豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

公開日: : 最終更新日:2018/11/22 家飯, 食べること ,

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。

脳内で献立を組み立て、解凍した豚肉を確認してあらびっくり。3枚あると思っていたのに、2枚しかないじゃないか。

2枚。微妙な量だな。

しかし肉少しに野菜たっぷり、は我が食卓のお約束。肉が少ない分、ねぎをどっさり食べることにしたのでした。

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたしで晩酌

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立

  • ほうれん草と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • きのこと水菜のおひたし
  • 豚ロースの梅ねぎ焼き

ほうれん草と油揚げの味噌汁

ほうれん草と油揚げの味噌汁

ほうれん草と油揚げの味噌汁、出汁は昆布とえのきのゆで汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツの芯とにんじん。肉だけじゃなくて、ぬか床の中身も思ってたより少なくて、やや寂しい感じになってしまいました。

きのこと水菜のおひたし

きのこと水菜のおひたし

ゆでたえのきと水菜を薄味の出汁しょうゆにひたし、うつわに盛って鰹節とすだちを添えます。

豚ロースの梅ねぎ焼き

フライパンに油を引き、塩と酒で下味をつけておいた豚ロース肉を入れ焼きます。肉に火が通ったら取り出して残った油を軽く取り除き、酒、みりん、叩いた梅干し、荒く潰した粒胡椒を入れさっと煮ます。斜め薄切りにして水にさらしておいた白ねぎを加え、ひと混ぜしてしんなりしたところを豚肉にのせます。

梅と豚肉の組み合わせならばしょうゆ味の照り焼きもアリ。

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

でも今日はねぎたっぷりミッションがあったので、ねぎが引き立つよう、粒胡椒をアクセントにしつつ梅の塩気のみで勝負したというわけ。おひたしもしょうゆ味だったしね。

ギリギリ辛味が消えてまだしゃっきり感の残る白ねぎを肉で巻き、吟醸酒をひやで。狙い通りの仕上がりににっこりです。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日唯一の失敗は張り切り過ぎた肉の筋切。そんなに細かく切れ目入れなくてもいいでしょうに、何を考えておるのだ。せっかく旨いつまみができたのに、見た目が気持ち悪いじゃないか。

そして本日もまたすだちと梅の酸味かぶせ。事前に把握していたのだけれど、きのこ+すだちも豚肉+梅もいずれのペアも引き離す気にはなれなかったのでした。これぞ酒飲みの無駄なカップリング愛といったところでしょうか。

 




関連記事

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

葱爆羊肉

葱爆羊肉、大根のサラダ献立。

ずっとチャレンジしたいと考えていた羊肉料理、ようやく作りました。 普段自宅で調理する肉

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

にんじんの煮物献立

晩酌献立 にんじんと牛肉の塩煮、小松菜のからし和え。

台南で牛肉湯という料理を初めて食べました。 関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文

記事を読む

スナップえんどうの卵和え

白菜と豚肉の重ね蒸し、スナップえんどうの卵和え献立。

スナップえんどうは今や年がら年中食べられる定番食材です。それでも青々丸々とした豆が食卓にあ

記事を読む

気持ちいいことがやめられない。

By: sara.lauderdale[/caption] 未だに新規購入を我慢しています。

記事を読む

秋の晩酌メニュー

家飲みメニュー 舞茸のホイル焼き、小松菜と塩昆布のサラダ。

ワインを買いに出かけて結局ワインを買わずに帰宅。 なぜなら、スーパーの寒さですっかりワ

記事を読む

休肝日ごはん 豚汁、かぶのしょうが炒め献立

酒を飲む人はどれくらいの頻度で休むのか。

休肝日ならぬ、休肝週を久しぶりに敢行。 酒を飲まない夜はそれ自体を「もの珍しいイベント

記事を読む

砂肝の酒炒り献立

砂肝の酒炒り、小松菜の塩昆布白和え献立。

本日のメインは、砂肝。 いつもは塩味で炒めたり、ポン酢漬けにして食べることが多い食材

記事を読む

休肝日の献立 せりの味噌汁

休肝日ごはん 小松菜の納豆和え、せりと揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。かつては 「酒が飲めないならごはんも食べたくない」 などと恐ろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑