親子煮、セロリの塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

親子煮献立

本日は蕎麦屋飲み風のつまみ、親子煮で一杯やりましょう。

蕎麦屋といえば先日、久しぶりにきつねそばを食べました。きつねはそばよりうどんがしっくりくる地域の出身だし、そばならきつねよりたぬきかな派なもので、5年くらいは食べてなかったんじゃなかろうか、きつねそば。

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

久しぶりにきつねをかじったらば、あまりの甘さに驚きました。そりゃそうだ。私の甘辛煮は、そんなに甘くはないのです。

親子煮、セロリの塩昆布和えで晩酌

親子煮献立

  • エリンギの味噌汁
  • 白菜のぬか漬け
  • セロリの塩昆布和え
  • 親子煮

エリンギの味噌汁

エリンギの味噌汁

昆布出汁で薄く切ったエリンギを煮て味噌をとき入れたシンプル味噌汁。申し訳程度に浮かんでいる青みはねぎです。

白菜のぬか漬け

白菜のぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜。

セロリの塩昆布和え

セロリの塩昆布和え

薄切りにしてさっとゆでたセロリをごま油と塩昆布で和えたもの、

親子煮

親子煮

フライパンにしょうゆ、みりん、水を煮立てて一口大に切った鶏のもも肉とむね肉を煮ます。鶏肉に火が通ったらくし形に切った玉ねぎを加え、柔らかくなったら溶き卵を回し入れ、三つ葉を乗せて蓋をして好みの加減まで蒸らして火を通します。

親子煮。親子丼のアタマ部分ですね。今日はもも肉とむね肉がセットになったパックを入手したので2種の味わいが楽しめるアタマとなりました。親子煮には三つ葉がマストですね。

もちろんアタマだけ盛らずに素直に親子丼にしてもいいし、それでも成り立つ和風献立ではあります。しかし私は米じゃなくて酒を飲みます。

日本酒にあうおつまみレシピ

ここのところすっかり砂糖を使わなくなってしまったので、この手の甘辛煮も甘みは野菜とみりんのそれでまかないます。自作つまみは自分しか食べないのでもう自分の味に慣れきっているけれど、おそらく誰かに食べさせると甘みが足りない、薄い、と不評が上がる可能性大であります。

今使っているみりんは少量でもしっかり甘いので、値段だけ見るとお高めだけれど、コスパはさほど悪くない。

有機三州味醂を使ってごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

和食でもみりんは使わないよ、しょうゆだけで十分美味しいよ、という方もおられますが、私がみりんを使ってしまうのは単に酒が好きだからではないか疑惑もあります。その線が強いです。

 




関連記事

ゴーヤと豚の味噌炒め

ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました。 休肝日ごはん ゴーヤ

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

大きいソーセージのポトフ

大きいソーセージ入りポトフ、アボカドのサラダで白ワイン。

先日登場した大きいソーセージ。 関連 大きいソーセージとローズマリーポテトで家飲み。

記事を読む

目玉焼き丼献立

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをのせるだけ。 簡単、旨い、

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え、塩トマト献立。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のなすと目が合うと、つい手にとって

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

10度超えるとありがたい。 なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑