め

鶏むね肉は繊維を断ち切るようにそぎ切りにし、塩、胡椒で下味をつけて軽く片栗粉をはたきます。フライパンに油を引き、千切りのしょうがを炒め、香りが立ったら鶏むね肉、同じ大きさに切ったエリンギを入れて焼き色がつくまで炒めます。最後にわけぎを投入し、塩、胡椒、酒で味をととのえたら完成。

辛子と明太子で辛いものがかぶっている。こんなわかりやすいかぶり方をしているのに、作っている時も食べている時も全く気付いていなかったんだからまったく、おかしなもんです。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、お花見用にちょっと華やかな酒を選んだのは、前知識があったわけでも、ラベルから読み取って云々したわけでもなく、すべては試飲のおかげであります。この時は買う気満々だったこともあり、何の抵抗もなくあれこれ試させていただいたのだけど、普段その気じゃない時に試飲や試食に手を出すのってなんとなく気がひける、とずっと思っておりました。

が、この手の仕事をしたことがある知人によれば、売り上げはもちろん大事だけれど、どれだけ多くの人に試してもらえたかも担当者の評価に繋がるとのこと。よって、買わないのに悪いから試さない、は間違った認識であると教えられ驚いた次第。

もちろん会社によって違うんだろうけど、そうかなるほどなと頷いたのでした。

しかし私などは比較的空いている時間に買い物に出かけることが多いものですから、当然試飲コーナーは独占状態になり、話が盛り上がってあれもこれも飲ませてもらえちゃったりする。それはそれでかなり危険だなあと振り返ってはニコニコしています。

 




関連記事

家飲み献立 10/25 春雨の中華風煮込みと白菜の浅漬けなど。

今日は特に出かける用事がなかったので昼間は家で過ごし、日が落ちる頃に買い物に出かけたのですが

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

豆腐の明太子炒め献立

豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立。

あ、すみません。なんかちょっと盛り付けが汚らしいですね。 色もぼんやり、形状もぼんやり

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。 毎度おなじみ肉

記事を読む

一人晩酌 おつまみ

晩酌おつまみ 肉団子ときのこの煮込み、プチトマトのナムル。

ようやく復活、といったところでしょうか。 密かなお楽しみの一人晩酌、先週は腰痛のおかげ

記事を読む

鶏と水菜の酒蒸し 献立

鶏と水菜の酒蒸し、トマト納豆。

今日は珍しく遅いランチで、おまけにデザートまでしっかり食べちゃったものだからお腹が減らず。

記事を読む

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージが強い野菜。よって、冬場に手を

記事を読む

家飲み献立 9/26 アッシパルマンティエに仏赤ワイン。

TGIF! 金曜日の夜はこれを作るぞ!と今週頭から決めていました。 なぜなら、ワイン

記事を読む

鶏肝煮献立

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑