もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

公開日: : 家飯

豚肉と白菜のゆず蒸し献立

さっさと作りたい、ほったらかしにしたい、野菜山盛り頬張りたい、でも旨くなきゃいやだ。

そんなわがままを叶えてくれる料理といえば、おなじみフライパン蒸しですね。

たっぷりの葉野菜と、いくばくかの肉や魚をフライパンに放り込み、蓋をしてほうっておく。それだけで大体のことはなんとかなる。

まったく、素晴らしいですね。

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。
  • キャベツとえのきの味噌汁
  • 石狩漬け
  • もずく豆腐
  • 白菜と豚肉のゆず蒸し

キャベツとえのきの味噌汁

キャベツとえのきの味噌汁

ざく切りにしたキャベツとえのきをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布。

石狩漬け

石狩漬け

こちらは先日のいただきものの残りもの。

もずく豆腐

もずく豆腐

昆布出汁であたためた豆腐ともずくをうつわに盛り、出汁しょうゆをはります。千切りしょうがを添えて。

白菜と豚肉のゆず蒸し

白菜と豚肉のゆず蒸し

フライパンに出汁昆布を入れ、一口大に切った白菜と塩で下味をつけた豚ロース薄切り肉を交互に敷き詰め、酒をまわしかけます。ふたをして火にかけ、白菜がくったりとしてカサが減ったところにゆず果汁を搾りいれ、皮も入れてさっと火を通し、香りを立たせたら完成。黒七味を振っていただきます。

ゆずが余っていたので入れたけど、もちろんゆずなしでポン酢をかけて食べてもよし。本日は副菜のもずく豆腐のしょうゆ味との味かぶり回避の意味合いもあり、塩味のみで仕上げました。

ちなみに、豆腐に使った出汁しょうゆは、しょうゆに昆布や鰹節を漬け込んで保存しているもの。湯で薄めてつけ出汁として使いました。

日本酒にあうおつまみレシピ

白菜と豚肉を重ねて蒸す、この時期定番の組み合わせ。いくらでも食べられてしまいそうな軽さで、寒い時期のつまみとしても優秀ですね。

キャベツや小松菜、ねぎなんかのフライパン蒸しも旨いんだけど、王者はやはり白菜でしょうか。安くて旨いし、これぞ冬の味覚って感じがするもんね。

大人のたのしい一人暮らし




関連記事

豚の梅しそ蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

これは大葉が余るかもしれない。 家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が

記事を読む

肉豆腐献立

晩酌献立 肉豆腐、菜の花の辛子和え。

昨日は恒例の休肝日でした。 関連 休肝日を取っても意味がない、眠れない? おおお

記事を読む

家飲み献立 12/20 塩手羽大根、なめこ湯豆腐。

今朝改めてカレンダーを確認してびっくり。思わず二度見。 なんと、もう20日とは! 12月も

記事を読む

秋鮭とじゃがいものグラタン

秋鮭とじゃがいものグラタンで白ワイン。

ワンパターン、とまではいかないけれど、スリーパターンくらいしかないじゃないですか、うちの晩

記事を読む

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、キャベツの香味醤油和えで晩酌。

ゴーヤ2日目は定番のゴーヤチャンプルーで。 と言っても具材がかなりシンプルであんまりチ

記事を読む

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

ステーキサラダ献立

ステーキサラダ、トマトと新玉ねぎのスープ献立。

ステーキフリットという控えめに言って悪魔のような食べ物がありますが、魅力的であることは認めま

記事を読む

小松菜と豚肉の卵炒め、きのこのネギ塩和えで紹興酒。

中華的なメニュー構成で紹興酒にしました。 紹興酒は外でもそんなに飲まないし家では料理用

記事を読む

きつね納豆で晩酌

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑