もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

公開日: : 家飯

豚肉と白菜のゆず蒸し献立

さっさと作りたい、ほったらかしにしたい、野菜山盛り頬張りたい、でも旨くなきゃいやだ。

そんなわがままを叶えてくれる料理といえば、おなじみフライパン蒸しですね。

たっぷりの葉野菜と、いくばくかの肉や魚をフライパンに放り込み、蓋をしてほうっておく。それだけで大体のことはなんとかなる。

まったく、素晴らしいですね。

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。
  • キャベツとえのきの味噌汁
  • 石狩漬け
  • もずく豆腐
  • 白菜と豚肉のゆず蒸し

キャベツとえのきの味噌汁

キャベツとえのきの味噌汁

ざく切りにしたキャベツとえのきをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布。

石狩漬け

石狩漬け

こちらは先日のいただきものの残りもの。

もずく豆腐

もずく豆腐

昆布出汁であたためた豆腐ともずくをうつわに盛り、出汁しょうゆをはります。千切りしょうがを添えて。

白菜と豚肉のゆず蒸し

白菜と豚肉のゆず蒸し

フライパンに出汁昆布を入れ、一口大に切った白菜と塩で下味をつけた豚ロース薄切り肉を交互に敷き詰め、酒をまわしかけます。ふたをして火にかけ、白菜がくったりとしてカサが減ったところにゆず果汁を搾りいれ、皮も入れてさっと火を通し、香りを立たせたら完成。黒七味を振っていただきます。

ゆずが余っていたので入れたけど、もちろんゆずなしでポン酢をかけて食べてもよし。本日は副菜のもずく豆腐のしょうゆ味との味かぶり回避の意味合いもあり、塩味のみで仕上げました。

ちなみに、豆腐に使った出汁しょうゆは、しょうゆに昆布や鰹節を漬け込んで保存しているもの。湯で薄めてつけ出汁として使いました。

日本酒にあうおつまみレシピ

白菜と豚肉を重ねて蒸す、この時期定番の組み合わせ。いくらでも食べられてしまいそうな軽さで、寒い時期のつまみとしても優秀ですね。

キャベツや小松菜、ねぎなんかのフライパン蒸しも旨いんだけど、王者はやはり白菜でしょうか。安くて旨いし、これぞ冬の味覚って感じがするもんね。

大人世代がひとりで暮らす




関連記事

新ごぼうとベーコンの炒めもの

新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

金魚です。 今日はベーコンを使った炒めもの。じゃあ日本酒よりソーダ割のほうがいいな、と

記事を読む

ささみの葱塩ダレ

ささみの葱塩ダレ、キャベツの卵焼き献立。

ささみってアスリートの食材って感じしますよね。 しませんか。 高たんぱく低脂肪で

記事を読む

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。 とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、

記事を読む

れんこんのきんぴら献立

れんこんのきんぴら、キャベツとツナの塩昆布和え献立。

年が明けてからもしばらくは去年の晩酌献立ストックを放出しておりました。よって、本日更新分から

記事を読む

坊ちゃんかぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソース献立。

今回のかぼちゃは、坊ちゃんかぼちゃです。 通常サイズのかぼちゃをまるまる1個購入する勇

記事を読む

レッドキャベツのあえるだけパスタ、小松菜のチキンスープ献立。

ここのところ連続登場しているレッドキャベツ。レッドキャベツの甘酢漬け煮たり焼いたりゆでたり

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 週末はワインで。

毎週毎週土曜日になったら同じ画像ばっかり載せやがって! 見飽きたわ! と言われそ

記事を読む

ニラ餃子とビール

ニラ餃子、ぬか漬けで家飲み。

あれ、もしかして今季初ビールでしょうか。初ビールですね。 そして餃子が登場するのも初め

記事を読む

にんじんと青梗菜のツナ炒め レシピ

家飲み献立 2/26 にんじんと青梗菜の炒め物、三つ葉と葱のサラダ。

近頃やたらお腹が空くんだけど、成長期かしら。← 家でご飯や麺類を殆ど食べない生活ゆえに

記事を読む

三つ葉と油揚げの炒め物

晩酌献立 三つ葉と油揚げの炒めもの、大根のスープ。

三つ葉の独特の香りが苦手、という方も多いでしょうか。 香り自体はなかなかどうして強く主張するの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑