上野 翁庵で年越し蕎麦。

公開日: : 一人飲み, 食べること

okinaan_2

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派です。

なのに2015年の末は年越し蕎麦を食べ損ねました。なんという失態。

そこで2016年は同じ過ちを繰り返すまいと事前に蕎麦計画を立てておりました。クリスマスはニューヨークと決まっていたのでその前に年越し蕎麦イベントを終わらせておこうという算段です。

常日頃無計画に事を進めておりますが、たまには綿密に計画を立てて行動するのもいいものですね。

上野・翁庵で年越し蕎麦

年越し蕎麦会場に選択したのは上野の翁庵。上野に出ると以前は池之端藪か上野藪へ出向く事が多かったのだけれどこちらも一度チャレンジしてみたかった店。昼に上野方面へ出向く用事を作るという小細工までして出かけました。

上野・翁庵

店構えからして私好みの蕎麦屋だとわかるそれ。夕食にはちょっと早い時間に伺ったので店内には常連さんらしき方が2組ほどおられただけでとても静かでした。落語家さんのサイン色紙や著名人が紙面で店を紹介した雑誌の切り抜きなどが飾られている様がなんだか微笑ましい。

普段はメディアで紹介されました感を全面に押し出してくる飲食店を信用しないどころかむしろ毛嫌いしているくせになに微笑んでんだ、と我ながら思う。結局そんなものは店を判断する要因として大した材料ではなかったってことかしら。

年越し蕎麦はいつ、何を食べるのか。

ところで年越し蕎麦の定義とは。

年越し蕎麦(としこしそば)とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩ともなっている、日本の文化であり風習である。(wikipedia)

そうですか。クリスマス前に食べている時点で年越し蕎麦じゃない感じ満載ですけどもまあ縁起物ですから。といいつつもちろんまずは熱燗をオーダー。つまみにたいそう魅力的な油揚甘辛煮をチョイスします。

翁庵・油揚甘辛煮

間違いない。
酒を呼ぶ濃いめの味付けで煮付けた油揚げを短冊に切ったものにわさびが添えられている無骨なアテ。いいなあ、これいいなあ。以前に家で同じようなつまみで飲んだことがあるけれど、やっぱりこの手のつまみはここまでしっかり濃口に仕上げたほうが潔く旨いような。

しかし蕎麦屋で蕎麦前を楽しみながらさて最後はどの蕎麦にしようかと考えながら品書きを熟読するひと時とはなぜかように充実しているのでしょうか。何回見たって品揃えは変わらないんだけど何回も何分も見ちゃう。見る、というか読んでいる。

さて私の迷いポイントとはこの日が年越し蕎麦という位置付けであったこと。年越し蕎麦といえばやっぱり種物というイメージがあるのだけれど初めての店ではシンプルにもりを頼みたい。しかしこの店の一押しはねぎせいろときたもんだ。ああ、私は一体どうすればいいのやら。2016年を華麗に締めくくるために、そして2017年をピッカピカなアレにするための最良の選択とは?

翁庵・ネギせいろ

結局ネギせいろにしました。

年越し蕎麦は種物と思い込んでいるのは恐らく寒い師走にはもりよりかけのほうがいいだろうという程度のことで特にルールはないのかもしれないし、れっきとしたルールが存在していたとしてもそもそも大晦日に食すものを相当前倒ししている時点でアウトなのでネギせいろだっていいじゃない。

okinaan_6

okinaan_5

そんな幾分投げやりな理由でチョイスしたネギせいろだったけれど、甘めのつゆにたっぷりと浮かんだ白ネギとイカ天。つるりとした蕎麦の喉越しに絡みつくつゆのコクでシメるはずがなんだか酒が飲みたくなるこの感じ、やはり我が選択に間違いはなし。

こうして年越し蕎麦2016年を無事満喫。こりゃいい年越しになりそうだわいと鼻歌を歌いながら店を出て駅に向かったのでした。

===============
翁庵
東京都台東区東上野3-39-8
===============

やっぱりいいね、年越し蕎麦。
生きている限りは毎年この楽しみを味わえるのだから面倒がらずにきちんと計画・実行しこんな風に書き記しつつ、この文化を継承したいものだ。

と、締めかけて気づく。去年の秋にせっかく引っ越ししたというのに、引っ越し蕎麦を食べ忘れたわ。

 




関連記事

れんこんと塩昆布の混ぜごはん

休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する一方です。 シンプルライ

記事を読む

麻布十番PIZZA STRADA

一人で酒を飲むならば 一人飲みの店選び ’18SS。

久しぶりに昼から泡をざぶざぶ飲もうよ。この季節、やっぱりテラス席がいいよねえ。 友人か

記事を読む

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

青菜と豚肉のからし和え

豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段階になって、ああまた緑だらけの

記事を読む

新じゃがとゆで卵の葱油和え

新じゃがとゆで卵の葱油和え、焼きピーマン献立。

ねぎの青い部分があったので久しぶりに葱油を仕込みました。 葱油ははてどれくらい久しぶり

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立。

少し前に同じような料理を食べましたが今日は潔くにんじんオンリーで。ちょっとね、惜しかったんで

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油っぽくて濃い味の中華料理とか、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

しつこいですけど、外にフラフラ飲みに行けない世界は、本当に切

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メ

長きに渡るご利用、誠にありがとうございました。

苦節6年、とうとう乗り換えに成功しました。今年の春こそ環境改

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

→もっと見る

PAGE TOP ↑