ワインのおつまみメニュー 9/30 鶏としめじのミルク煮込み。

公開日: : 最終更新日:2015/09/28 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること

鶏としめじのミルク煮込み

なんとなくワインに合わせたメニューが続いていたので、今日は和食にしよう。

と思ったのですが、ワインがまだ少し残ってる。

そして食材をあまり買い足したくない…。

ということで、今夜も冷蔵庫にあるもので作る簡単メニューになりました。




 

今夜の晩酌メニュー

140930d4

  • 三つ葉と生ハムのサラダ
  • 鶏としめじのミルク煮込み

三つ葉と生ハムのサラダ

140930d3
ワインのおまけについてきたもも生ハムはそのままつまむよりは料理に使ったほうが良さそう。というわけで、三つ葉とオニオンスライスにオリーブオイルとレモン汁を和えたシャキシャキサラダに加えました。塩気は生ハムのみ。

鶏としめじのミルク煮込み

140930d2
冷蔵庫に残っていた野菜を総動員したメニュー。

塩コショウで下味をつけた鶏肉をオリーブオイルをしいた鍋でさっと焼いてから、玉ねぎ、にんじん、しめじを投入して油が回ったらローリエを加えふたをして弱火で煮ます。野菜からじわじわ出る旨みがポイントなので、スープストックの類は加えず、塩胡椒だけで味を調えて牛乳を加え、片栗粉でとろみをつけました。

牛乳を入れるスープって、以前は小麦粉やバター、若しくはスープストックやシチュールーを使って作るものと思い込んでいたけれど、野菜の旨みを弱火でじんわり引き出せば、味付けってそんなにいらないんですよね。

今日は鶏肉で作りましたが、秋鮭で作っても秋の味が楽しめて美味しいですよ。

あれ、何か写真が赤い。。。

 






関連記事

pho

糖質制限中でもお腹いっぱい食べられるおすすめ麺。

蒸し鶏の茹で汁で作るフォーにハマッています。 最近はこれを食べたいがために蒸し鶏を作っ

記事を読む

砂肝のにんにく炒め

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

天気のせいでしょうか、スーパーの品揃えが不作です。 毎日お世話になっているのに不作など

記事を読む

ekiben

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

spoon

素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

先日、1日20粒くらい食べてもいいということを知った素焼きアーモンド。 参考 おやつに

記事を読む

豚肩ロースステーキ赤ワインソース

豚肩ロースのソテー赤ワインソースと赤ワイン。

年末にスペインへ旅をして再認識したのだけど、ワインを飲みましょうという場面では俄然赤より白に

記事を読む

170202ienomi_6

小松菜と豚肉の卵炒め、きのこのネギ塩和えで紹興酒。

中華的なメニュー構成で紹興酒にしました。 紹興酒は外でもそんなに飲まないし家では料理用

記事を読む

140811d.min

40代1人暮らしの晩ご飯 カラフルな食卓。

葉野菜が好きなもので、普段はどうしても緑の多い食卓になってしまいます。 が、今夜は違う

記事を読む

140904d3

一人晩酌 9/4 鶏もも肉のウスターソース焼き、小松菜に煮浸し。

午後になると毎日 「今日は何で呑もうかなあ…」 と、冷蔵庫の中身を反芻しながら考

記事を読む

鯖缶と玉ねぎのサラダ レシピ

塩豚と大根のスープ煮、鯖缶と玉ねぎのサラダ。

ここ数日柑橘熱が高まって食後にぽんかんやらいよかんやらを食べています。 が。 外

記事を読む

あじの煮付け献立とレシピ

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

鰺、あじ、アジ。 鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑