一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

にらのおひたし

3月ですね。

3月って言ったら何かなあ、そろそろ春らしいあれこれが出てくるよねえなどと鮮魚青果売り場を物色するもかろうじて生わかめを選んだ後になぜか砂肝を手に取る。

食べたかったのです。

砂肝って歯ごたえがあるからか少量でも満足する、というか、そんなに一度に大量に食べるようなものでもない。よって少量の1パック購入しても数日に分けて食べる羽目になるのであります。

砂肝の黒七味炒めで家飲み

砂肝炒め献立

  • 生わかめスープ
  • ザーサイ奴
  • にらのおひたし
  • 塩鮭と白菜のみぞれ煮
  • 砂肝の黒七味炒め

生わかめスープ

生わかめスープ

明日以降のつまみの下ごしらえで出た砂肝の茹で汁をスープに。塩胡椒で味を整えて生姜と生わかめ、葱、胡麻を加えるだけ。砂肝の茹で汁、かなり濃い味の鶏スープになります。

ザーサイ奴

ザーサイ奴

刻んだザーサイと葱を塩、胡椒、ごま油であえたものを乗せた奴。

にらのおひたし

にらのおひたし

茹でたにらを鰹節と醤油でいただく簡易バージョンおひたし。

塩鮭と白菜のみぞれ煮

塩鮭と白菜のみぞれ煮

残り物の鮭を塩漬けにしていたものを利用。白菜と鮭を鍋に入れ酒を回しかけて蒸し煮にし、火が通ったら大根おろしを加えてさっと混ぜて完成。ポン酢で食べる予定だったのだけど、このままで十分でした。

砂肝の黒七味炒め

砂肝の黒七味炒め

山になった部分に切れ目を入れた砂肝を油をひいたフライパンで炒め、塩と酒を振り入れ中まで火を通します。最後に黒七味を振ってざっと炒め合わせたら完成。黒七味は出来上がり状態にふりかけても美味しいけれど、こうして火を通すとぐっと香りが立ってまたよし。

出来上がってから気づいたけど、たんぱく質多いな。
まあ鮭は味だし程度でほとんど入ってないんだけどね、砂肝のしっかりとした食べ応えがたんぱく質多い!と思わせるのでしょうか。いや、やっぱ多いか。豆腐もあるし。

日本酒にあうおつまみ献立

外で焼き鳥を食べる時はさほど惹かれない砂肝。別に嫌いってわけじゃないんだけど、こんなには食べないよねえ、他にいろんな部位あるし。なのに家飲みつまみとして食べるとなると俄然魅力が増すのはなぜでしょうか。

以前はその見た目から下処理が面倒くさそうに思えて敬遠していた砂肝、銀皮を取り除かないヘビーな歯応えが好きだと自覚してからはお気軽食材に早変わりしました。硬い部分を綺麗に取り除いたほうが歯触りが優しくなるのはわかっているけれど、この無骨な感じが酒のアテにはいい。

といってもやはり固い部分は消化し難いので、胃腸がセンシティブな人は食べすぎ注意、の模様です。

 




関連記事

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。 冬の野菜だから

記事を読む

粗食晩酌献立

焼きピーマン、にら納豆で家飲み。

地味。 いつものことですが、タイトルからして地味すぎます。 基本的に野菜好きの粗

記事を読む

牛肉と新玉ねぎの炒めもの、焼きにんじんで家飲み。

先日食べたにんじんが妙に気に入ったのでまたまたまるごとにんじん料理。ちょっと気に入ると続けて

記事を読む

大きいソーセージ

大きいソーセージとローズマリーポテトで家飲み。

大きいソーセージ、って他にもうちょっと言い方ないのかという感じですが、大きいソーセージです。

記事を読む

エンサイと豚肉の炒めもののっけごはん

エンサイと豚肉の炒めもののっけごはん。

エンサイ。つまり、空芯菜です。 先日勢いで購入した香り米があるし、これはのっけごはんし

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/7 きくらげときゅうりの酢の物。

暑いときには体を冷やす食材を積極的に採って体内コントロールするとか、不便な時代を生きた方の知恵っ

記事を読む

豚汁献立

休肝日ごはん 豚汁、きのこおろし和え献立。

週明けはごはんと味噌汁を中心とした晩ご飯で酒を抜く。しばらくこの方式を続けるつもりです。

記事を読む

出羽桜 吟醸缶

山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

帰宅途中、あ、家に酒がちょっとしかなかったんだ!ということに気づく休肝日明けの火曜日。 もう家が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑