豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

豚とわかめの冷しゃぶ献立

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。

たった5種類で豪勢、は言い過ぎですかね。

そもそも漬ものの一人一食あたりの最大消費量はいかほどに設定されているのでしょうか。

きゅうり1本とかなす丸ごとなどといった豪快な量を一気に消費するものではないと思い込んでいるので、日々ちまちまと食べ続けているのですがはたして。

豚とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子で晩酌

豚とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子

  • しめじとレタスのスープ
  • 漬もの盛り合わせ
  • しらたき明太子
  • 豚とわかめの冷しゃぶ

しめじとレタスのスープ

しめじとレタスのスープ

豚肉をしゃぶしゃぶしたゆで汁を流用したスープ。ゆで汁でしめじを煮てからちぎったレタスを投入。塩と胡椒、ごま油で調味します。

漬もの盛り合わせ

漬もの盛り合わせ

キャベツ、紫大根、にんじん、かぶのぬか漬けと、左下は紫大根の甘酢漬け。塩もみした紫大根を酢とはちみつを合わせた漬け汁で漬けたら、酢の作用で色が紫から鮮やかなピンクに変わるのです。

しらたき明太子

しらたき明太子

ハサミでザクザク切ったしらたきを下ゆでしてからフライパンで乾煎りします。ほぐした明太子、酒、しょうゆを加えてざっと混ぜ合わせたら完成。焼き海苔を散らして。

豚とわかめの冷しゃぶ

豚とわかめの冷しゃぶ

酒と出汁昆布の入った湯でさっとゆでた豚薄切り肉とわかめを大根おろしと合わせてうつわに盛ります。大葉の千切りとレモンを添え、黒七味を振ります。

献立的には日本酒向きな気がするけれど、何せ喉が乾いていたので我慢ならずのソーダ割。喉を潤した後はもちろん冷酒へと流れたのでした。あんまりいろいろ飲むのもアレですから、ちょっとだけ、ちょこっとだけね。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、本日写真を撮っていて感心したのは盛り合わせた漬けものの色合い。

私の漬けテクがどうこうではなく純粋に、野菜ってのはなんちゅう鮮やかな色をしておるのだ、と驚いたという話です。

180710_ienomi_1

このどピンクは酢の作用によるものなのでまんま天然ではないけれど、着色料使ったんじゃないからね。それでこの色だからね。着色料の立場ないね。

日頃は地味なつまみを好む私でも、こういうカラフルな皿があるとそれなりに心が弾むのですよ。

 




関連記事

モツ鍋(もどき)

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

いきなりの、鍋。 急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

記事を読む

トマト卵とじうどん

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。 関連 食べない生活 お腹ぶ

記事を読む

家飲み献立 11/12 大根と手羽中の煮物、トマトのしょうが蒸しなど。

今日は寒かったですね。 昼から晴れるという予報だったので信じていましたが、結局さほど気

記事を読む

健康診断の心電図「洞性徐脈」って何?

別室に連れて行かれたのは、単なるオペレーションの変更によるものでした。 健康診断終了後

記事を読む

豚汁定食

休肝日ごはん 豚汁定食。

今週は、抜く。久しぶりにそう決めました。 あったらうれしい、の範囲をとうに飛び越えて、

記事を読む

焼きさつまいも

さつまいものにんにく焼き、柿と小松菜のごま酢和え献立

塩辛いものが好きです。酒飲みってのはだいたい酒が進みそうな塩っけのあるものを好むものですが

記事を読む

福寿・神戸カップ

兵庫の酒 福寿 神戸カップで晩酌 豚肉と豆苗のおろし和え、白菜のしょうがスープ。

2016年の日本酒ツアーは兵庫県からスタートです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

じゃがいもとひき肉の塩煮献立

味付けのバリエーションが、塩ばかり。

大きめサイズのじゃがいもがひとつ、余っていました。 煮るにせよ焼くにせよ、1個じゃなん

記事を読む

かぼちゃの塩煮、牛肉とレンコンのきんぴら他全5品。

TGIF! と言っても私はあまり曜日とは関係ない毎日を過ごしています。 が、それ

記事を読む

家飲み献立 10/18 ローズマリーチキンに赤ワイン。

料理に合わせて楽しんでいたワインセットもラスト1本になってしまいました。 空ける順序をあれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑