イカゲソ兄弟とおじさんと私。

公開日: : 最終更新日:2018/09/13 一人飲み, 生き方と考え方, 食べること

edogawa60

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿がありました。

若いお父さんと、お母さんと、小学1~2年生くらいの男の子2人の4人家族。

大人はもちろんビールをぐいぐい行っていて、子供らはつまみをワシワシ食べている。

つまみを、というか、主にイカゲソを食べている。

イカゲソ兄弟とおじさんと私

nakano-st4

私がちびちびとビールを1杯飲んでいる間にも、男子らは競うようにイカゲソをお代わりし続けていました。

せっかくの外食なんだからいろいろ食べて楽しみましょうなどという無駄な色気は一切見せず、ただただ好きなものを食べ続けるその子供らしさと、自由にオーダーさせているご両親の大らかさが、よい。

店員さんの対応から察するに、どうやらイカゲソ一家は常連らしく、これが本日7回目のゲソオーダーであることがご両親に告げられると店内は少しばかり盛り上がり、別のテーブルの団体客から

「じゃあおじさんも僕の大好物のイカゲソ、もらっちゃおうかな」

という乗っかりオーダーが入る。

イカゲソ。まあ、私も好きだけど、そう大量には食べないよねえ。でも、あんなに連打されると、おじさんたちみたいにちょっと食べてみようかなって気にはなるよねえ。

子供がいる酒場

居酒屋に子供を連れてくるなど教育上云々とか、大人の社交場に子供がいるなんてかんぬんとか、こういうシチュエーションを語るのはセンシティブな行為となりつつあるこの頃。だけれど、大人は大人らしく、子供は子供らしくその場に馴染んでいるならば、さして眉をしかめるような問題ではない。と、個人的には考えるのであります。

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

大人が静かに杯を傾ける渋い店ならいざ知らず、お気楽な居酒屋で早い時間からもりもりご飯、じゃなくてゲソを食べている男児らの姿はたくましく、やたらと微笑ましい。

ほほぅ、イカゲソね。なんてニヤニヤしてしまうのは、私自身が幼少の頃からこの手の店に出入りしていたからかもしれません。そして、何も酒場に出入りすることに限らず、子供の頃から親や先生以外の大人に慣れておくことにメリットはある。

大人に慣れると役に立つ。

イカゲソではなくおでんをアテにチャチャッと3杯空けた帰り際。まだまだ食べたりなさそうな男子らにイカゲソのお味について質問してみたら、唐突すぎたからかちょっともじもじさせてしまった。ありゃ、調子に乗りすぎたかな。ごめんね、のびのびと大きくなるんだよ。




関連記事

秋刀魚のしょうが煮

食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さんまが好物だからです。そして、

記事を読む

にんじんと青梗菜のツナ炒め レシピ

家飲み献立 2/26 にんじんと青梗菜の炒め物、三つ葉と葱のサラダ。

近頃やたらお腹が空くんだけど、成長期かしら。← 家でご飯や麺類を殆ど食べない生活ゆえに

記事を読む

菜脯蛋 切り干し大根入り卵焼き。

菜脯蛋、トマトと新玉ねぎの黒酢和えで晩酌。

先日友人から急に声がかかり飲みましょうということになり、何食べたい?と聞けば餃子、という返答

記事を読む

肉団子味噌汁

肉団子と大根の味噌汁、千切りにんじんの塩炒め献立

味噌汁がしみじみ旨い季節になりました。 野菜類や豆腐の入ったオーソドックスな味噌汁も大好き

記事を読む

新玉ねぎと鯖のサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、焼き海苔の味噌汁献立。

新玉ねぎが、出ている。 スーパーの入り口すぐ、メインコーナーにて輝く新玉ねぎを、迷わず

記事を読む

ごぼう入りつくね献立

ごぼうつくね焼き、たぬき豆腐献立。

ごぼうが余っていたのでひき肉と一緒にこねてやろうと思いました。 肉団子って感じでもない

記事を読む

さつまいもと豚肉の生姜煮

晩酌献立 さつまいもと豚肉の生姜煮、きくらげと葱の和え物。

前日から妙にさつまいもが食べたくなり、今夜は絶対さつまいもださつまいもだと念仏のように唱えな

記事を読む

トマトと卵の炒めもの、蒸し鶏ときゅうりの梅肉和えで晩酌

トマトと卵の炒めもの、おかひじきのスープ献立。

トマトと卵があったら、かなりの確率にて炒めもの、もしくはスープを作っている気がします。

記事を読む

ストレスを力に変える教科書 その思い込みは何のため?

By: Jacob Bøtter[/caption] 先日買い物とストレスの関係について触れ

記事を読む

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立

キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツの味噌汁献立。 ごはんの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑