鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 家飯, 食べること ,




鯖水煮缶でおつまみ

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。

と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べているだけなのですが、一人暮らしだと大玉を一気に一玉消費することもさほどないのでね。

もちろん丸ごと煮たり炒めたりすれば一玉消費もやぶさかではないけれど、新玉ねぎに関してはただただスライスしただけのものが強力すぎてたまりません。

玉ねぎスライスが旨い、とくれば鯖に合わせないはずがない。

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマトスープで家飲み

鯖水煮缶献立

  • 鶏出汁トマトスープ
  • 大根の梅しそ和え
  • きくらげと卵の炒めもの
  • 鯖と新玉ねぎのサラダ

鶏出汁トマト春雨スープ

鶏出汁トマトスープ

塩漬け保存しておいた手羽端と水、酒を鍋に入れ火にかけ鶏がら出汁を取ります。くし形に切ったトマトを入れ火が通ったら戻しておいた春雨も投入。最後にナンプラーと胡椒で味を整え大きめに切ったネギを添えて完成。
手羽端はあんまり身がないので食べるところは少ないけれどいい出汁が取れるので侮れません。手羽先を使う時には切り外して塩漬け保存しておけば後日こんな一品に。もちろん鶏がらスープの素を使ってもよし。

大根の梅しそ和え

大根の梅しそ和え

細切りにして塩もみした大根をざっと洗って絞り、叩いた梅干しをオリーブオイルで溶いたものと大葉の千切りで和えます。

きくらげと卵の炒めもの

きくらげと卵の炒めもの

きくらげは水で戻して下茹でしておきます。フライパンに油を熱し塩ひとつまみを加えた溶き卵をふんわり炒めて一旦取り出します。フライパンに新たに油をひきしょうがの千切りを入れ、香りがたったらきくらげ、小松菜を投入。油が回ったら卵を戻し入れ酒と醤油、胡椒で調味し最後にごま油で香り付けして完成。いつもは豚肉を入れるけど、今回は小松菜メインで副菜に。

鯖と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ

スライスした新玉ねぎを鯖の水煮缶に乗せるだけの簡単サラダ。大葉の千切りと黒七味がよく合います。

ナンプラー風味のスープの立ち位置が難しいところだけれど色合い的にはなかなかの晩酌献立。あたたかいうちにスープを平らげてからその他のつまみで日本酒をちびちびといきました。

日本酒にあうおつまみレシピ

何度も出てくるこの鯖水煮缶と玉ねぎの組み合わせ。鯖缶って美味しいんだけど少々塩味がきつく感じるのでこうしてたっぷりの野菜と合わせると中和されていいんです。写真ではたっぷり、ってほどの量にも見えませんが、この後お代わりしてますからね、玉ねぎだけ。鯖缶の塩味だけで十分美味しいですが、ちょっと味を変えたい場合はレモンを搾ったりポン酢をちょろっと垂らしてもまたよし。同じ組み合わせでもオリーブオイルをプラスしてバケットと共にワインで、なんてのもアリですよ。

中骨までまるごとバリバリいけて和洋のつまみに柔軟に対応してくれる缶詰。魚食べたいんだけど処理が面倒とか匂いが気になる、なんて場合にも簡単かつ十分に魚欲を満たしてくれる強い味方であります。サバ缶よ、いつもありがとう。

 




関連記事

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

長崎の酒 福鶴カップで晩酌 鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立。

九州方面は日本酒より焼酎が多いからなかなか見つからなくて、てなことをうっかり酒屋で言ってしま

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

大根の温サラダ 献立

大根とひき肉の温サラダ、焼きとうもろこし。

7月最初の晩酌。 昨日に引き続き夏らしいビジュアルの晩酌メニュー...と言いたいところ

記事を読む

豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。 たった5種類で豪勢、は言

記事を読む

夏野菜の焼きびたし

夏野菜の焼きびたし、ちくわチーズ揚げ。

てんぷらとかとんかつとか、揚げ物は基本的に 「お店で食べるもの」 と考えています

記事を読む

ニラ餃子とビール

ニラ餃子、ぬか漬けで家飲み。

あれ、もしかして今季初ビールでしょうか。初ビールですね。 そして餃子が登場するのも初め

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑