にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン。




にじますのハーブ焼き

釣り人から下処理済みのにじますをせしめました。

馴染みのない魚の調理、臭かったらいやだな、とビビっていたので、一尾はオイル漬けにして様子を伺っておりました。

にじますホイル焼き、小松菜のもずく酢和え献立。

結果、全然臭みなんてなくて、ふわっと柔らかく淡白な身が旨かったのですが、漬けたものは漬けたものとして、ワインに合わせることとします。

にじますのハーブ焼きで白ワイン

にじますのハーブ焼き献立

  • 小松菜としめじのスープ
  • にじますのハーブ焼き

小松菜としめじのスープ

小松菜としめじのスープ

ざく切りにした小松菜としめじを鍋に入れ、塩とオリーブオイルを加え蓋をし蒸し煮にします。小松菜がくったりしたら水を注ぎ煮て、塩、胡椒、粉チーズで味を整えたら完成。

にじますのハーブ焼き

にじますのハーブ焼き

三枚におろしたにじますに塩を振って水分をふきとり、オリーブオイル、にんにく、玉ねぎ、ローズマリーと一緒に漬けて起きます。グラタン皿に皮付きのまま輪切りにしたじゃがいも、千切りのにんじんを敷き詰め、にじますをつけていたオイルを薬味ごとのせて塩、胡椒を振ります。そのままオーブンでじゃがいもがやわらかくなるまで焼き、最後ににじますを乗せて焼き色がつくまで焼いたら完成。レモンを添えます。

じゃがいもを生のまま入れてしまったのでにじますは時間差で焼きました。ゆでたじゃがいもを使って一度に焼いてもよかったか。スープストックを加えない野菜スープと淡白な白身のオイル焼き、あっさりコンビではあるものの、こういうの、ワインが進むよねえ。

ワインを飲む日のおつまみ

じゃがいもと魚介類を合わせるのが結構好きです。じゃがいもだけにんにくの風味をつけて焼く、なんてのも旨いのだけれど、魚と合わせればいものポテンシャルがより引き出されるように思うのです。

いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

加えて、シンプルな野菜スープ。

これは有賀薫さんのレシピを見て真似したもの。スープというとどうしてもコンソメとか鶏がらとか「出汁」を入れなきゃと思いがちだけれど、野菜にも十分な旨みはあるからね、こういう料理、大好きです。

というわけでいただきもののおかげでちょっと目先の変わった晩酌を楽しめた週でした。毎回言ってますけども、数少ない友人知人の皆さま、差し入れお土産貢物、いつでも大歓迎ですのでご認識のほどよろしくお願いいたします。

おひとりさま生活

 




関連記事

ひいかと里芋の煮つけ

ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか。 などと考えつつも、イ

記事を読む

ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額、買取相場はおいくら?

By: Joe Shlabotnik[/caption] この秋冬ファッションのメインテーマ

記事を読む

なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕日は今日しかない。そう決意し張

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

さんまとキャベツの生姜煮

秋刀魚とキャベツの生姜煮、水菜のおろし和え。

今夜はなんだかんだ残り物だけで済ませよう、と考えていた午後。 が、突然大量の葉野菜を食べたい衝

記事を読む

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

頑張らないあの人の朝ごはん。

朝ごはんにいたしましょう。 平日の午前10時。厳かなる言葉を添えて送られてきた写真には

記事を読む

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。 関連 引っ越しから10年以上そのまま放置して

記事を読む

ミニマリストのキッチン

70代ミニマリスト主婦の夏 ’17 。

70代ミニマリスト主婦の暮らしぶりについて、帰省の度に観察し続けています。 関連 70

記事を読む

神経質にならずとも普通のものが普通に使える、という喜び。

By: Tracy Hunter[/caption] なんとなくとっておいてしまうものの代表

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑