豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

公開日: : 最終更新日:2018/11/22 家飯, 食べること ,

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。

脳内で献立を組み立て、解凍した豚肉を確認してあらびっくり。3枚あると思っていたのに、2枚しかないじゃないか。

2枚。微妙な量だな。

しかし肉少しに野菜たっぷり、は我が食卓のお約束。肉が少ない分、ねぎをどっさり食べることにしたのでした。

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたしで晩酌

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立

  • ほうれん草と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • きのこと水菜のおひたし
  • 豚ロースの梅ねぎ焼き

ほうれん草と油揚げの味噌汁

ほうれん草と油揚げの味噌汁

ほうれん草と油揚げの味噌汁、出汁は昆布とえのきのゆで汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツの芯とにんじん。肉だけじゃなくて、ぬか床の中身も思ってたより少なくて、やや寂しい感じになってしまいました。

きのこと水菜のおひたし

きのこと水菜のおひたし

ゆでたえのきと水菜を薄味の出汁しょうゆにひたし、うつわに盛って鰹節とすだちを添えます。

豚ロースの梅ねぎ焼き

フライパンに油を引き、塩と酒で下味をつけておいた豚ロース肉を入れ焼きます。肉に火が通ったら取り出して残った油を軽く取り除き、酒、みりん、叩いた梅干し、荒く潰した粒胡椒を入れさっと煮ます。斜め薄切りにして水にさらしておいた白ねぎを加え、ひと混ぜしてしんなりしたところを豚肉にのせます。

梅と豚肉の組み合わせならばしょうゆ味の照り焼きもアリ。

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

でも今日はねぎたっぷりミッションがあったので、ねぎが引き立つよう、粒胡椒をアクセントにしつつ梅の塩気のみで勝負したというわけ。おひたしもしょうゆ味だったしね。

ギリギリ辛味が消えてまだしゃっきり感の残る白ねぎを肉で巻き、吟醸酒をひやで。狙い通りの仕上がりににっこりです。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日唯一の失敗は張り切り過ぎた肉の筋切。そんなに細かく切れ目入れなくてもいいでしょうに、何を考えておるのだ。せっかく旨いつまみができたのに、見た目が気持ち悪いじゃないか。

そして本日もまたすだちと梅の酸味かぶせ。事前に把握していたのだけれど、きのこ+すだちも豚肉+梅もいずれのペアも引き離す気にはなれなかったのでした。これぞ酒飲みの無駄なカップリング愛といったところでしょうか。

 




関連記事

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

塩つくね

焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。 と勘違いして酒を買わずに帰宅し

記事を読む

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

花錦戸のまつのはこんぶ、取扱店とお取り寄せ。

年末、新幹線で大阪に到着してまず向かったのは梅田の阪急百貨店。 関西在住の両親に東京土

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め

ぬか漬けの卵炒め、塩昆布キャベツ献立。

ぬか床に漬かっている野菜の切れ端を食べ切ってしまいたい、そんな時に使えるのが炒め技。

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

焼きじゃがいも大葉和え

毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばクレーム頻発であろう我が家の定番

記事を読む

釜揚げえび入りそら豆ごはん

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

そら豆のおすそ分けをいただきました。今年はまだ家で食べていなかったので、ありがたい。

記事を読む

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全国ツアー 今回は高知の酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑