豚バラとキャベツの味噌炒め、にんじんとねぎのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

回鍋肉献立

豚肉とキャベツの味噌炒め。回鍋肉ってヤツですね。

常日頃から実は野菜炒めは難しい料理である説を恨みがましく唱え続けているわたくしですが、材料が少なくても成り立つ回鍋肉あたりはまだ難易度低めの部類でしょうか。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

と言いつつ、未だ納得のいく出来上がりには至っていないのだけれど。

キャベツと豚肉の味噌炒め、にんじんとねぎのサラダで晩酌

180829_ienomi_7

  • 大根のスープ
  • ぬか漬け
  • にんじんとねぎのサラダ
  • 豚肉とキャベツの味噌炒め

大根のスープ

大根のスープ

短冊に切った大根を鶏がらスープで煮て、胡椒、しょうゆ、黒酢で味付けし、ねぎを散らしたスープ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはまたまたゴーヤとにんじんコンビ。

にんじんとねぎのサラダ

にんじんとねぎのサラダ

千切りにしてさっとゆでたにんじんとねぎをナンプラーとレモンで和えたもの。

豚肉とキャベツの味噌炒め

豚肉とキャベツの味噌炒め

ざく切りにしたキャベツと一口大に切った豚肉はさっと下ゆでします。フライパンに油を引き、片栗粉をまぶした豚肉と千切りのしょうが、小口に切った唐辛子を入れ炒め、香りがたったらキャベツと斜め薄切りにしたねぎを投入します。ざっと炒め合わせたところにあらかじめ合わせておいた味噌、酒、しょうゆを入れ、手早く絡めたら完成。

キャベツが白っぽく、味噌の色も薄いので見た目はなんだか物悲しい感じになっておりますが、実は唐辛子がきいておりかなり辛口。この手の炒めものにはやっぱり、ビールですね。そしてデザートに季節のぶどうを。

ビールのおつまみ

本格的な回鍋肉をここのところとんと食べていないので、本来どういうものだったか忘れつつあるのですが、確かかたまり肉をゆでてスライスしたものを使う料理でしたっけ。

プロの味に近づけるとか限りなく本格派の料理を極めるといった探究心が希薄なもので、キャベツを炒める動機はそこにキャベツがあるから、でしかない。

キャベツのえび塩炒め、ピーマンの丸煮献立。

お店の味を目指す努力はしない、というかできないけれども、最低限美味しいものは食べたい。よって、最小の労力と食材と調味料で叶えられる最大限の美味しさとは何ぞや、をしつこく追い求める努力ならば続けられそうな気がします。

 




関連記事

大根だけレシピ 12/15 鯖とキャベツのしょうが蒸し、焼き大根。

誰かが風邪を引いている。 廊下を歩くとどこからか苦しそうに咳き込む声が聞こえてきます。

記事を読む

ラード使用チャーハン

ねぎチャーハン、小松菜のナムル献立。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライス献立。 私にとってのチ

記事を読む

一人晩酌 おつまみ

晩酌おつまみ 肉団子ときのこの煮込み、プチトマトのナムル。

ようやく復活、といったところでしょうか。 密かなお楽しみの一人晩酌、先週は腰痛のおかげ

記事を読む

粕汁献立

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それ

記事を読む

茄子の甘酢炒め、ゴーヤの梅和え。

寒さにめげずに夏野菜大会。 買い物に行かなかったので何をどうしてやろうかといろいろ考え

記事を読む

休肝日にはバナナを食べる。

思わぬトラブルに見舞われた先週。 参考 ぎっくり腰になりました 2015 初めてのことで

記事を読む

砂肝のポン酢漬け、キャベツステーキ。

週末は街へ繰り出して、友達と豪華なディナー! なんて、誰が決めたのでしょうか。

記事を読む

茹でるだけのレバーパテに赤の泡。

ここ数日、外は暖かいのに部屋は寒いという状況に納得できずブーたれていた私。 が、こんな

記事を読む

丸玉食堂(元町)

神戸で酒を飲むならば ’19。

年末年始は故郷である神戸で過ごしました。 大きな予定は特になく、することといえば朝から

記事を読む

焼ききのこ、おかわかめと納豆の梅和え献立。

「はなびらたけ」なる見慣れないきのこを入手しました。きのこ全般大好きなきのこ食いですが、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑