豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること

豚肉と水菜のはりはり煮献立

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野菜に飢えていたのか。

ところではりはり。

鍋ものとして食べることも多いこのつまみ、今日は煮ものの位置付けで。

まあ、作り方は全く同じなんですけども、気持ちの問題です。

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒めで家飲み

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒めで家飲み

  • 塩もみにんじん
  • にら豆腐
  • れんこんの黒酢炒め
  • 豚肉と水菜のはりはり煮

にら豆腐

にら豆腐

茹でて大きめに刻んだにらを塩、ごま油、すりゴマで和えたものを豆腐にのせて。にらをタレとして豆腐を食べる方式なので、気持ち塩強め。

れんこんの黒酢炒め

れんこんの黒酢炒め

輪切りにしたれんこんに油をまとわせ、フライパンで両面焼きます。焼き色がついたらにんにくしょうゆ、黒酢、唐辛子を合わせたものを流し入れ、ざっと煮からめて照りを出したら完成。

豚肉と水菜のはりはり煮

豚肉と水菜のはりはり煮

昆布出汁を塩とみりん、香り付け程度の少量のしょうゆで味付けし、油揚げと豚肉を入れて煮ます。さらに戻しておいた春雨を入れ軽く煮て、最後に水菜を投入。水菜が温まる程度にさっと火を通したら完成。

メインが汁とともに楽しむタイプの料理ゆえ、本日は汁ものナシ。酒はひや。そろそろ冷酒も欲しくなりそうな頃合いになってまいりました。

家飲みブログ

はりはり煮はしゃきしゃきの水菜がはりはりした状態でなければいけません。ってことで、軽めに火を通したタイプを毎度好んで食べております。そして「汁飲み」仕様にて、出汁はあくまでも薄味で。汁だって立派なつまみですからね。

けれどたまにこれとは逆の方法にて完成した一皿に遭遇することがあって、ああこういうアプローチも確かにあるよね、と思う。それは、しっかり濃い目の味付けで水菜の色が変わってくたくたしみしみになるまで煮込んだそれ。

同じ豚肉と水菜という組み合わせでも、全く別の表情を見せるくたくたバージョンのほうが、酒のつまみ然としている、ような気もする。くたくたバージョンにお目にかかる場所はというと、ほぼほぼ大衆酒場なので、余計にそう感じるのかな。

 




関連記事

さばと白菜のしょうが煮

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。

記事を読む

蒸しなす冷しゃぶ献立

蒸しなす冷しゃぶ、トマトとわかめのナムルで晩酌。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲むには、ギリギリの時期ですかね。

記事を読む

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め

こんにゃくとひき肉のにんにくしょうゆ炒め、モロヘイヤやっこで晩酌。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食べたいからとか、お腹具合をすっ

記事を読む

ピーマンの卵とじ献立

ピーマンの卵とじ、トマトやっこ献立。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

記事を読む

大根とぶりあら炊き

大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、私の目ね。ことのほか好きってこ

記事を読む

にじますのちゃんちゃん焼き

にじますのちゃんちゃん焼き献立。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考えました。にじますホイル焼き、

記事を読む

他人丼献立

組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日を設ける習慣がここ何年も続いて

記事を読む

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

ネギ入り卵焼き献立

ねぎ入り卵焼き、かぶのゆず風味サラダ献立

サイズいろいろミックス卵を買ったんです。その中に、明らかに小さいサイズのものが2つ入ってお

記事を読む

肉団子味噌ちゃんこ鍋

一人鍋で晩酌、肉団子味噌ちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋とはなんぞや。 相撲部屋で食される鍋、そして力士引退後の飲食店ビジネスの形態

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑