れんこんチーズ焼き、梅えのき納豆献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

れんこんチーズ焼き献立

元ネタは、フライパンで焼くチーズトーストです。

食パンをれんこんに変えても似たような焼き上がりになるだろうと考え試してみたら、一応焼けたは焼けたんだけど、ムラがある。チーズたっぷり箇所とちょい足りないよ箇所でばらつきがある。

しかしこの手のつまみってのは満遍なく同じ味よりも濃かったり薄かったりのリズムがあるほうが見た目にも食感としても楽しい、とも言える。

ものはいいよう。

れんこんチーズ焼き、梅えのき納豆で晩酌

れんこんチーズ焼き、梅えのき納豆で晩酌

  • 白菜と落とし卵の味噌汁
  • ぬか漬け
  • 梅えのき納豆
  • れんこんチーズ焼き

白菜と落とし卵の味噌汁

白菜と落とし卵の味噌汁

たっぷりの白菜を昆布出汁で煮たところに殻をむいた冷凍卵を落として味噌汁に。もちろん、冷凍卵である必要はまるでなし。ただ余っていたものを使っただけであります。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根皮とキャベツの芯というエコ食材コンビ。

梅えのき納豆

梅えのき納豆

納豆にゆでたえのきと叩いた梅干しを合わせて付属のタレで味付けし、さらしねぎをたっぷり乗せたもの。

れんこんチーズ焼き

れんこんチーズ焼き

輪切りにしたれんこんにオリーブオイルをまぶし、フライパンで焼きます。中まで火が通ったら一旦取り出し、フライパンにオリーブオイルを引いた上からパルメザンチーズをふりかけ、れんこんを戻し入れてチーズが軽く色つく程度に焼いたら完成。うつわに盛って粗塩、胡椒、パセリのみじんぎりをふります。

ワインに合いそうなつまみだけれど、脇を固めるのが納豆に味噌汁というTHE・和食。日本酒とチーズの組み合わせも大好きなので、ぬるめにお燗した純米酒を添えることに何ら問題はありません。

日本酒にあうおつまみレシピ

似たようなつまみを前にも作ったことがあったなあと過去記事をくってみたらば、そうだった。ちくわでやったんだった。季節も関係するけれど、ちくわと来たらば酒はビールですかね。

夏野菜の焼きびたし、ちくわチーズ揚げ。

ただ焼くって気分じゃないなー、もうちょいパンチとつまみっぽさが欲しいんだよなー、という時にこの手のチーズ足しは使えます。

 




関連記事

豚肉の肉吸い

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋にお

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

焼き野菜、出し巻き。

今日あたりは随分人出が少なくなりそうだな、と思っていたのだけど、ご近所の店は思いの他混雑して

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

白菜の黒酢炒め献立

白菜の黒酢炒め、えのきと水菜の梅和え献立。

冬場の何がありがたいって、白菜ですよね。 白菜が、安くて、甘くて、旨い。その点において

記事を読む

続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えればいいのに。 毎日飽きもせ

記事を読む

キャベツと鶏団子の煮込み、焼きピーマンで家飲み。

暑い季節は寒くてかなわんですね。 はい、空調の話です。 昼に入ったカフェの震え上

記事を読む

なすとピーマンの味噌炒め献立

なすとピーマンの味噌炒め、トマトとわかめのツナサラダ献立。

本日の晩酌献立に使用した野菜は、なす、ピーマン、トマトなど。 一気に夏が近づいてまいり

記事を読む

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。 納豆って、他の食品と比

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑