トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

牛肉とトマトのしょうゆ炒め

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。

そう思いつつ、炒めてしまいました。ただし、材料ふたつでシンプルに。

グルタミン酸の豊富さゆえに、まんま調味料の役割も果たしてしまうトマト。

健気だ。




トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和えで家飲み

トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和えで家飲み

  • じゃがいもとねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜のわさび白和え
  • トマトと牛肉のしょうゆ炒め

じゃがいもとねぎの味噌汁

じゃがいもとねぎの味噌汁

いりこだしにじゃがいもと長めに切ったねぎの味噌汁。溺れていてよく見えませんが、いも、入ってます。そしてねぎを薬味としてではなく実として扱いたい時にはこういう切り方にします。定番の小口切りよりずっとラクだし。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとなす。

小松菜のわさび白和え

小松菜のわさび白和え

水気を切った木綿豆腐に塩とわさびを混ぜてよく混ぜ、塩ゆでした小松菜を合わせます。

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

フライパンに油をひき、酒と片栗粉で下味をつけた牛薄切り肉を炒めます。肉の色が変わったらくし型に切ったトマトと荒く潰した粒胡椒、しょうゆを加え、トマトの周りが軽く潰れる程度に炒めたら完成。

しょうゆをざっとまわしかけるだけの炒めものは、調味料の配分に気を揉まなくていいので快適ですね。本日もお供はひや酒です。

おつまみレシピブログ

しょうゆか塩かで言えば迷わず塩を選ぶ完全塩派の私ですが、近頃この手のしょうゆ炒めをよく作っているような気がします。

きくらげと卵のしょうゆ炒め、うるいとツナの和えもの献立。

出来上がりにかける、つける、ではなく、調理でのしょうゆといえば砂糖やみりんと合わせての甘辛味が筆頭でしょうか。酒のつまみとしても、あれはいいものです。

が、自分好みの割合にぴたりと決めるってのはなかなかのテクニックを要しますね。もちろん味の好みの合うレシピ本の通りに作ればほぼほぼ解決なんだけど、そんなものは野菜の時期とか大きさとか水分量とかによって左右される。個体差がデカすぎる。最終的には作るごとに見極める必要があるわけで。

その点、しょうゆだけとか塩だけってのは気がラクでいいですね。もちろん1種しか入れないにしてもその加減ってのものはありますけども、シンプルではあります。

がしかし。以前はしょうゆ味といえばしょうゆだけ、というのが主流だったけれど、最近は塩も加えてより味にメリハリをつけるほうが好まれる風潮がある。これは時代というか、味のトレンドのようなものですね。と、確か土井先生がおっしゃってました。

なるほど、確かに味にもトレンドはありますな。関係ないけど土井先生を見ると未だにお父上の勝氏を思い出してしまいます。

 






関連記事

berg ジャーマンブランチ

新宿で一人飲み BERGでジャーマン・ビアセット。

By: Ben Garrett[/caption] 先日新宿でふと時間が空いたので久しぶりに

記事を読む

ヤムウンセンのタイ料理献立

ヤムウンセン、ひき肉とトマトの卵炒め献立。

先日タイ人の友人とタイ料理を食べに行きまして。パクチーを受け付けない体質の私が周辺を避けて食

記事を読む

141016d2

家飲み献立 10/16 甘くない卵焼きで酒を呑む。

いつもスーパーでの出来事。 イートインスペースで、5歳くらいの女の子が焼き芋を頬張って

記事を読む

140811d.min

40代1人暮らしの晩ご飯 カラフルな食卓。

葉野菜が好きなもので、普段はどうしても緑の多い食卓になってしまいます。 が、今夜は違う

記事を読む

shonanbeach

家飲みあるある。湘南いそいそ家飲み日記。

そうそう、こういうことやっちゃうよね!というあるあるが満載過ぎて首もげそうなくらい縦に振りま

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

太白ごま油レシピ

青菜と豚肉のごま油蒸し、きくらげと豆腐の生姜スープ。

随分昔にサンプルの小さい瓶で白いごま油をいただいたことがあります。 ごま油、といえば例

記事を読む

イカとセロリのネギ塩炒め

イカとセロリのネギ塩炒め、小松菜とにんじんのオイル蒸し。

イカとセロリの組み合わせといえば中華和えを作ることが多いです。 関連 イカとセロリの中

記事を読む

焼き白菜

焼き白菜、切り昆布の煮物で家飲み。

昨日白菜を買い求めたのは鍋にしようと思ったから、というのもありますが、漬物を仕込んでおきたか

記事を読む

141026d5

茹でるだけのレバーパテに赤の泡。

ここ数日、外は暖かいのに部屋は寒いという状況に納得できずブーたれていた私。 が、こんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑