手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/11/14 家飯, 食べること

手羽先とキャベツの酒蒸し

調理していて気がついたのですが、最近粒胡椒の存在を忘れておりました。

摩訶不思議なレアものスパイスならばいざ知らず、王道も王道のブラックペッパーをなぜ忘れるかな。

基本的に胡椒はあらびき胡椒を使っているのでつい無意識のうちににパパパッと振ってしまうのですが、こういう蒸し物系とか煮込みにはホールを叩いたものを使うのがいいんですよ。

ごめんねホールちゃん、もう置き去りにしたりしないから。

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダで晩酌

手羽先とキャベツのにんにく蒸し、蕪とツナのサラダ

  • 白菜漬け
  • えのきと豆苗の味噌汁
  • 蕪とツナのサラダ
  • 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

えのきと豆苗の味噌汁

えのきと豆苗の味噌汁

えのきから出る出汁のみで作る味噌汁。青みに豆苗をたっぷり入れました。

蕪とツナのサラダ

蕪とツナのサラダ

蕪は薄切りにして葉と一緒に塩もみしてから洗って水気を切ります。ツナ、マヨネーズ、塩昆布、酢を混ぜ合わせたドレッシングで蕪を和えたら完成。作りたても、しばらくなじませてしんなりした感じも美味。

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

フライパンに油を引き塩で下味をつけた手羽先と皮目から焼き潰したにんにくも加えて両面焼き色がつくまで焼いて一旦取り出します。フライパンの油を拭いてからくし形に切ったキャベツ、焼いた手羽先とにんにくをいれ叩き割った粒胡椒、塩、酒を回しかけ蓋をして再度火にかけキャベツが柔らかくなったら完成。

この手の野菜+肉or魚の蒸し焼きが好き過ぎて週1位の割合で食べている気満々なんですが、今調べてみたらそうでもなかった。均したら月に1回程度でしょうか。それでも多いか。今回は手羽先を使いましたがもも肉でもいいし、にんにくじゃなくてしょうがを使ってもよし。なんでもよし。但し、この世の中には組み合わせの妙というものが存在します。

日本酒にあうおつまみレシピ

ところで2016年に突如巻き起こった空前のえのきブーム。40余年の人生で初めて経験するえのきブームですよ。もちろん単なるマイブームですが、今調べたらえのきを含む献立記事は30。うち2016年中のものが24ってえのきブームすごい。何きっかけになったのか我ながら不明ですが、もしかしたらきのこスープの気持ちよさで火がついたのかしら。

関連 旅行太り解消、3日で元に戻すリセット方法。

今はこのえのき出汁味噌汁のとろりとした奥ゆかしさにどハマり中でこればっかり食べてますが、同じものを偏って食べ続けるのはよくないので毎日えのき山盛り味噌汁だけ、みたいなことにはならないように気をつけます。まあつまみあれこれちょこちょこちびちびやりたい派なのでその心配はない、かな。

 




関連記事

さつまいものグラタンで赤ワイン

さつまいもときのこのグラタン、キャベツの温サラダで赤ワイン

グラタンが恋しい季節がやってまいりました。 近頃はめっきり日本酒贔屓なこともあり、普段

記事を読む

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

ピーマンの塩炒め

ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮献立。

副菜に肉が入ってるし、冷奴の大豆たんぱくもあるし、こりゃ今日のメインは野菜だなー。ピーマン焼

記事を読む

砂肝とねぎの塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。

記事を読む

焼き油揚げのねぎ酢醤油

キャベツのわさび白和え、焼き油揚げのねぎ酢醤油献立。

肉や魚、卵といった王者の風格漂う食材をメインに据えない献立を作りがちです。焼き野菜とか。油

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

親子煮のレシピと献立

親子煮、セロリの塩昆布和え献立。

本日は蕎麦屋飲み風のつまみ、親子煮で一杯やりましょう。 蕎麦屋といえば先日、久しぶりに

記事を読む

肉じゃが

肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。 ならばどこへ向かおうか、とあ

記事を読む

鶏と水菜の酒蒸し 献立

鶏と水菜の酒蒸し、トマト納豆。

今日は珍しく遅いランチで、おまけにデザートまでしっかり食べちゃったものだからお腹が減らず。

記事を読む

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑