かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

公開日: : 最終更新日:2021/06/02 家飯

かれいの煮付け献立

確か、別のものを買いにいったんです。

ごぼうがあったので、柳川か何かにしようと考えていて、そのための買い出しでした。それなのに、大きなかれいの身を発見して手を出してしまった、というわけです。

店頭の品揃えに翻弄されて、今夜の晩酌メニューが変更になる。

よくあることですね。

かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

かれいの煮付け献立
  • 小松菜の味噌汁
  • 紅芯大根の甘酢漬け
  • キャベツのわさび白和え
  • かれいの煮付け
  • いちご

小松菜の味噌汁

小松菜の味噌汁

油揚げと小松菜の味噌汁、出汁は昆布と鰹節。

紅芯大根の甘酢漬け

紅芯大根の甘酢漬け

本日の漬ものは引き続き、紅芯大根の甘酢漬け。かなり濃いピンクになりました。

キャベツのわさび白和え

キャベツのわさび白和え

ゆでたキャベツを絞ってざく切りにし、粗塩とわさびで味付けします。水を切って崩した木綿豆腐で和えたら完成。

かれいの煮付け

かれいの煮付け

フライパンにしょうゆ、みりん、酒、しょうがの薄切りを入れて煮立て、皮目に切り込みを入れたかれいを投入します。縦割にしたごぼうを加え落し蓋をして煮て、最後に煮汁を身にかけながら軽く煮詰めたら完成。針しょうがと大葉の千切りを添えて盛りつけます。

大きな丸皿からはみ出さんばかりのかれいの切り身、見た目からして大満足のボリュームです。ふんわりとした身をほじって甘辛い煮汁にちょんちょん、で、ひや酒をコピリ、とやれば、そうそう、これがしたかったんだってば!となりますね。

直前まで別のもの食べるつもりだったのに、一気に心変わりさせてくる魚類の魅力、抗いがたし。

デザートには小ぶりないちごを添えました。

日本酒にあうおつまみレシピ

かれいの身はもちろん旨いのだけれど、脇に添えたごぼうがこれまたよい。

ごぼうの他には豆腐、わかめ、ねぎあたりも煮魚と相性がよいですね。あ、こんにゃくという手もあるな。

あじとこんにゃくの梅煮献立。

隙あらば、魚出汁を何か別の食材に吸わせたい。いや、肉類も貝類も、旨い出汁はとことん味わいたいと願うのが人類の本質ではないでしょうか。

とまあ、今回もまんまと魚の引力に負けました。でも、いいの。これからも、積極的に負け戦に挑もうと思うの。

予定になかった食材とばったり出会って、突然気が変わって、今夜はこれだ!となる時のうれしさ。その興奮を維持したままの調理、からの晩酌。この一連の流れはまことに素晴らしい娯楽だと思いませんか、奥さん。




関連記事

たらとわかめのしょうが蒸し献立

たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの関係で、またまた気持ち悪い色合

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

家飲み献立 12/20 塩手羽大根、なめこ湯豆腐。

今朝改めてカレンダーを確認してびっくり。思わず二度見。 なんと、もう20日とは! 12月も

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりしたオーブン料理なんかで赤ワインを

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

里芋の味噌グラタン

里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

グラタンで日本酒を飲む。 そう考えた時にいいつなぎとなるのが味噌ですね。そして味噌とチ

記事を読む

塩豚じゃが

家飲みメニュー 塩豚じゃが、小松菜と卵の炒めもの。

先日焼いた豚肉の残りに塩をまぶして保存していました。 塩豚と野菜を合わせるパターンの時

記事を読む

晩酌献立 白菜のうま煮、塩蛸ぶつ。

白菜ももうそろそろ終了ですかね。 もうちょっと漬物が食べたいので白菜漬けの仕込みは確定

記事を読む

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。

大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶器市に出向いてがっさり大人買い

記事を読む

大根と豚肉の梅しそ炒め

大根と塩豚の梅しそ炒め、春雨サラダで家飲み。

よい献立はそれぞれの料理のバランスが取れているもの。 例えば野菜と肉か魚、豆類、海藻で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑