焼きれんこん、豚とほうれん草のからし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼きレンコン献立

毎度おなじみ、焼き野菜の献立です。

本日はれんこんで。

薄く切ってサラダにしたり、しゃっきりした炒めものにしたり、すりおろしてもっちり蒸しものにしたりと案外使い勝手のいいれんこん。

中でもいちばん手軽で旨いのは、焼きれんこん。油をまとわせてフライパンでじっくり焼くだけで立派なメイン料理になるのはありがたいです。

焼きれんこん、豚とほうれん草のからし和えで家飲み

焼きれんこん、豚とほうれん草のからし和え

  • 卵ときのこの黒酢スープ
  • キャベツの梅和え
  • 豚とほうれん草のからし和え
  • 焼きれんこん

卵ときのこの黒酢スープ

卵ときのこの黒酢スープ

豚肉のゆで汁でえのきを煮たら水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を投入。ふんわりと固まったら黒酢、胡椒、ごま油で味付けします。

キャベツの梅和え

キャベツの梅和え

ゆでて水気を絞ったキャベツと叩いた梅干しをあわせたもの。漬もの代わりの箸休めに。

豚とほうれん草のからし和え

豚とほうれん草のからし和え

だししょうゆにからしを溶いたものでゆでたほうれん草と豚肉を和えます。

焼きれんこん

焼きれんこん

輪切りにしたれんこんにオリーブオイルをまぶしてフライパンでじっくり焼きます。両面焼き色がついて中まで火が入ったらうつわに盛ってうまみオイルをのせて完成。

この手の焼き野菜は大ぶり・厚めに切るのがいい。焼き上がりに少々時間がかかってしまうけれど、野菜をもぐもぐ頬張っているぞという満足感が得られるし、単純に旨いのです。合わせる酒を迷ったので、焼酎お湯割りで。

焼酎を飲む日のつまみ

最近うまみオイルをよく使っています。ほうっておくと基本的な調味料だけで日々過ごしてしまう癖があるもので、意識してあれこれ試さないと使い切れないかなと思いましてね。せっかくいただいたものだしね。

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

よって、本日の焼きれんこんもこのオイルが必須というわけではなく、なければ粗塩と胡椒だけの味付けで十分おいしいです。

調味料といえば、最近しょうゆをひとつ増やしました。今日も使っているだししょうゆがそれで、空き瓶に出汁昆布、鰹節、頭とお腹を取り除いてさいた煮干しを入れてしょうゆをひたひたに注いだもの。これをお湯で割ったり他の調味料とあわせたりして使います。

あわせ調味料とか手作りソースあたりは大量に作っても結局使い切れいないので極力避けているのですが、しょうゆはそうすぐにダメになるもんじゃなし、問題ないかと。常備しているにんにくしょうゆと同じような位置づけですね。

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

こちらも注ぎ足しながら、具を取り替えながら、細々と使っていきましょう。

 




関連記事

いり焼き豆腐

いり焼き豆腐、蒸し鶏ネギだれ。

さて、夕食の準備でもするか。 という段階になってから急遽メニューを変更しました。

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

ズッキーニのレシピと献立

新しい出会いを阻む思い込み。

この夏、いきなりズッキーニが好きになりました。 食べたことはあるけれど、積極的には手

記事を読む

石鍋商店で出会う東京のくず餅 東京散歩・北区。

飛鳥山公園の紫陽花散策、続きです。 東京散歩と言えば、出先で酒を飲むのがお約束になって

記事を読む

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

晩酌献立 白菜のうま煮、塩蛸ぶつ。

白菜ももうそろそろ終了ですかね。 もうちょっと漬物が食べたいので白菜漬けの仕込みは確定

記事を読む

たらこ豆腐丼献立

休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツの味噌汁献立。

ギョラン〜、ギョラン〜。本日はギョランが大特価〜。 昔、近所のスーパーで定期的に開催さ

記事を読む

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

先日書いた千葉の酒・五人娘。 関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生

記事を読む

豚しゃぶ香味ダレ

豚しゃぶ香味ダレ、切り昆布の煮物。

今日は少し遠くにある安くて品揃え豊富なスーパーに寄れたので、珍しく食材をまとめ買い。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑