親子煮、セロリの塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

親子煮献立

本日は蕎麦屋飲み風のつまみ、親子煮で一杯やりましょう。

蕎麦屋といえば先日、久しぶりにきつねそばを食べました。きつねはそばよりうどんがしっくりくる地域の出身だし、そばならきつねよりたぬきかな派なもので、5年くらいは食べてなかったんじゃなかろうか、きつねそば。

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

久しぶりにきつねをかじったらば、あまりの甘さに驚きました。そりゃそうだ。私の甘辛煮は、そんなに甘くはないのです。

親子煮、セロリの塩昆布和えで晩酌

親子煮献立

  • エリンギの味噌汁
  • 白菜のぬか漬け
  • セロリの塩昆布和え
  • 親子煮

エリンギの味噌汁

エリンギの味噌汁

昆布出汁で薄く切ったエリンギを煮て味噌をとき入れたシンプル味噌汁。申し訳程度に浮かんでいる青みはねぎです。

白菜のぬか漬け

白菜のぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜。

セロリの塩昆布和え

セロリの塩昆布和え

薄切りにしてさっとゆでたセロリをごま油と塩昆布で和えたもの、

親子煮

親子煮

フライパンにしょうゆ、みりん、水を煮立てて一口大に切った鶏のもも肉とむね肉を煮ます。鶏肉に火が通ったらくし形に切った玉ねぎを加え、柔らかくなったら溶き卵を回し入れ、三つ葉を乗せて蓋をして好みの加減まで蒸らして火を通します。

親子煮。親子丼のアタマ部分ですね。今日はもも肉とむね肉がセットになったパックを入手したので2種の味わいが楽しめるアタマとなりました。親子煮には三つ葉がマストですね。

もちろんアタマだけ盛らずに素直に親子丼にしてもいいし、それでも成り立つ和風献立ではあります。しかし私は米じゃなくて酒を飲みます。

日本酒にあうおつまみレシピ

ここのところすっかり砂糖を使わなくなってしまったので、この手の甘辛煮も甘みは野菜とみりんのそれでまかないます。自作つまみは自分しか食べないのでもう自分の味に慣れきっているけれど、おそらく誰かに食べさせると甘みが足りない、薄い、と不評が上がる可能性大であります。

今使っているみりんは少量でもしっかり甘いので、値段だけ見るとお高めだけれど、コスパはさほど悪くない。

有機三州味醂を使ってごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

和食でもみりんは使わないよ、しょうゆだけで十分美味しいよ、という方もおられますが、私がみりんを使ってしまうのは単に酒が好きだからではないか疑惑もあります。その線が強いです。

 




関連記事

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

煮こごり

焼き油揚げの納豆のせ、煮こごり献立。

油揚げに納豆を詰め込むきつね納豆。ここではちょくちょく登場する定番つまみです。 きつね

記事を読む

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め

里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかなか面倒な里芋。こういうぬめりの

記事を読む

シェアハウスで料理 8/23 コノスル、パルマ、エメンタール。

週末はワインにしないといけない、なんていう決まりは特に設けてないのですが、はて。 毎週末の定番メ

記事を読む

鶏もも肉と桃と泡。

小ぶりな桃が店頭に並んでいたので思わず手に取る。 果物は全般的に好きですが、桃は中でも

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。 そろそろおでんもシーズン終了ですね。と

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

焼きとうもろこし献立

もしも、名前が違ったら。

とにかくよく食べ物をいただく強運に恵まれていまして、先日は立派なゴールドラッシュを頂戴しま

記事を読む

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え、塩トマト献立。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のなすと目が合うと、つい手にとって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑