ほんの少し、を楽しむ贅沢。

公開日: : 最終更新日:2019/06/21 食べること




先日は昼ごはんとはいえないような時間にしっかりしたものをたっぷり食べてしまったのでいつものような晩酌メニューは無理だなあと判断しました。

でも、このままでは夜中にお腹が空くだろうなあという微妙な感じ。

さてどうするか、とあれこれ考えた挙句、ちょっと贅沢なお夜食を楽しむことを思いつきました。

「贅沢」なんて言っていますが、実に些細なこと。

うまい具合に有楽町にいたので、東京駅まで歩いてあれこれ調達しよう。

ちょっとだけ、を楽しむ贅沢

150828d4

ささやかな贅沢はご覧の通りのシンプルさ。

ミディアムボディの赤ワインにVIRONのレトロドール、クセの少なめのウォッシュチーズにしっとりした干しイチジクを添えただけの「お夜食」です。

VIRONのバケットは食事に添えてもいいのだけれど、どちらかというとこれだけをワインと共にしっかり楽しみたいようなお味。

参考 家飲み献立 12/19 レトロドールに赤ワイン。

うん、いつものようにぷうんと小麦のいい香り。心地よいタンニンが味わえるミディアムボディの赤ワインにぴったり、でした。珍しくハーフボトルのワインを選んだことも「ちょっとだけのお楽しみ」感を倍増させたかも。美味しいものがあったら、いつもついつい呑みすぎちゃうからね。

150828d

赤ワインに添えるチーズ、となるとしっかり熟成されたハードタイプを選ぶことが多いのだけど、なぜかとろりとやわらかくクリーミーなウォッシュチーズにドライフルーツの組み合わせが浮かんだのは肌寒い気温のせいでしょうか。

そしてデザートに珍しくチョコレートを準備。

150828d2

デパートの洋菓子売り場に並ぶ宝石のようにかわいらしいショコラたち。
散々物色しまくって存分に目を楽しませた結果、最後に選んだのはシンプルなWITTAMERの純生ショコラ。リボンがかかっているけどプレゼント仕様という訳ではありません。これが通常スタイルの模様。

150828d3

洋酒やフルーツのフレーバーなどは使われておらず、とても実直なカカオの味。とろりとなめらかだけど粉糖のシャリッとした食感もあるのが楽しくて、ちょっと齧って、ワインをごくり、を繰り返す。

ふう。

とびきり美味しいチョコレートをシャンパンに合わせるのも好きだけど、こういうストレートな味わいのタイプだと赤ワインにもいいなあ。

素敵な相棒たちを用意したけれど、ワインの量が限られているところが切なくもどかしい。が、今夜は「ちょっとだけ」を楽しむ夜。よって、これでいいのだ。

買ってきただけのものを並べただけ、健康第一を考えると全然ダメな深夜のワインプレート。それでもなんだか贅沢な気分で過ごすことができてかなり満足したのでした。

あれこもこれもと欲張らず、好きなものをほんの少しだけ味わう楽しみ。
これっていろんな経験を重ねた大人だからこそ、の特権みたいなものですね。

 




関連記事

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

ステーキサラダ献立

ステーキサラダ、トマトと新玉ねぎのスープ献立。

ステーキフリットという控えめに言って悪魔のような食べ物がありますが、魅力的であることは認めま

記事を読む

ゴーヤと油揚げのにんにく炒め、きのこと卵の黒酢スープで晩酌

ゴーヤと油揚げのにんにく炒め、きのこと卵の黒酢スープ献立。

ゴーヤと油揚げを炒め合わせる。 残り物同士をくっつけたつまみとしては、上出来じゃないで

記事を読む

ニラ納豆、焼き人参献立

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁

記事を読む

かぼちゃと豚肉のにんにく醤油炒め

家飲み献立 かぼちゃと豚肉のにんにく醤油炒め、きのこおろし。

きのこ鍋の残りのきのこ類があるし、鶏肉と一緒にクリーム煮にして赤ワインにしようかな。じゃあ美

記事を読む

ねぎと揚げの味噌炒め

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

家にあるものだけで完成する「飲めるつまみ」って、案外多い。 近頃の地味献立連打で益々そ

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全てクリアしたいよね。ということで

記事を読む

油揚げのふきみそチーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね?

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

鶏と水菜の酒蒸し 献立

鶏と水菜の酒蒸し、トマト納豆。

今日は珍しく遅いランチで、おまけにデザートまでしっかり食べちゃったものだからお腹が減らず。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑