上野 翁庵で年越し蕎麦。

公開日: : 一人飲み, 食べること

okinaan_2

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派です。

なのに2015年の末は年越し蕎麦を食べ損ねました。なんという失態。

そこで2016年は同じ過ちを繰り返すまいと事前に蕎麦計画を立てておりました。クリスマスはニューヨークと決まっていたのでその前に年越し蕎麦イベントを終わらせておこうという算段です。

常日頃無計画に事を進めておりますが、たまには綿密に計画を立てて行動するのもいいものですね。




上野・翁庵で年越し蕎麦

年越し蕎麦会場に選択したのは上野の翁庵。上野に出ると以前は池之端藪か上野藪へ出向く事が多かったのだけれどこちらも一度チャレンジしてみたかった店。昼に上野方面へ出向く用事を作るという小細工までして出かけました。

上野・翁庵

店構えからして私好みの蕎麦屋だとわかるそれ。夕食にはちょっと早い時間に伺ったので店内には常連さんらしき方が2組ほどおられただけでとても静かでした。落語家さんのサイン色紙や著名人が紙面で店を紹介した雑誌の切り抜きなどが飾られている様がなんだか微笑ましい。

普段はメディアで紹介されました感を全面に押し出してくる飲食店を信用しないどころかむしろ毛嫌いしているくせになに微笑んでんだ、と我ながら思う。結局そんなものは店を判断する要因として大した材料ではなかったってことかしら。

年越し蕎麦はいつ、何を食べるのか。

ところで年越し蕎麦の定義とは。

年越し蕎麦(としこしそば)とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩ともなっている、日本の文化であり風習である。(wikipedia)

そうですか。クリスマス前に食べている時点で年越し蕎麦じゃない感じ満載ですけどもまあ縁起物ですから。といいつつもちろんまずは熱燗をオーダー。つまみにたいそう魅力的な油揚甘辛煮をチョイスします。

翁庵・油揚甘辛煮

間違いない。
酒を呼ぶ濃いめの味付けで煮付けた油揚げを短冊に切ったものにわさびが添えられている無骨なアテ。いいなあ、これいいなあ。以前に家で同じようなつまみで飲んだことがあるけれど、やっぱりこの手のつまみはここまでしっかり濃口に仕上げたほうが潔く旨いような。

しかし蕎麦屋で蕎麦前を楽しみながらさて最後はどの蕎麦にしようかと考えながら品書きを熟読するひと時とはなぜかように充実しているのでしょうか。何回見たって品揃えは変わらないんだけど何回も何分も見ちゃう。見る、というか読んでいる。

さて私の迷いポイントとはこの日が年越し蕎麦という位置付けであったこと。年越し蕎麦といえばやっぱり種物というイメージがあるのだけれど初めての店ではシンプルにもりを頼みたい。しかしこの店の一押しはねぎせいろときたもんだ。ああ、私は一体どうすればいいのやら。2016年を華麗に締めくくるために、そして2017年をピッカピカなアレにするための最良の選択とは?

翁庵・ネギせいろ

結局ネギせいろにしました。

年越し蕎麦は種物と思い込んでいるのは恐らく寒い師走にはもりよりかけのほうがいいだろうという程度のことで特にルールはないのかもしれないし、れっきとしたルールが存在していたとしてもそもそも大晦日に食すものを相当前倒ししている時点でアウトなのでネギせいろだっていいじゃない。

okinaan_6

okinaan_5

そんな幾分投げやりな理由でチョイスしたネギせいろだったけれど、甘めのつゆにたっぷりと浮かんだ白ネギとイカ天。つるりとした蕎麦の喉越しに絡みつくつゆのコクでシメるはずがなんだか酒が飲みたくなるこの感じ、やはり我が選択に間違いはなし。

こうして年越し蕎麦2016年を無事満喫。こりゃいい年越しになりそうだわいと鼻歌を歌いながら店を出て駅に向かったのでした。

===============
翁庵
東京都台東区東上野3-39-8
===============

やっぱりいいね、年越し蕎麦。
生きている限りは毎年この楽しみを味わえるのだから面倒がらずにきちんと計画・実行しこんな風に書き記しつつ、この文化を継承したいものだ。

と、締めかけて気づく。去年の秋にせっかく引っ越ししたというのに、引っ越し蕎麦を食べ忘れたわ。

 






関連記事

大根葉と卵の炒めもの献立

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっ

記事を読む

塩もみ茄子の炒め物

塩もみ茄子の炒め物、ニラのスープ。

ちょっと遅れて金曜日の家飲みメニュー。 週末に出かけることやおすそ分けをいただいた関係

記事を読む

佐賀の酒 天吹

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

こんにちは九州、どうぞよろしくお願いします。 牛歩に次ぐ牛歩でのろのろと駒を進めてきた

記事を読む

漬物ステーキ

白菜漬けの卵炒め、トマトとわかめのサラダで家飲み。

夏場はぬか漬け、冬場は白菜漬けが最も手軽で便利で使える漬物だと思っています。 よって、

記事を読む

ハリハリ鍋

一人暮らしの晩酌献立 5/18 ハリハリ鍋。

なんか肌寒いですね@東京。 ここ暫くは真夏の如き気候だったから余計にそう感じるのでしょ

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

170308ienomi_2

鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌で晩酌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

家飲みの献立

家飲み献立 白菜と豚肉の重ね蒸し、焼き野菜サラダ。

家飲みについて言及し始めたということは2016年も通常営業が始まった、ということです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑