バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

公開日: : 最終更新日:2016/11/24 旅人への道, 食べること

バルセロナのバル

スペインの旅記録です。

関連 バルセロナ・マドリードの旅2015

今回はバルセロナでもマドリードでもあらかじめ目当ての店を予約したり目星をつけたりといったことはほぼせずに、気分の赴くままに行き当たりばったりに出会った店に突撃する、というスタイルを取りました。

事前にあれこれ情報は集めていたのですが、予定外にふらっと立ち寄る楽しさってあるし、何よりこの街ではよっぽどのことがない限り大きなハズレはナシ、と早い段階で判断したためです。

バルセロナのバル、レストランと食べたもの

サグラダファミリア

まずはバルセロナから。

到着後すぐに滞在したホテル、Casa Gracia Hostelの1Fにあるレストランは雰囲気も良くお値段もお手ごろでかなりおすすめ。

生ハムとアーティチョーク

パンコントマテ

生ハムとアーティチョーク、ドライトマトのコロッケ、パンコントマテなど。あれこれちょこちょこつまんでワイン飲んで35ユーロでした。

このホテルの裏手は遅くまで賑わう表通りとは打って変わってローカルなエリア。
普通の庶民派スーパーや安いバルがあるよ、とレセプションのお姉さんが教えてくれたのでちょっと探検してみることに。

cancodina4

cancodina2

ふらっと入ったCAN CONDINAというバル。
確かに表通りの華やかなレストラン群とは全然違うローカルな雰囲気です。

cancodina3

メニューを見てもよくわからなかったのでショーケースにあるタパスや素材を見ながらあれこれオーダー。彼が一生懸命説明してくれました。

ここでは魚介のマリネやコロッケ、ちょっぴり辛い野菜のソースがかかったバル定番のポテトフライ、パタタスブラバスなどをいただいたのですが、またしてもデータが消滅。なぜだ。

cancodina

お子様連れのご近所さんが家族で食事を楽しんでいたり、若い女性2人組が延々お喋りしていたり。
なんだかのどかなバルでした。

サグラダファミリアの後に軽く一杯

サグラダファミリア

少し天気が悪いのが残念でしたが。

サグラダファミリア

spain

朝一でサグラダファミリアを堪能した後はすぐそばのバルで軽めの昼食を。

spainfood10

昼からビール。

ホールのお兄さんがおすすめしてくれた牛フィレ肉のタパスが美味しかったのだけれど、なぜかデータが壊れてしまって写真がない。ショック。場所柄おそらく観光客相手のなんてことない店なのでしょうが、ここもなかなか安くて美味しかったので

「もしかして、そんなにハズレのバルはないのかもね」

と思ったのでした。

そういやバルセロナでお会いした現地在住の日本人女性も

「こっちの友達と集まる時ってわざわざ遠くの店まで出かけたりしませんよ。みんなの家の近所のバルに行こう、とか、今日は誰々の家に集まろう、とかそんな感じ。」

って言ってたっけ。
もちろん話題のレストランも多いし食べ歩きが趣味の人もいるだろうけど、おそらくバルやレストランのレベルがおしなべて高いから「わざわざ」店を選ばなくても幻滅するような事故はないのかもね。推測ですが。

気軽に楽しむパエリアランチ

spainfood28

spainfood29

クリスマス時期で閉まっているレストランが多かったのがちょっと残念だったバルセロナ。
それでもランブラス通りは開いている店もおまけにパフォーマーもたくさんで賑わっており助かりました。

spainfood26

米だ米、パエリアが食べたい!
という友人のリクエストもあってふらっと入った店。ランブラス通りのレストランがずらりとテントを並べている中に選べるタパス2つとパエリアのセットというランチメニューを出している店がありました。このあたりは観光客向けにこういうセットメニューを準備している店が多いのでしょうね。

spainfood27

せっかくだから違う種類オーダーしようよ、ということでシーフードのパエリアとチキンとシーフードのミックスを頼んでみましたが味の違いはあまりわからず。しかしこういうランチメニューはあれこれ試したい旅行者にはありがたいですね。

バルセロナ人気のバルは大行列

casagracia38

マドリードから戻ったバルセロナ最終日。
少し前にバルセロナに来ていた友人のおすすめとあって予めチェックしていたバルCIUDAD CONDAL。クリスマスはお休みだったので再チャレンジ!とばかりに行ってみたのですが

spainfood30

大行列。
待っている客をさばいていたお姉さんに何分待ち?と聞くと「15分」という返事が返ってきましたが、んなわけない。ってくらい並んでました。最後の夜、貴重な時間を列に並ぶのに費やしたくはないので潔く退散。また今度ね。

spainfood31

ということで周辺をあちこち見回って通り挟んで向かい側にあったカジュアルなタパスバーにイン。ここではカヴァを連打しました。グラスで3.5ユーロ。

spainfood32

spainfood33

生ハムとタコのガリシア風。
マドリードのサンミゲル市場で見かけてものすごく食べたかったのだけど何しろ盛りが良すぎて敬遠していた一品、ここは嬉しいハーフサイズがありました。タコが驚きの柔らかさで美味。

spainfood34

マドリードでどハマりしたししとうアゲイン。我が人生でこれほどししとうを摂取した週があったであろうか、いやない。

spainfood35

かなりいい感じで酔ってきて、パエリア。
ここのは米が硬めでかなりシャバシャバなタイプでした。食べ比べるといろいろ違うんだろうね。食事回数が限られている短期旅行、現地文化にほんのちょっと足を踏み入れたところでさよならとなるのが辛いところです。

バルセロナはカジュアルなタイプのバルがたくさんあるので女性一人旅でもスペインの食文化を楽しめる街だと感じます。バルならサクッと軽食的につまめるものが多いから一人でもあれこれオーダーできるし、なんならハシゴ酒もいい感じ。それでもせっかくだから誰かと一緒に食事したいとかバルセロナっ子が集うローカルな店に足を踏み入れてみたい!なんて場合はバル巡りツアーに参加するのも楽しそう。

関連 スペイン・マドリードのバル巡り(VERTRA)

現地在住のガイドさんと一緒なら夜間の一人歩きが不安な女性一人旅でも安心して夜遊びにチャレンジできますね。

スペインの食レポート、長くなったのでマドリード編に続きます。

関連 サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

 




関連記事

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

芳水 純米カップ

徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶまれた日本酒ツアー、無事再開であ

記事を読む

塩豚とれんこんの蒸し焼き、キャベツの塩昆布和え。

なんだか久しぶりの家飯な気がしたけど、そうでもなかった。 週末は家を空けることが多く、

記事を読む

鶏出汁春雨

鶏出汁春雨、蕪の梅サラダで家飲み。

先日作った蒸し鶏の副産物、鶏スープでたっぷりの野菜を煮て1品。 と思っていたのに、出来上が

記事を読む

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、かぶの梅わさび和え献立。

あたたかい豆腐料理でいちばん手軽なのは、湯豆腐でしょうか。もしくは、温やっこ。 そのい

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

大根と豚肉の梅しそ炒め

大根と塩豚の梅しそ炒め、春雨サラダで家飲み。

よい献立はそれぞれの料理のバランスが取れているもの。 例えば野菜と肉か魚、豆類、海藻で

記事を読む

サルディーニャス・アサーダス

いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

焼いたいわしに、じゃがいもを添える。 何かの本で読んだこの料理がずっと頭に残っていたの

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

柏餅をひとつだけ買えるか。

柏餅が食べたい。 もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑