にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/04/26 家飯, 食べること

160624ienomi_6

和食の煮物はしょうゆ、砂糖を使った甘辛い味付けが王道ですね。

この甘辛系おかず群はやっぱりご飯に合うのでおかずとしては嬉しいのですが、うっかり気を抜くと肉じゃがとひじきの煮物で味かぶり、なんてこともよく起こるわけで。

などとまるで甘辛味かぶり問題は一般論であるかのように語っていますが、想像です。私は酒飲みだからか、甘辛系より塩味の料理を作ることが多いもので。

塩と胡椒、酒を使った煮物がご飯のおかずになるかどうかはわかりませんが、酒のつまみには上等です。

にんじんと牛肉の塩煮、もやしの梅和えで晩酌

にんじんと牛肉の塩煮献立

  • かくや和え
  • 三つ葉のサラダ
  • もやしの梅和え
  • にんじんと牛肉の塩煮

かくや和え

かくや和え

薄く切った茄子のぬか漬けを千切りの大葉としょうが、いりゴマ、しょうがの絞り汁で和えたもの。ぬか床に茄子しか残っていなかった寂しさを紛らわすためのかくや和えです。

三つ葉のサラダ

三つ葉のサラダ

フライパンでカリッと焼いた油揚げと生の三つ葉をポン酢とごま油で和えたサラダ。

もやしの梅和え

もやしの梅和え

梅干しを叩いたものをみりんと酢でといて茹でたもやしを和えた酸っぱい和えもの。

にんじんと牛肉の塩煮

にんじんと牛肉の塩煮

鍋に油を入れ牛肉を炒め、大きく切ったにんじん、荒く潰した黒胡椒、酒、水を加えにんじんがやわらかくなるまで煮ます。最後に春雨を加えて塩で調味すれば完成。毎度お世話になっているウー・ウェンさんの「野菜料理は切り方で決まり!」のレシピが元ネタです。

先日初めて作って妙に気に入ったにんじんの塩煮。牛肉の出汁をまとったにんじんは丸ごと1本ぺろりといける旨さです。春雨も入っているのでボリュームもあってお腹も満足。

一度気に入ったらハマってしばらく食べ続ける、というのが私のパターンなのだけど、このにんじんの塩煮もレギュラー入りしそうなくらいお気に入り。確認してみたら今月2回目の登場でした。にんじんに春雨が絡みつくという妙なビジュアルがなんとなく面白いし、作り方も味付けもシンプル極まりないので失敗のしようがないのもいいですね。

しかしにんじんとかかぼちゃとか甘味の強い野菜はさらに甘さを足すよりも塩味の料理にしたほうが野菜自体の甘さが引き立って断然旨い、と思うのは私だけでしょうか。まあこんなものは単なる好みの問題でしょうが、素材の甘味+塩の組み合わせは飽きることなく食べ続けられる黄金コンビだと思うのです。野菜だったら多少たくさん食べてもそんなに体に負担もないしね。

 




関連記事

れんこんと塩昆布の混ぜごはん

休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する一方です。 シンプルライ

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

じゃがいものそぼろ煮あんかけ

じゃがいものそぼろ煮、人参の卵炒め 家飲み献立。

たまには和食献立的なものでもひとつ。そう思い立って 「普通の晩御飯」 っぽいメニ

記事を読む

手羽元と大根のバター煮

手羽元と大根のバター煮、柿と三つ葉の白和え献立。

バター煮、なんという魅惑的な響きなのでしょう。 と言いつつ煮ていないのですが。

記事を読む

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入

記事を読む

かれいと豆腐の煮つけ

カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたし献立。

久しぶりのカレイの煮つけだというのに、うっかり無残な姿にしてしまいました。 破れかぶれ

記事を読む

簡単おつまみ 8/15 イカとセロリの中華和え。

あれ…。 今の今まで今日は木曜日だと思ってました。 お勤めしていないのでただでさ

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

ゴーヤチャンプルー 、海苔のすまし汁で家飲み。

よくよく考えれば「吸いもの」とか「おすまし」ってネーミング、すごい。 改めて調べてみる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑