きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

きくらげの卵炒め献立

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨い。

いや、旨いのは団子そのものというよりも、汁。汁です。

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

毎度おなじみ汁流用具沢山味噌汁を軸にした晩酌献立です。

きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁で家飲み

キクラゲとネギの卵炒め献立

  • 梅大根
  • 肉団子と大根の味噌汁
  • キャベツのナムル
  • きくらげとねぎの卵炒め

肉団子と大根の味噌汁

肉団子と大根の味噌汁

下ゆでした大根と肉団子、煮汁を合わせて煮込み、味噌を溶き入れねぎを散らします。黒七味をパラリ。ちなみに団子と煮汁は味付けする前に分けておいたものです。

キャベツのナムル

キャベツのナムル

キャベツをさっと茹でて水気を絞りざく切りにして、塩、ごま油、すりゴマで和えたもの。

きくらげとねぎの卵炒め

きくらげとねぎの卵炒め

きくらげはあらかじめ水で戻しておきます。フライパンに油を熱し溶き卵を流し入れ、ふんわりと固めたら一旦取り出します。同じフライパンにごま油を熱し、斜め薄切りにした白ねぎときくらげを炒め、しょうゆ、酒、胡椒で調味。卵を戻し入れざっと混ぜ合わせたら完成。

味噌汁用に切っていた小ねぎを彩りに添えてはみたけれど、ないほうがよかったな、と今写真を見て反省しました。こういうのを余計なことというのです。喉が乾いていたこともあり、焼酎ソーダ割レモン入りにて。チューハイか。家で飲むと甘味レスレモンハイが楽しめていいですね。あ、レモンハイってこういうのじゃないのか。もっと果汁果汁した甘めのヤツを指すのか。定義がよくわかりません。

 

さて、今季はまだビールの買い置きはしていないのですが、日本酒、ワイン(赤・白・泡)、紹興酒、そして先日仲間入りした焼酎のおかげでさまざまな献立に対応できる状態となっております。今日も直前までひや酒かチューハイか迷ったからね。どちらに転んでもいい幸せ。

しかし『晩酌時の酒量はほどほどにルール』を未だ厳守しておるので、ビールから日本酒に流れてそのままうだうだというパターンは(あまり)ありません。

一人晩酌のあり方を考える。

まあ結局食後にまたワインだウィスキーだ飲み始めちゃうので総酒量としてはどうなんだって話ですが、今日も元気です。

 




関連記事

肉豆腐、なすと三つ葉のサラダで家飲み。

帰宅途中のスーパーで、とりあえず豚薄切り肉を買ったものの、迷う。 普段は買い物した時点

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

此君純米無濾過生原酒

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒で晩酌 鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

鳥取にやってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 今回は初訪問の酒屋にて

記事を読む

かつおのたたき献立

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

これくらいのサイズなら、どうにか戦えそうではある。そう判断して、かつおを柵で入手しました。

記事を読む

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立。

少し前に同じような料理を食べましたが今日は潔くにんじんオンリーで。ちょっとね、惜しかったんで

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

れんこんと塩昆布の混ぜごはん

休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する一方です。 シンプルライ

記事を読む

タコとわけぎのぬた献立

たことわけぎのぬた、明太子豆腐献立。

赤い。 とにかく青くなりがちな晩酌風景が、やたらと赤い。とりわけ、紅芯大根は鮮やかすぎ

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮献立

豚肉と水菜のはりはり煮、たたきれんこんの酒粕味噌汁献立。

寒くなってきたので、そろそろ汁っぽいものが恋しくなってまいりました。 味噌汁とか、鍋も

記事を読む

家飲み献立 11/13 三つ葉と揚げの卵とじ他全5品で晩酌。

今に始まったことではありませんが、最近妙にお腹が空きます。寒くなってきたからでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑