肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め献立。

公開日: : 最終更新日:2019/12/07 家飯, 食べること ,

キャベツの塩昆布炒め

野菜を塩昆布で和える。いまや定番の酒のつまみですね。

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

キャベツとの組み合わせならばちぎった生キャベツにごま油たらり、がデフォルトなのですが、気温が下がってくると葉野菜にも火を通したくなる。

よって、本日は同じ内容を炒めます。

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒めで晩酌

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め

  • 肉団子とかぶの味噌汁
  • おくらの梅おかか和え
  • かぼちゃの塩煮
  • キャベツの塩昆布炒め

肉団子とかぶの味噌汁

肉団子とかぶの味噌汁

肉団子は先日の残りもの。昆布出汁で肉団子とかぶ、かぶの葉を煮て味噌を溶き入れます。仕上げに黒七味を振って。

おくらの梅おかか和え

おくらの梅おかか和え

ゆでて小口に切ったおくらを叩いた梅干し、しょうゆ、鰹節で和えます。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

一口大に切ったかぼちゃを鍋に入れ塩を振り、汗をかいてきたら極少量の水を加えて蓋をし弱火で蒸し煮にします。

キャベツの塩昆布炒め

キャベツの塩昆布炒め

フライパンにごま油を熱し、ざく切りにしたキャベツを入れて炒めます。キャベツがしんなりしたら塩昆布を投入、ざっと混ぜ合わせたら完成。

キャベツ炒めがメインの配置になってはおりますが、ボリュームからして主役は肉団子味噌汁でしょうか。いつもの肉団子と違ってレンコン入りなので、しゃくしゃくした食感です。純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

生キャベツの塩昆布和えはびっくりするくらいキャベツがたくさん食べられてしまうシンプルつまみですが、炒めるとカサが減るのでよりたくさん食べられます。そう大量にキャベツを食べる必要があるのかといえば別にないんですが、味付けは塩昆布だけでOKの手軽さなので手間もかからず、野菜炒めよりラクです。材料も揃えなくていいし。

青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

炒めものはとにかく強火で可能な限り手早く!という謎呪縛から逃れて、熱した油で野菜をコーディングする和えものよりの料理、程度の穏やかな気持ちで挑むと、また新たな扉が開ける気がします。

 




関連記事

白菜とツナの煮もの

かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もの

この冬は、白菜を食べまくってますなあ。柚子手羽白菜、もずく納豆献立白菜が驚きのお買い得価格

記事を読む

こんにゃく麺レシピ 肌寒い日の鶏塩そば。

なんということでしょう。 まだ8月だというのにこの寒さ。 ここ数年、残暑ギラギラ

記事を読む

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

海坊主。 自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。 常日頃

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振

記事を読む

家飲み献立 11/20 豆腐のきのこあんかけ他 全5品で晩酌。

いやー、今日はすっかりやられました。 朝出かける前に天気予報を確認したところ夜から雨と

記事を読む

焼き油揚げ

家飲み献立 焼き油揚げ、蒸しなす。

晩酌スタイルを変えてからなかなか好調です。 関連 一人晩酌のあり方を考える。 し

記事を読む

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

味噌汁とご飯の夕食

休肝日ごはん 菜の花の卵和え、白菜と油揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。 ということで、最近は週2回、日、月曜日を休肝日と定めて生活していま

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑