引っ越し後、荷物はどれくらい増えたのか。

公開日: : 最終更新日:2018/10/10 ミニマルライフ, 捨てる

craftbox

前回引っ越してから2年が経過しました。

持たない暮らし、引越し作業は20分。

2年、2年て。つい先日越してきた感覚なんですけど、時の流れ早くない?流れに身を任せすぎじゃない?あたしゃ怖いよ。

ともあれ、引っ越し準備で多くのものを処分しても、その後一つのところに長く止まるとまたあれこれ増えていくのがお約束。我が家の荷物も相応に増えたのでしょうか。って、たった2年で「長く止まる」ってのも大げさですけども、検証します。

引っ越しで捨てたもの、買ったもの

OXO ケトル

前回の引っ越し前には、それなりにいろいろと処分しました。細かいものが多いですが、多少荷物の減った引っ越し作業ではありました。

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

そして引っ越してから買った一番大きなものといえば、多分これ。

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

悲しいほどに面白みも色気もないですが、布団。

一時は失敗だったかと思われた「大きな」買い物でしたが、現在も現役バリバリ大活躍、買ってよかったもの年間ランキング1位も獲得した実力者であります。

その他の大きいものといえば収納用品くらいでしょうか。あ、鏡、姿見か。

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

まあ、言うほど大きかないですね。

転居から2年、荷物は増えたのか

以上の通り、転居2年が経過しても荷物はほとんど増えておりませんでした。よって、部屋のレイアウトも大きくは変わらず。

これは強い意思を持ってものを増やさないようにしているとか、とにかく買わないと決めているとかじゃなく、以前の住まいに比べると収納スペースが増えたのも大きな要因でしょう。ああ、仕舞えるって素敵なことね。しみじみ。

収納がない部屋の収納を考える。

その他の要因としては大きなもの、例えば家具とか家電製品などへの興味が薄れていることも関係しているかもしれません。

興味を失ったきっかけは大きな持ち物をほとんど捨ててしまった際に感じた痛み、でもあるので、そういう意味では意識して増やさないようにしていると言えるのか。

引越し1ヶ月経過でまたまた捨てた。少し切ない。

この調子では今後も私をとりまくものの構成が大きく変わることはないでしょう。

目を向けるべきはモノか、経験か

moalboal_2016_28

その昔、買い物に費やしていたお金と時間と情熱は、どこへ行ったのか。

洋服を買うために何時間も歩き回る、なんてことはもうできなくなっちゃったなと感じるこの頃。年齢とともに、好奇心が減退しただけだとしたら寂しいことこの上ない。けれど、私の興味の矛先は「もの」より「体験」に移行していることは明らかです。

おばさんが旅に出る理由。

これは私がたまたまそういう心境になりましたよ、という話であり、後に残らない体験よりも、しっかり手元に残るものがいいと感じるならばそれはそれ。何に関心を持ち、どこに意味を見出すかなんて人それぞれなのだし、必要なものの数なんて他人に決められるものでも、ましてや人と比べるものでもない。

とにかく捨てれば人生変わる!誰だって幸せになる!とか、ナイナイ。んなわけないでしょう。と、今でも思っています。

モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

さて、今の家にはあと1年くらいいることになるのでしょうか。予定は未定だけど、この部屋に定住はありえない。

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

たくさんのものを捨てるのは、すっきり身軽になれる反面、肉体的にも精神的にもしんどい作業だと経験から知っている。次の引っ越し時にも極力捨てないで済むような生活を送っていけたら上出来かな。

 




関連記事

年内にやりたいと思っていること。

12月に入ると、年内にあれやこれや済ませておきたい、そして新しい年を清々しい気持ちで迎えたい

記事を読む

自営業、金勘定ばかりして生きている。

2019年分の確定申告が無事完了しました。 去年はそこそこよく働いた(自分比)1年だっ

記事を読む

増え続ける洋服をなんとかしたい!クローゼットの上手な整え方5ステップ。

現在発売中の雑誌「天然生活」10月号に興味深い特集があったので読んでみました。 私が気

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

お正月は帰省して両親宅で過ごすと決めているので2016年もいつもと同じような年明けを迎えまし

記事を読む

秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

By: Sandra Cohen-Rose and Colin Rose[/caption]

記事を読む

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプルに

記事を読む

静電気防止スプレーを自作してみた。

私は電解質の女。なのかどうかはよくわかりませんが、幼女の頃から何に触れても静電気バッチバチ

記事を読む

新機能を求めて買い物しない。

スマホなし生活はギリギリ回避したものの、二代目iPodはすでに発注済みでした。 スマー

記事を読む

ブランド買取体験談

“BRAND COLLECT” の買取査定額が確定した。

ZOZOとBrandearに引き取ってもらえなかったブランドアイテムをBRAND COLLE

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑