きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

きくらげの卵炒め献立

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨い。

いや、旨いのは団子そのものというよりも、汁。汁です。

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

毎度おなじみ汁流用具沢山味噌汁を軸にした晩酌献立です。

きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁で家飲み

キクラゲとネギの卵炒め献立

  • 梅大根
  • 肉団子と大根の味噌汁
  • キャベツのナムル
  • きくらげとねぎの卵炒め

肉団子と大根の味噌汁

肉団子と大根の味噌汁

下ゆでした大根と肉団子、煮汁を合わせて煮込み、味噌を溶き入れねぎを散らします。黒七味をパラリ。ちなみに団子と煮汁は味付けする前に分けておいたものです。

キャベツのナムル

キャベツのナムル

キャベツをさっと茹でて水気を絞りざく切りにして、塩、ごま油、すりゴマで和えたもの。

きくらげとねぎの卵炒め

きくらげとねぎの卵炒め

きくらげはあらかじめ水で戻しておきます。フライパンに油を熱し溶き卵を流し入れ、ふんわりと固めたら一旦取り出します。同じフライパンにごま油を熱し、斜め薄切りにした白ねぎときくらげを炒め、しょうゆ、酒、胡椒で調味。卵を戻し入れざっと混ぜ合わせたら完成。

味噌汁用に切っていた小ねぎを彩りに添えてはみたけれど、ないほうがよかったな、と今写真を見て反省しました。こういうのを余計なことというのです。喉が乾いていたこともあり、焼酎ソーダ割レモン入りにて。チューハイか。家で飲むと甘味レスレモンハイが楽しめていいですね。あ、レモンハイってこういうのじゃないのか。もっと果汁果汁した甘めのヤツを指すのか。定義がよくわかりません。

 

さて、今季はまだビールの買い置きはしていないのですが、日本酒、ワイン(赤・白・泡)、紹興酒、そして先日仲間入りした焼酎のおかげでさまざまな献立に対応できる状態となっております。今日も直前までひや酒かチューハイか迷ったからね。どちらに転んでもいい幸せ。

しかし『晩酌時の酒量はほどほどにルール』を未だ厳守しておるので、ビールから日本酒に流れてそのままうだうだというパターンは(あまり)ありません。

一人晩酌のあり方を考える。

まあ結局食後にまたワインだウィスキーだ飲み始めちゃうので総酒量としてはどうなんだって話ですが、今日も元気です。

 




関連記事

鶏レバーのしっとり煮。

人間、歳を取ると食の好みが変わるといいます。確かに幼少の頃に好んだ料理を40歳過ぎても食べ続

記事を読む

トマトと紫蘇のサラダ

トマトと大葉のサラダ、なめこ納豆。

桜咲き始めてますね。 早咲きの種類なのでしょうか、ちらほらと花が開いているのを目にする

記事を読む

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

白菜とひらたけの味噌汁、目玉焼き丼献立

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

慣れないニキビの対処に困り果てる。 鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。 ニキビ経験値が

記事を読む

味玉のせサラダそうめん

休肝日ごはん 味玉のせサラダそうめん。

サラダそうめん、と称してはおりますが、そうめんは見えず。 具の下に、確かにいるのです。

記事を読む

肉団子とキャベツの煮もの献立

肉団子とキャベツの煮もの、茄子の酢醤油炒め献立。

そろそろ汁っぽいもの、温かいものを体が欲する季節がやってまいりました。 嫌ですね。

記事を読む

干しキャベツのロールキャベツ

干しキャベツのロールキャベツ、きんぴらごぼう献立。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょくいろんな野菜を干して、生とは

記事を読む

焼きれんこん

焼きれんこん、豆腐とわかめのサラダ献立。

通常営業に戻り、晩酌献立です。 しばらく自炊から離れた後は、体内環境を整えるために帰宅

記事を読む

ほんの少し、を楽しむ贅沢。

先日は昼ごはんとはいえないような時間にしっかりしたものをたっぷり食べてしまったのでいつものような晩酌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑