バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

公開日: : 最終更新日:2016/11/24 旅人への道, 食べること

バルセロナのバル

スペインの旅記録です。

関連 バルセロナ・マドリードの旅2015

今回はバルセロナでもマドリードでもあらかじめ目当ての店を予約したり目星をつけたりといったことはほぼせずに、気分の赴くままに行き当たりばったりに出会った店に突撃する、というスタイルを取りました。

事前にあれこれ情報は集めていたのですが、予定外にふらっと立ち寄る楽しさってあるし、何よりこの街ではよっぽどのことがない限り大きなハズレはナシ、と早い段階で判断したためです。



バルセロナのバル、レストランと食べたもの

サグラダファミリア

まずはバルセロナから。

到着後すぐに滞在したホテル、Casa Gracia Hostelの1Fにあるレストランは雰囲気も良くお値段もお手ごろでかなりおすすめ。

生ハムとアーティチョーク

パンコントマテ

生ハムとアーティチョーク、ドライトマトのコロッケ、パンコントマテなど。あれこれちょこちょこつまんでワイン飲んで35ユーロでした。

このホテルの裏手は遅くまで賑わう表通りとは打って変わってローカルなエリア。
普通の庶民派スーパーや安いバルがあるよ、とレセプションのお姉さんが教えてくれたのでちょっと探検してみることに。

cancodina4

cancodina2

ふらっと入ったCAN CONDINAというバル。
確かに表通りの華やかなレストラン群とは全然違うローカルな雰囲気です。

cancodina3

メニューを見てもよくわからなかったのでショーケースにあるタパスや素材を見ながらあれこれオーダー。彼が一生懸命説明してくれました。

ここでは魚介のマリネやコロッケ、ちょっぴり辛い野菜のソースがかかったバル定番のポテトフライ、パタタスブラバスなどをいただいたのですが、またしてもデータが消滅。なぜだ。

cancodina

お子様連れのご近所さんが家族で食事を楽しんでいたり、若い女性2人組が延々お喋りしていたり。
なんだかのどかなバルでした。

サグラダファミリアの後に軽く一杯

サグラダファミリア

少し天気が悪いのが残念でしたが。

サグラダファミリア

spain

朝一でサグラダファミリアを堪能した後はすぐそばのバルで軽めの昼食を。

spainfood10

昼からビール。

ホールのお兄さんがおすすめしてくれた牛フィレ肉のタパスが美味しかったのだけれど、なぜかデータが壊れてしまって写真がない。ショック。場所柄おそらく観光客相手のなんてことない店なのでしょうが、ここもなかなか安くて美味しかったので

「もしかして、そんなにハズレのバルはないのかもね」

と思ったのでした。

そういやバルセロナでお会いした現地在住の日本人女性も

「こっちの友達と集まる時ってわざわざ遠くの店まで出かけたりしませんよ。みんなの家の近所のバルに行こう、とか、今日は誰々の家に集まろう、とかそんな感じ。」

って言ってたっけ。
もちろん話題のレストランも多いし食べ歩きが趣味の人もいるだろうけど、おそらくバルやレストランのレベルがおしなべて高いから「わざわざ」店を選ばなくても幻滅するような事故はないのかもね。推測ですが。

気軽に楽しむパエリアランチ

spainfood28

spainfood29

クリスマス時期で閉まっているレストランが多かったのがちょっと残念だったバルセロナ。
それでもランブラス通りは開いている店もおまけにパフォーマーもたくさんで賑わっており助かりました。

spainfood26

米だ米、パエリアが食べたい!
という友人のリクエストもあってふらっと入った店。ランブラス通りのレストランがずらりとテントを並べている中に選べるタパス2つとパエリアのセットというランチメニューを出している店がありました。このあたりは観光客向けにこういうセットメニューを準備している店が多いのでしょうね。

spainfood27

せっかくだから違う種類オーダーしようよ、ということでシーフードのパエリアとチキンとシーフードのミックスを頼んでみましたが味の違いはあまりわからず。しかしこういうランチメニューはあれこれ試したい旅行者にはありがたいですね。

バルセロナ人気のバルは大行列

casagracia38

マドリードから戻ったバルセロナ最終日。
少し前にバルセロナに来ていた友人のおすすめとあって予めチェックしていたバルCIUDAD CONDAL。クリスマスはお休みだったので再チャレンジ!とばかりに行ってみたのですが

spainfood30

大行列。
待っている客をさばいていたお姉さんに何分待ち?と聞くと「15分」という返事が返ってきましたが、んなわけない。ってくらい並んでました。最後の夜、貴重な時間を列に並ぶのに費やしたくはないので潔く退散。また今度ね。

spainfood31

ということで周辺をあちこち見回って通り挟んで向かい側にあったカジュアルなタパスバーにイン。ここではカヴァを連打しました。グラスで3.5ユーロ。

spainfood32

spainfood33

生ハムとタコのガリシア風。
マドリードのサンミゲル市場で見かけてものすごく食べたかったのだけど何しろ盛りが良すぎて敬遠していた一品、ここは嬉しいハーフサイズがありました。タコが驚きの柔らかさで美味。

spainfood34

マドリードでどハマりしたししとうアゲイン。我が人生でこれほどししとうを摂取した週があったであろうか、いやない。

spainfood35

かなりいい感じで酔ってきて、パエリア。
ここのは米が硬めでかなりシャバシャバなタイプでした。食べ比べるといろいろ違うんだろうね。食事回数が限られている短期旅行、現地文化にほんのちょっと足を踏み入れたところでさよならとなるのが辛いところです。

バルセロナはカジュアルなタイプのバルがたくさんあるので女性一人旅でもスペインの食文化を楽しめる街だと感じます。バルならサクッと軽食的につまめるものが多いから一人でもあれこれオーダーできるし、なんならハシゴ酒もいい感じ。それでもせっかくだから誰かと一緒に食事したいとかバルセロナっ子が集うローカルな店に足を踏み入れてみたい!なんて場合はバル巡りツアーに参加するのも楽しそう。

関連 スペイン・マドリードのバル巡り(VERTRA)

現地在住のガイドさんと一緒なら夜間の一人歩きが不安な女性一人旅でも安心して夜遊びにチャレンジできますね。

スペインの食レポート、長くなったのでマドリード編に続きます。

関連 サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

 




関連記事

カシラの塩焼きねぎダレ

カシラの塩焼きねぎダレ、紫大根のサラダ献立。

紫大根ってすごい色ですね。なんという鮮やかさ。 めったにお目にかかることはないこの大根

記事を読む

180926_ienomi_7

坊ちゃんかぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソース献立。

今回のかぼちゃは、坊ちゃんかぼちゃです。 通常サイズのかぼちゃをまるまる1個購入する勇

記事を読む

茄子とトマトのバジル炒め

茄子とトマトのバジル炒め、キャベツの生姜醤油和え。

絶賛粗食生活満喫中、及び必要最低限の調味料しか持たない、さらに普通の食材を使う、がモットーの

記事を読む

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

イカ焼き 献立

イカの黒七味焼き、トマトと大葉のサラダ。

焼きイカに縁のない人生を送ってきました。 お祭りの夜店では焼きイカだよね、という方も多

記事を読む

141123d3

家飲み献立 11/23 ベーコンと白菜のスープ。

今夜は少し遅くなってしまったので昨日に引き続き軽めのディナーです。 軽め、といっても酒は呑

記事を読む

秋の晩酌メニュー

家飲みメニュー 舞茸のホイル焼き、小松菜と塩昆布のサラダ。

ワインを買いに出かけて結局ワインを買わずに帰宅。 なぜなら、スーパーの寒さですっかりワ

記事を読む

鶏団子鍋

鶏団子鍋で晩酌。

久しぶりに鍋にするか、と具材を考える。 寒い間は毎日鍋でもいいくらいの鍋好きなんですが

記事を読む

夏野菜の焼き浸し献立

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

エンサイってなんじゃらほい。 馴染みのない青菜だけれど、その姿形はよく知っている。調べ

記事を読む

さば納豆

鯖納豆、にんじんの卵炒め献立。

使い勝手の良い食材ばかりが手元にあると、どう使ってもそれなりの献立が構築できるので、それはそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nerima37
少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり
にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食

sugamo2_25
50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が

セロリ卵炒め
セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油

tainandog9
いい人になる方法。

人は誰しも裏と表の顔があるのが当然で、いついかなる時も誰に対し

→もっと見る

PAGE TOP ↑