豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること

豚肉と水菜のはりはり煮献立

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野菜に飢えていたのか。

ところではりはり。

鍋ものとして食べることも多いこのつまみ、今日は煮ものの位置付けで。

まあ、作り方は全く同じなんですけども、気持ちの問題です。

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒めで家飲み

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒めで家飲み

  • 塩もみにんじん
  • にら豆腐
  • れんこんの黒酢炒め
  • 豚肉と水菜のはりはり煮

にら豆腐

にら豆腐

茹でて大きめに刻んだにらを塩、ごま油、すりゴマで和えたものを豆腐にのせて。にらをタレとして豆腐を食べる方式なので、気持ち塩強め。

れんこんの黒酢炒め

れんこんの黒酢炒め

輪切りにしたれんこんに油をまとわせ、フライパンで両面焼きます。焼き色がついたらにんにくしょうゆ、黒酢、唐辛子を合わせたものを流し入れ、ざっと煮からめて照りを出したら完成。

豚肉と水菜のはりはり煮

豚肉と水菜のはりはり煮

昆布出汁を塩とみりん、香り付け程度の少量のしょうゆで味付けし、油揚げと豚肉を入れて煮ます。さらに戻しておいた春雨を入れ軽く煮て、最後に水菜を投入。水菜が温まる程度にさっと火を通したら完成。

メインが汁とともに楽しむタイプの料理ゆえ、本日は汁ものナシ。酒はひや。そろそろ冷酒も欲しくなりそうな頃合いになってまいりました。

家飲みブログ

はりはり煮はしゃきしゃきの水菜がはりはりした状態でなければいけません。ってことで、軽めに火を通したタイプを毎度好んで食べております。そして「汁飲み」仕様にて、出汁はあくまでも薄味で。汁だって立派なつまみですからね。

けれどたまにこれとは逆の方法にて完成した一皿に遭遇することがあって、ああこういうアプローチも確かにあるよね、と思う。それは、しっかり濃い目の味付けで水菜の色が変わってくたくたしみしみになるまで煮込んだそれ。

同じ豚肉と水菜という組み合わせでも、全く別の表情を見せるくたくたバージョンのほうが、酒のつまみ然としている、ような気もする。くたくたバージョンにお目にかかる場所はというと、ほぼほぼ大衆酒場なので、余計にそう感じるのかな。

 




関連記事

家飲み献立 10/31 半干しキャベツと鶏もも肉の煮込み他全5品。

TGIF! そして、今日はハロウィン、ですか。 私が子供の頃通っていた学校の隣にイン

記事を読む

家飲み献立 11/16 野菜だけのスープとボイルドレバーで赤ワイン。

今日もいい天気でしたが、朝夕は本格的に寒いですね。 今朝は久しぶりに5時前という早い時間に

記事を読む

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め、ブラウンえのきの梅和え献立。

ちくわ。久しぶりに登場しました。 こういうものって、たまにやたらと食べたくなる。「たま

記事を読む

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。 毎度おなじみ肉

記事を読む

家飲み献立 10/22 肉じゃが(豚)他全5品で晩酌。

ひえー、寒い。 ここ数日ちょっと気温が高かったので油断していましたが、さむーい。 今

記事を読む

せせりの黒七味炒め

せせりの黒七味炒め、セロリと海苔の冷奴。

所有している調味料の種類がさほど豊富ではなく、変わった食材を使うわけでもなく、おまけにつまみ

記事を読む

豚肉と水菜のハリハリ鍋

家飲み献立 2/11 ハリハリ鍋。

朝からなんかやけにみんな家でゆっくりしてるなあ...。 なんて思いつつ布団を干していて気がつきま

記事を読む

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン。

ただいま幻のガサエビ祭を絶賛開催中です。 秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

じゃがいものそぼろ煮あんかけ

じゃがいものそぼろ煮、人参の卵炒め 家飲み献立。

たまには和食献立的なものでもひとつ。そう思い立って 「普通の晩御飯」 っぽいメニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑