親子煮、セロリの塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

親子煮献立

本日は蕎麦屋飲み風のつまみ、親子煮で一杯やりましょう。

蕎麦屋といえば先日、久しぶりにきつねそばを食べました。きつねはそばよりうどんがしっくりくる地域の出身だし、そばならきつねよりたぬきかな派なもので、5年くらいは食べてなかったんじゃなかろうか、きつねそば。

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

久しぶりにきつねをかじったらば、あまりの甘さに驚きました。そりゃそうだ。私の甘辛煮は、そんなに甘くはないのです。

親子煮、セロリの塩昆布和えで晩酌

親子煮献立

  • エリンギの味噌汁
  • 白菜のぬか漬け
  • セロリの塩昆布和え
  • 親子煮

エリンギの味噌汁

エリンギの味噌汁

昆布出汁で薄く切ったエリンギを煮て味噌をとき入れたシンプル味噌汁。申し訳程度に浮かんでいる青みはねぎです。

白菜のぬか漬け

白菜のぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜。

セロリの塩昆布和え

セロリの塩昆布和え

薄切りにしてさっとゆでたセロリをごま油と塩昆布で和えたもの、

親子煮

親子煮

フライパンにしょうゆ、みりん、水を煮立てて一口大に切った鶏のもも肉とむね肉を煮ます。鶏肉に火が通ったらくし形に切った玉ねぎを加え、柔らかくなったら溶き卵を回し入れ、三つ葉を乗せて蓋をして好みの加減まで蒸らして火を通します。

親子煮。親子丼のアタマ部分ですね。今日はもも肉とむね肉がセットになったパックを入手したので2種の味わいが楽しめるアタマとなりました。親子煮には三つ葉がマストですね。

もちろんアタマだけ盛らずに素直に親子丼にしてもいいし、それでも成り立つ和風献立ではあります。しかし私は米じゃなくて酒を飲みます。

日本酒にあうおつまみレシピ

ここのところすっかり砂糖を使わなくなってしまったので、この手の甘辛煮も甘みは野菜とみりんのそれでまかないます。自作つまみは自分しか食べないのでもう自分の味に慣れきっているけれど、おそらく誰かに食べさせると甘みが足りない、薄い、と不評が上がる可能性大であります。

今使っているみりんは少量でもしっかり甘いので、値段だけ見るとお高めだけれど、コスパはさほど悪くない。

有機三州味醂を使ってごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

和食でもみりんは使わないよ、しょうゆだけで十分美味しいよ、という方もおられますが、私がみりんを使ってしまうのは単に酒が好きだからではないか疑惑もあります。その線が強いです。

 




関連記事

家飲み献立 10/11 パンにぶどう酒。

今日は昼が遅かったので夜は抜こうかな…と思ったのですが、遅くになって小腹が減ったし、何か呑み

記事を読む

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段

記事を読む

家飲み献立 9/23 酒肴としての肉豆腐他全4品の晩酌メニュー。

冷蔵庫にある余りものでどうにかこうにか成り立つなあと考えた今夜。 ボーっと作ってたら、まさ

記事を読む

豚ロースとキャベツの白ワイン煮

ルクルーゼで豚ロースとキャベツの白ワイン煮。

肉だ肉!今日は肉! 厚切り豚ロースを引っ掴んで、今宵の肉祭りを誓う。 祭りはいい

記事を読む

きくらげ卵炒め

豚肉ときくらげの卵炒め、ゴーヤの塩昆布和え献立。

きくらげと卵、豚肉を炒めたもの。木須肉(ムースーロー)ってやつですね。 こういう材料

記事を読む

木須肉 レシピ

晩酌献立 きくらげと豚肉の卵炒め、春雨スープ。

炒め物って具材の取り合わせが楽しく美味しいしビールのつまみとして優秀なんですが、いかんせん外

記事を読む

粕汁献立

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それ

記事を読む

焼き春キャベツ献立

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめ

記事を読む

家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

10度超えるとありがたい。 なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑