静岡の酒 花の舞 特別純米しぼりたてで晩酌 豚肉のはりはり鍋。

静岡の酒 花の舞しぼりたて純米吟醸

日本各地の酒を家で飲むだけというお手軽でたのしいお遊びの時間がやってまいりました。

勝手に日本酒全国ツアー

今回は静岡県。頻繁に飲んでいる気がしていたけれど、静岡の酒は前回の喜久酔以来、4年ぶり2度め。あら、意外。

妙に肌寒い1日だったので、はりはり鍋で晩酌です。

静岡の酒 花の舞 特別純米しぼりたて

静岡の酒 花の舞しぼりたて純米吟醸

静岡県・浜松市の酒、花の舞。こちらは季節限定の新酒・・・といっても、2019年秋発売のもの。

2019年【新酒】純米しぼりたて・特別純米しぼりたて・本醸造初しぼり(花の舞酒造)

フルーティな香りと山田錦の旨味を楽しめる冬限定の「新酒」特別純米原酒です。純米しぼりたてと違い、麹米に静岡県産山田錦を使用している為、より奥深い米の味わいを楽しめます。

普段好んで選ぶタイプと比べると、かなり甘味を感じる酒。なぜ珍しくこの手の酒を飲んでいるのかというと、お土産にいただいたのであります。いつもありがとうございます。

時期外れの寒さでうっかり鍋に合わせてしまいましたが、蔵の方のおすすめは、きのこ料理だとか。リゾットやバター焼きなど、ちょっとコクのある味付けが合うそうな。ということは、グラタンなんかでもいいのかな

さつまいもときのこのグラタン、キャベツの温サラダで赤ワイン

最近ちょくちょく出向く機会があって改めて気づいたのだけど、静岡って都内から少しだけ足を伸ばしたいお出かけにちょうど良すぎますね。近いけど、近すぎなくて、見どころも、旨いものもたくさんある。

天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

落ち着いたらしらすでも食べに行きたい。

静岡の酒 花の舞特別純米しぼりたて データ

蔵元  花の舞酒造株式会社(静岡県・浜松市)
種類  生原酒
精米歩合  60%
日本酒度  +3
酸度  2.4
アルコール度  17.5度

豚肉のはりはり鍋

豚肉のはりはり鍋

  • 奈良漬
  • 豚肉のはりはり鍋

奈良漬

奈良漬
鍋の箸休めとして奈良漬を。

豚肉のはりはり鍋

はりはり鍋

鰹節と昆布で出汁をとり、塩、みりん、しょうゆで薄めに味付けします。豚ロース薄切り肉、油揚げ、あらかじめ戻しておいた春雨を順に煮て、最後にざく切りにした水菜を加えてさっと煮たら完成。黒七味を振っていただきます。

プロのおすすめに反して、きのこも入ってないし、こっくりでもなくひたすらあっさり味の鍋を合わせてしまいました。真冬の鍋ならば当然熱燗を添えるところだけれど、寒くても春、気分は春。ひやでちびちびいきますよ。

日本酒にあうおつまみレシピ

ところで家にいながらにして全国の酒をたのしむというこの試み。今の状況によく似合うお遊びではないでしょうか。

ひとりで家で夕飯食べて酒を飲むことの何が遊びだしょうもない、とバッサリいくことももちろんできますが、ものはいいよう、馬鹿と鋏は使いよう。より朗らかにまいりましょう。




関連記事

家飲み献立 10/9 イカとセロリの中華和え他全5品で晩酌。

TGIF! また大きな台風が近づいていますね。備えましょう。   今夜の

記事を読む

柏餅をひとつだけ買えるか。

柏餅が食べたい。 もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは

記事を読む

いわしの塩焼き献立

いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ献立。

おりょうりいちねんせい。 そんなタイトルに変更すればいかがですかと提案したくなる画像を

記事を読む

鶏レバーのしっとり煮。

人間、歳を取ると食の好みが変わるといいます。確かに幼少の頃に好んだ料理を40歳過ぎても食べ続

記事を読む

鯖大根

鯖大根、小松菜のおひたし献立。

本日は余り鯖で。 鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。 おろし和えにしよう

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

宮水の華

兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新しい酒を調達。 全国制覇

記事を読む

ど辛 純米

秋田の酒 ど辛 純米で晩酌 肉玉子炒め、じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし。

今日は忘れずに酒屋に寄って帰宅。 酒屋で店頭の入荷情報貼り紙を見ると、秋田の酒のがちらほら入っ

記事を読む

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め、京にんじんの白和え献立。

寒さでちぢむのは、ほうれん草だけじゃないんですね。 高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑