栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄で晩酌 牡蠣とほうれんそうの酒蒸しゆず風味。

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄

暖かくなってくると、ちょい香りのいい酒を冷やして飲みたくなりますね。

勝手に日本酒全国ツアー

というわけで選んだ栃木の純米吟醸酒。

持ち帰ってラベルをまじまじと見て、ああ、益子の酒だったかと気付いたのでした。

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄

益子といえば、陶器市。秋の開催期間中に足を運んだのは2015年のこと。

やきものライナーで行く 益子陶器市 その1

今春の開催期間は4/27(土)〜5/6(月)だそうです。

さてさて、益子の酒。「望」と書いて「bo:」と読む。

望(bo:)(外池酒造)

「望」は、爪先立って遠くに目をやることで、嗜好品としての日本酒、文化としての日本酒など明日の日本酒への挑戦として立ち上げた新コンセプトの日本酒ブランド。

香りよく、フレッシュ系だけど旨みたっぷり。こういうさらさら飲めるタイプはついつい飲み過ぎてしまうのでちょっと危険なやつですね。

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸 玉栄 データ

蔵元  外池酒造(栃木県・芳賀郡益子町)
種類  純米酒
精米歩合  55% (滋賀県産 玉栄)
日本酒度  +3.5
酸度  1.4
アルコール度  16度

牡蠣とほうれんそうのゆず蒸し、アボカド納豆献立

牡蠣とほうれんそうのゆず蒸し、アボカド納豆献立

  • にらとえのきの味噌汁
  • ぬか漬け
  • アボカド納豆
  • 牡蠣とほうれんそうの酒蒸しゆず風味

にらとえのきの味噌汁

にらとえのきの味噌汁

いりこ出汁でえのきを煮て味噌を溶き入れ、最後ににらを加えてさっと火を通した味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜。すりごまをまぶしました。

アボカド納豆

アボカド納豆

サイコロ状に切ったアボカドと納豆をわさびじょうゆで味付けし、のりと鰹節をのせます。

牡蠣とほうれんそうの酒蒸しゆず風味

牡蠣とほうれんそうのゆず蒸し

フライパンにざく切りにしたほうれん草と洗った牡蠣を入れ、粗塩をふり酒をまわしかけて蓋をし、火にかけます。牡蠣にふっくらと火が入り、ほうれんそうがしんなりしたら完成。ゆずの皮を添えていただきます。

そもそも大ぶりの牡蠣だったのだけど、火を通してもさほど縮まず、食べ応えがありました。ほうれんそうと一緒に食べるなら炒めてもいいかな、なんて考えつつ、どうにもあっさり簡単な酒蒸しに心を奪われてしまう私。すぐに晩酌にありつきたい人間にとって、フライパン酒蒸しほどありがたい調理法はない。と言い切ってもいいかもしれません。

酒蒸しいろいろ

貝に日本酒というありがたきぜいたく。そしてデザートは清見オレンジ。

190320_ienomi_9

青いうつわにつやつやオレンジ、なかなかいいですね。

みかんの時期が終わってさみしいので最近この手のオレンジをよく食べているのですが、すぐに具にたどり着けないところがもどかしい。果汁たっぷりで美味しいんだけど、ナイフで切って食べるとなると、いきなり手のかかる果物になってしまうのです。

洗わずに、そのままワイルドに手で皮をひん剥いて、四つ割にして食べる。やっぱりみかんが一番好きだなあ。あ、四つ割ってやりません?一房ずつ食べるよりも豪快な果実味を感じられるのでいいなと思うんですけども。

せとかと甘平を食べ比べてみた。




関連記事

家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

10度超えるとありがたい。 なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

記事を読む

神戸 新開地「大谷」の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

蒸し鶏の香味黒酢ソース

蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

蒸し鶏にねぎのタレを合わせる。これは毎度おなじみのパターンです。 蒸し鶏のねぎソース、

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、揚げなすの味噌汁献立。

毎晩食事と一緒に酒を飲むもので、飲酒を考慮した妙な献立が多いですが、基本は地味なものが好きで

記事を読む

カシラの塩焼き

カシラ塩焼き、キャベツ味噌で家飲み。

やきとんってのが苦手でした。 今でこそ全国的に認知されている(多分)やきとん文化ですが

記事を読む

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え、塩トマト献立。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のなすと目が合うと、つい手にとって

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

鯖大根

鯖大根、小松菜のおひたし献立。

本日は余り鯖で。 鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。 おろし和えにしよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑