豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

公開日: : 最終更新日:2018/11/22 家飯, 食べること ,

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。

脳内で献立を組み立て、解凍した豚肉を確認してあらびっくり。3枚あると思っていたのに、2枚しかないじゃないか。

2枚。微妙な量だな。

しかし肉少しに野菜たっぷり、は我が食卓のお約束。肉が少ない分、ねぎをどっさり食べることにしたのでした。

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたしで晩酌

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立

  • ほうれん草と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • きのこと水菜のおひたし
  • 豚ロースの梅ねぎ焼き

ほうれん草と油揚げの味噌汁

ほうれん草と油揚げの味噌汁

ほうれん草と油揚げの味噌汁、出汁は昆布とえのきのゆで汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツの芯とにんじん。肉だけじゃなくて、ぬか床の中身も思ってたより少なくて、やや寂しい感じになってしまいました。

きのこと水菜のおひたし

きのこと水菜のおひたし

ゆでたえのきと水菜を薄味の出汁しょうゆにひたし、うつわに盛って鰹節とすだちを添えます。

豚ロースの梅ねぎ焼き

フライパンに油を引き、塩と酒で下味をつけておいた豚ロース肉を入れ焼きます。肉に火が通ったら取り出して残った油を軽く取り除き、酒、みりん、叩いた梅干し、荒く潰した粒胡椒を入れさっと煮ます。斜め薄切りにして水にさらしておいた白ねぎを加え、ひと混ぜしてしんなりしたところを豚肉にのせます。

梅と豚肉の組み合わせならばしょうゆ味の照り焼きもアリ。

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

でも今日はねぎたっぷりミッションがあったので、ねぎが引き立つよう、粒胡椒をアクセントにしつつ梅の塩気のみで勝負したというわけ。おひたしもしょうゆ味だったしね。

ギリギリ辛味が消えてまだしゃっきり感の残る白ねぎを肉で巻き、吟醸酒をひやで。狙い通りの仕上がりににっこりです。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日唯一の失敗は張り切り過ぎた肉の筋切。そんなに細かく切れ目入れなくてもいいでしょうに、何を考えておるのだ。せっかく旨いつまみができたのに、見た目が気持ち悪いじゃないか。

そして本日もまたすだちと梅の酸味かぶせ。事前に把握していたのだけれど、きのこ+すだちも豚肉+梅もいずれのペアも引き離す気にはなれなかったのでした。これぞ酒飲みの無駄なカップリング愛といったところでしょうか。

 




関連記事

砂肝の葱ダレ和え

家飲み献立 2/4 砂肝の葱ダレ和え、三つ葉のサラダ。

昨夜見るぞ!と宣言していた満月ですが、残念ながら見れませんでした。 うぅ。 曇り

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

いやあ、いい天気でしたね。 暦の上ではもう秋。 とはわかっているんですが、青空と

記事を読む

新じゃがと新たまねぎの温サラダ献立

新じゃがと新たまねぎの温サラダ、酒粕鶏団子汁献立。

何度か野菜を漬けた味噌と酒粕の漬け床。 関連 鯖納豆、酒粕漬け献立。 下漬けした

記事を読む

豚肉とにんじんのにんにく焼き

豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例えば、牛肉の出汁で煮る、など。に

記事を読む

蒸しなす冷しゃぶ献立

これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲むには、ギリギリの時期ですかね。

記事を読む

にらとえのきの卵とじ献立

にらとえのきの卵とじ、きんぴらごぼう献立。

薄い薄いささがきごぼうって、旨いなあと思います。 ごぼうのしぐれ煮、水菜の煮びたし献立

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

葱と卵の炒めもの献立

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

困った時の卵炒めです。 葉野菜の値段にぶるぶる震える中、大好きな白葱がいい感じの太さに

記事を読む

家飲み献立 10/20 蒸し野菜のごま塩だれ、豆腐の生姜あんなど。

今朝の天気予報では夕方曇るものの雨は降らない様子だったので安心して出かけたらどんどん雲行きが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑