新じゃがのそぼろ煮、出汁巻き染めおろしで日本酒を。

公開日: : 最終更新日:2016/09/22 家飯, 食べること ,

新じゃがのそぼろ煮

久しぶりに蕎麦でも食べに行こうかな、と考えていたのだけれど生憎の天候のせいかどうにも外食テンションが上がらず、ギリギリまで迷って結局予定変更。

昔よりはいささかマシになりましたが、どうも気分が天候に影響されるところがあります。

まだまだですな。

そんなわけで帰り道にスーパーを物色していると可愛らしい新じゃがが目に入ったのでした。




新じゃがのそぼろ煮で晩酌

新じゃがのそぼろ煮 献立

  • 茄子の浅漬け
  • にんじんとアーモンドのサラダ
  • 小松菜のおひたし
  • 出汁巻き染めおろし
  • 新じゃがのそぼろ煮

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし
色よく茹でた小松菜を出汁醤油にしっかりひたしたおひたし。

出汁巻き染めおろし

出汁巻き染めおろし
塩味の甘くない出汁巻きにはたっぷりの大根おろしを。お弁当の卵焼きもいいけれど、酒のアテには大根おろしがないとね。

新じゃがのそぼろ煮

新じゃがのそぼろ煮 レシピ
新じゃがはよく洗って皮付きのまま油で炒めます。油がなじんだらストックの豚そぼろを投入し塩、酒、水を加えて蓋をしてじゃがいもが柔らかくなったら完成。仕上げに胡椒を振ります。

木曜の夜がなんだかよくわからない組み合わせの献立になってしまったので、最初から最期まで日本酒で通すぞと決めた和の献立。あ、にんじんのサラダだけあんまり和っぽくないか。蕎麦屋酒への未練も垣間見える晩酌献立でした。

日本酒にあうおつまみレシピ

出汁巻きを作るときは卵を2つにしようか3つにしようかいつも迷ってしまう。普通の丸形フライパンで焼くので3つのほうが巻きやすいんだよね、と毎度2つで焼きながら思う私。まあ3つだと当然食べ切れないというのもありますが。

新じゃがは塩味のそぼろとあわせると決めたものの、皮付きで丸まま煮るか、半割にするか、これまた少々迷いました。というのも、この調理だとちょっと煮崩れさせてひき肉と馴染ませるほうが美味しいのだけど、久しぶりの新じゃがだからチビをまるっといきたい、という気持ちが交錯したからです。
結局、丸ごと側に軍配があがってこのような姿に。
こっくり甘辛の煮っ転がしじゃない、さっぱり塩味の煮物ですが、皮がいい具合に味を含んで旨いです。

青みも何もない色気のない盛り付けですが、じゃがいも料理って下手に色気を加えないほうがらしい感じがして好きです。地味に茶色い感じにそそられる。
じゃがいもにすればいい迷惑かもしれませんが、特にこんな素朴系の料理はそう思うのでした。

しかし外食するか、卵をいくつ使うか、芋を割るか、人生とは常に迷いと選択の連続ですね。

 






関連記事

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとかなりそうな豚ロース薄切り肉をひ

記事を読む

鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し

家飲み献立 2/15 鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し、茹でキャベツの卵ソース。

外食が続いてしまったので久しぶりの自炊、と思ったけど、家で食べなかったのはたった2日間だけだ

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばかり食べてますね。 理由は

記事を読む

170503ienomi_5

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

白菜漬け キャベツの塩昆布和え 納豆汁 蕪とツナのしょうが蒸し焼き

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

またまた撮りための晩酌献立。 そろそろ冷蔵庫を空っぽにしたい時期だったこともあり、買い

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

秋鮭 献立

一人晩酌献立 秋鮭と白菜の酒蒸し、ベーコンと葱のスープ。

秋刀魚が歴史的不漁とニュースになっていましたが、例年と特に変わりない価格で手に入るのはなぜな

記事を読む

150128d3

家飲み献立 1/28 せせり塩鍋。

はい、まやかしでしたー、昨日の暖かさは嘘でしたー。 と、思わずミサワ化してしまう寒い1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑