焼きれんこん、豆腐とわかめのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼きレンコン献立

通常営業に戻り、晩酌献立です。

しばらく自炊から離れた後は、体内環境を整えるために帰宅後きのこスープ三連打儀式を執り行うことが多いです。

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

が、今回はそこまで長期でもなかったし、1日目ですっきりできたので、早くもいつものスタイルに戻ります。

焼きれんこん、豆腐とわかめのサラダで晩酌

焼きれんこん献立

  • きのこの味噌汁
  • かくや和え
  • 豆腐とわかめの味噌汁
  • 焼きれんこん

きのこの味噌汁

きのこの味噌汁

スープのためにストックしていたきのこ出汁を味噌汁に。昆布出汁を加えました。

かくや和え

かくや和え

ぬか床からサルベージした古漬けを刻んで塩抜きし、千切りのしょうが、大葉、すりごまと和えます。発掘したのはなす、キャベツ、大根。

豆腐とわかめのサラダ

豆腐とわかめのサラダ

水を切った木綿豆腐とわかめをポン酢とごま油で和え、鰹節をのせます。

焼きれんこん

焼きれんこん

タテ割りにしたれんこんにオリーブオイルをまぶしフライパンにのせ弱火の火加減でじっくり焼きます。返しながら焼いて中まで火が通ったらうつわに盛り、粗塩と胡椒を振ります。

れんこんが安かったので焼いてやりました。フライパンで焼いて塩を振るだけ、の焼き野菜はなんでも好きだけど、焼きれんこんの旨さは格別ですね。久しぶりの晩酌献立に添えるは少し冷やした純米吟醸。降参降参、これだけで飲める。

日本酒にあうおつまみレシピ

味噌汁に使ったきのこはえのきとしめじ。水から一度に煮ておいて、ゆで汁ごと保管しています。汁ごとスープや味噌汁にしてもいいし、中身だけを和えものやオムレツに流用するのもアリ。

きのこのトルティージャで白ワイン。

が、こういうものも大量に作ってしまうと持て余すのでせいぜい2~3日で食べきれる分量しか作りません。今回もそれぞれ1袋づつです。きのこは冷凍してもいけるらしいですけど、幸い近所の店はいつもきのこの品揃え豊富で安いときているもので、わざわざ買いだめする必要性も感じないのでね。ありがたいことじゃないですか。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

東京に戻ってきたら、本格的に秋になっておりました。あっという間に寒くなってしまうから、今のうちに前のめりで秋の味を満喫する所存です。

 




関連記事

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

わかめ卵炒め献立

わかめ卵炒め、大根サラダ献立。

晩ご飯に、お弁当のおかずに、そして酒のつまみに、困った時は卵頼み。 などと卵への多大な

記事を読む

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め、京にんじんの白和え献立。

寒さでちぢむのは、ほうれん草だけじゃないんですね。 高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて

記事を読む

蒸し鶏 献立

蒸し鶏の葱ザーサイのせ、焼き白菜。

早朝に英会話レッスンの予約を入れていた今朝。 なんとなく、目覚めた時にお勤めしていた頃の気

記事を読む

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。 日本国内、各地で散歩

記事を読む

川鶴純米吟醸wisdom

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdomで晩酌 牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた。

進んでいます、進んでいます。とうとう香川県までやってまいりました。 関連 勝手に日本酒

記事を読む

せりと蒸し鶏の梅和え

せりと蒸し鶏の梅和え、鶏出汁白菜煮献立。

連日連夜せりを食んでおりますが、好きなんですよ、せり。 白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろ

記事を読む

肉団子味噌ちゃんこ鍋

一人鍋で晩酌、肉団子味噌ちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋とはなんぞや。 相撲部屋で食される鍋、そして力士引退後の飲食店ビジネスの形態

記事を読む

鯖のオイル煮、ラディッシュのバター添えで白ワイン。

鯖2days。2日目は生姜たっぷりの甘辛煮付けにしようと固く心に決めておりました。 そうな

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    通常メニュー乙でございます。

    今回は徳島でしたか!
    踊り制覇おめでとうございます!
    4年前に高知高松旅しましたが、四国は
    意外に旅のプランニングが難しい気がしました。
    高知高松旅の時は徳島を諦めたので、今回楽しく
    拝読させて頂きました。

    山梨事業所の立て直しがなかなか厳しく
    柄にも無く落ち込んだり、酒に逃げたり
    荒れ気味の時もありますが、同世代の
    旅記事が物凄く励みになります。

    クリスピーが楽しいのに、俺が楽しくないのは
    おかしいだろう!って、自分を奮い立たせてます。

    まぁ、これからも旅記事よろしくお願い致します。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      徳島、楽しかったですよ!連長として最大の目的も果たせましたし、大自然も美味しいものも満喫してまいりました。考えてみれば宿泊を伴う国内旅行は久しぶりで、日本を旅する面白さを再確認できた旅でした。

      日々生活していればいいことばかりじゃないのは当然のことですから、そりゃ気分が沈む時もあるでしょうが、私もこうしてどうにかこうにか面白おかしく踊ったり笛吹いたり酒飲んだりしてますので、ちゅーなーさんもどうぞ美味しいお酒を飲んでくださいませ。

      徳島旅行記、あと1回残っておりますのでお楽しみに!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑