仕上げる根気を持ち続けられるか。

公開日: : 最終更新日:2021/08/28 家飯

なすのにんにく炒め

なすと油の相性の良さは、全人類が認めるところですから、なす好きの私だってもちろん承知しています。

しかし、塩梅が難しい。

本をきっかけに出会い、すっかりお気に入りとなったにんにく炒めにしてもそう。

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

油使いがいまいち上手くないせいなのか、なすのいきいきとした表情を引き出せずにいます。

なすのにんにく炒め、ゴーヤのツナ和え献立

なすのにんにく炒め、ゴーヤのツナ和え献立
  • あさがお菜とえのきの味噌汁
  • もやしナムル
  • ゴーヤのツナ和え
  • なすのにんにく炒め

あさがお菜とえのきの味噌汁

あさがお菜とえのきの味噌汁

昆布とえのきで出汁を取り、最後にあさがお菜を加えてさっと煮た味噌汁。


もやしナムル

もやしナムル

塩、胡椒、ごま油、ごま、ねぎのみじん切りを合わせ、ゆでたもやしを和えたもの。


ゴーヤのツナ和え

ゴーヤのツナ和え

薄切りにして塩もみしたゴーヤとツナをあわせ、しょうゆをちょろりと加えます。

なすのにんにく炒め

なすのにんにく炒め

フライパンに油を入れ、みじん切りのしょうがとにんにくを炒めます。香りが立ったら乱切りにしたなすを投入。しんなりするまで炒めたらにんにくしょうゆと酒で味を整えて完成。ちなみに本日みじん切りにしたにんにくは、しょうゆ漬けで使ったものです。

本日はめずらしく漬ものがなく、和えもの2品にメインの炒めもの、汁ものという変則的な献立となりました。ただもやしが余っていたからこうなっただけなのですが、たまにはいいでしょう。野菜だらけでたんぱく質が十分に取れていないのが反省点。

一人暮らしの夕食献立

炒める根気を持ち続けられるか

なすのにんにく炒めは、野菜ひとつでできる簡単で旨い炒めもの。酒のつまみとしての力も十分でありがたいですね。

と、キレイに締めたいところではありますが、この中途半端な色合いはどうでしょう。茄子紺を残すなら残す、諦めるなら諦める、という潔さが見えず、偶然にも色が出たらしめたもの感が漂う、この感じ。

改善ポイントはおそらく2点。

ひとつめは、油の量。なすは油を瞬く間に吸うので、気持ち多めの油で炒めた方が全体に絡みやすく、皮の色をコーティングしてくれる力が働くのでしょう。中華料理では下ごしらえで先に揚げておいたりもするし。

ふたつめは、炒める根気。なすのとろりとした食感を十分に引き出すまで炒めるには、思った以上に時間がかかります。一旦吸った油も炒めているうちに再びフライパンに戻ってきたりもするし、おいしく仕上げるためには時間も必要なのでしょう。

しかし私は油をたくさん使うことに抵抗があるうえに、さっさと作ってさっさと食べてしまいたがりのものぐさもの。そりゃこんな仕上がりになっちゃうよね、と自覚はしておるのです。

次回こそは、油多めでチャレンジしてみるかなあ。といいつつ、すっかり忘れてそうな予感はすでにしています。

だって今これを書きながら「根気」っていう単語が出てこなかったんですよ奥さん。ホラ、なんだっけ?気長?我慢?とか考えて、類語で検索してしまった。私、しっかりしてー。


大人のたのしい一人暮らし記録




関連記事

白菜漬け インゲンのごま和え ネギ塩トマト豆腐 塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひた

記事を読む

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージが強い野菜。よって、冬場に手を

記事を読む

赤丹

神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

関東地方コンプリート! 近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダー

記事を読む

新玉ねぎのフライパングリル献立。

新玉ねぎのフライパングリル、蒸し鶏とほうれん草のわさび和え献立。

大好きな新玉ねぎを、今季はあまり食べていなかったと気づき、駆け込み消費です。新玉ねぎ、旨い

記事を読む

かれいの煮付け献立

かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川か何かにしようと考えていて、そ

記事を読む

休肝日の献立 せりの味噌汁

休肝日ごはん 小松菜の納豆和え、せりと揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。かつては 「酒が飲めないならごはんも食べたくない」 などと恐ろ

記事を読む

なすそうめん

ゴーヤと油揚げの炒めもの、なすそうめんで家飲み。

夏っぽい。 意識したわけではないけれど、売り場で目に付いたものを手に取って気づけばかな

記事を読む

にらの落とし焼き、きのこのおろし和え献立。

少々残っているにらをどう食べるかと考えていて、ふと思い出しました。以前持ち寄り家飲み会的な

記事を読む

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑