神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

公開日: : 最終更新日:2018/09/27 旅人への道 ,

naruto_8

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

昨年の同じ時期にはフェリーで同じく神戸から高松へと日帰りの旅を楽しんだ私。

神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行

香川と徳島なんてお隣同士なんだから勿体ぶらずに一気に行っておけばよかったじゃん、という気がしなくもないですが、そこはそれ、いろいろと理由があるのですよ。



なんばから徳島まで片道2,000円で行く方法

naruto_1

実は当初は南海なんば駅から和歌山経由で南海フェリーを使って徳島上陸、という案が出ておりました。なんばから電車とフェリー乗り継いで徳島まで片道2,000円なんですよね、あまりの安さにびっくり。

時刻表・運賃(南海フェリー)

が、朝一で移動しようと考えたら、神戸から和歌山まではちょうど通勤ラッシュ時間にぶち当たることになる。ただでさえ通勤電車に乗り慣れていないのに、長時間乗車に耐えられるのか…と想像したら途端に恐ろしくなり、フェリー移動は断念。

そもそも、神戸の舞子からバスで橋を渡れば徳島の鳴門まではたったの1時間ちょいで到着するので、神戸市民にとって和歌山経由コースはかなり遠回りではあるのです。フェリーは魅力なんだけどね。

神戸・三宮から高速バスで徳島・鳴門公園へ

というわけで今回はおとなしく三宮からバスで徳島に向かうことにして、始発である6:25発の神姫バスを予約。

お得な高速バス予約(バスぷらざ)

せっかく通り道なので直接徳島駅までは行かず、大鳴門橋を渡ってすぐの鳴門公園口で途中下車する作戦。片道料金2,850円です。

naruto_2

JR三宮駅そばの神姫バスターミナルに6:00に集合。今回の旅のお供は神戸在住プルシェンコ嬢であります。

naruto_3

naruto_4

いざ乗車。

naruto_5

神戸の舞子から明石海峡を渡り、淡路島を経由して大鳴門橋を渡って徳島入りします。なんせ所用時間1時間ちょいですからね。居眠りしている暇もないですよ。

naruto_7

この日の天気予報は曇り。雨が降らないだけありがたいけれど、せっかくならばスカッと晴れた海が見たいなと思いつつ。

naruto_9

着いたらどうする、どこへ行く、何見る何食べる、という最終打ち合わせをしていたら、あっという間に鳴門公園に到着。慌てて下車したのでした。

徳島上陸 鳴門渦潮ワクワクタイム

naruto_13

naruto_10

到着したのは朝8時前。せっかくだから、早朝の鳴門で絶景や渦潮を拝んでやろうではないかという魂胆です。

渦潮を見るには渦潮見学船に乗るという選択もあるのだけれど、渦潮が発生しやすい「ワクワクタイム」にはタイミングがちょっと合わず。

うずしおワクワク度(うずしお汽船)

ワクワク度は下がるけど、海上45m地点を歩いて散策できるという施設「渦の道」オープン時間まで海辺の絶景を見て過ごすことにしました。ここからでも渦潮の姿は確認できるだろうしね。

というわけで、鳴門公園からの絶景をご覧ください。

naruto_14

絶景。

naruto_19

naruto_22

絶景。

naruto_15

naruto_25

うまい具合に晴れてまいりました。

naruto_23

鳴門公園のバス亭から少し歩けば、橋を下から見渡せる相ヶ浜へも出られます。撮影テクとレンズのサイズが景色に追いついてない感は否めませんが、とにかく絶景が過ぎる。

naruto_18

まだ準備中だったけど、土産店の上階にある食堂からの景色もきっと素晴らしいと思う。「渦潮を眼下に」のキャッチコピーに偽りなし、のはず。

naruto_28

浜から山側へと歩を進めれば、展望台もあります。

naruto_26

naruto_27

これまた360度大パノラマの絶景、だったけど、階段がちょっとしんどいねえ。

naruto_16

海を見渡せる土産物屋前のベンチがとにかく気に入ってしまった我々。大げさじゃなく、ここで海を眺めながら半日くらい過ごしたいです。

naruto_29

売店は8:00から開いてて、ビールも売ってるんだから。しかもちゃんとスーパードライの阿波踊り缶だから。ビール飲みながらボーッと海見て、お腹すいたら売店で焼いてくれる竹輪食べて、ってしてたら、あっという間に時間が過ぎていきそう。見晴らし良すぎ、居心地良すぎ。

うっかりここで時間を潰してしまいそうになったけれど、そろそろ9時になるので当初予定していた行程に戻りましょう。

大鳴門橋遊歩道「渦の道」で暮らしたい

naruto_30

開場時間になったので、渦の道に突入します。

海上散歩、渦上45m!(渦の道)

「渦の道」は鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁内(車道の下)に造られた海上遊歩道です。海上45メートルのガラス床からのぞき込む渦潮は、吸い込まれそうでスリル満点!

解説からして楽しい気配しかしないこの施設。 入場料は510円。

naruto_32

ワクワクタイムを過ぎてしまったので渦潮は期待できないけれど、海上を散歩するだけでも十分面白そうじゃないですか。

naruto_34

naruto_33

道の途中に踊り場的な休憩所が4箇所設置されており、それぞれにこういうのがある。

naruto_35

床がガラスになっている、東京タワーの展望台とかにあるアレ。もちろんジャンプ禁止。

ここから海を覗き込んでいると、ガイドのおじさまがやってきて、渦潮発生のメカニズムを解説してくれる…と思ったら、渦潮話はほんの触りだけで終了し、後は趣味の映画の話に華麗にスライド。海上45m地点で観光ガイドさんの趣味話になぜか付き合わされるプルシェンコ嬢とそれをぼんやり見つめる私というシュールな展開となりました。

naruto_37

どうにか話を切り上げて、復路に入る。

naruto_36

無人島・飛島を望むこの景色がまた素晴らし過ぎて、ここに住みたいね、という妄想を繰り広げる。リビングからこの景色が見えたら朝からワインとか飲んで、外出しなくなっちゃいそうだね。いやいや、以外とこういう絶景も日常になれば飽きちゃうのかもよ、それはそれで残念な気も、とかなんとか、いらぬ心配をしてみたり。

naruto_21

ついでに寄ってみただけなのに、すでに鳴門が楽しすぎて大興奮の我々。もっとここにいたい気もするけれどせっかくの徳島旅、先に進まねばなりませんからね、移動します。つづく。

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。




関連記事

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

ito_5

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。 日本国内、各地で散歩

記事を読む

160806kix_5

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

By: Alexander Lyubavin

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

cebu-diary10_2

自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるような天気にあたった印象がない。

記事を読む

kobefood1608_8

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

hongkong-foods-62

海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたもの その1。

ローカルフードを楽しむ一人旅が大好物の私。 関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみ

記事を読む

Kaohsiung_29

台湾一周一人旅 駁二芸術特区に旗津フェリー、高雄を遊ぶ。

台湾一周一人旅も5都市目に突入。高雄に到着しました。 もともとは立ち寄る予定のなかった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nerima37
少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり
にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食

sugamo2_25
50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が

セロリ卵炒め
セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油

tainandog9
いい人になる方法。

人は誰しも裏と表の顔があるのが当然で、いついかなる時も誰に対し

→もっと見る

PAGE TOP ↑