食の好みが合わない人こそ大切だという話。

公開日: : 最終更新日:2018/12/07 読書, 食べること

lindt

とりあえずパフェを食べようという近年稀に見る提案に面食らいながらも、おとなしく受け入れる。しかし、どう考えてみてもパフェと勝負できる腹や口ではなかったので、できるだけビターそうなケーキを選び、ブラックコーヒーの供とする。

そうだ、甘いものダメだったっけ?ごめんごめんと後で謝られたけど、そんなことはありません。

自分一人だったらリンツカフェでパフェ食べようなんて洒落た発想は出てこないのだから、このオファーはむしろありがたいことなのです。

まあ、パフェは食べられなかったんだけど。

食の好みが合わない人こそ大切だという話

新橋ときそば

どちらかといえば甘いものよりしょっぱいものが好きだけど、全面的に甘味がダメなわけではありません。

ただ、素面でアイスクリームやケーキなどの洋菓子を食べる習慣がないだけ。酒飲んだ後はなんとなく欲しくなるんだけどねえ。アルコール摂取後は血糖値が下がるらしいので、これは本能的なものなのでしょう。ダメな本能。

甘い女。

チョコレートも嫌いじゃないけど、そうそう頻繁には、そしてたくさんは食べられない。専門店にも近寄らない。そういや表参道のDelReYのシャンパンとチョコレートってメニューはよかったね、と思い出したのだけど、もうあの店とっくになくなっていのか。という程度には、チョコレート事情に疎い。

だからこそ、ここの季節限定パフェを毎シーズン欠かさず食べているという友人の話は新鮮で面白かったのです。

食の好みが合致する相手との時間は、楽しい。店選びにしても、オーダーにしても、ツボが似ていれば似ているほど、おお、そうそう、わかってるねえという高揚感もある。

では、逆の場合はどうか。

酒を一切飲まない彼女と私では、食の好みや店選びの指針はかなり異なるし、正直、合わない。だからといって、会うのがつまらないかというとそんなことはない。ハズず危険性は高いだろうけれど、自分の好みなどという限りなく狭い世界から、まだ見ぬ場所へといざなってくれるのは、むしろ「合わない」人なのかもしれない。

モノを溜め込む人とは友達になれない。

そう考えると、好みの合わない人って大切ですね。もちろん、ただ嫌いな相手ってのは好みが合おうが合うまいが一緒に食事はできないんだけど。

もう一杯だけ飲んで帰ろう

味覚にせよなんにせよ、好みの合わない人って大事。

自称「食の好みの合わない」夫婦が同じ日に同じ店で共に飲み食いした時間をそれぞれの目線で綴るリレー形式エッセイ「もう一杯だけ飲んで帰ろう。」を読んだ際も、同じように感じました。

肉には一切の興味を示さなかったもやし好きの夫が、肉食の妻の影響か、今では月一の焼肉会を楽しみにしていたり、肉さえあれば野菜なんて食べなくても平気だった妻が、しっかり出汁のきいたおひたしの美味しさなどを語るようになっている。まるっきり嗜好が変わったわけではないけれど、好みが合わないからこそ互いの影響によって新しい扉を開いたのだなあと感じられて、なんだか微笑ましい。

特に河野氏の記述には結婚後のご自身の変化を好ましく受け入れている様子がそこかしこに現れており、これまた微笑ましい。

お二人は共に食が細いので、お気に入りの店であれこれ食べたい時は敢えて大食いの友人を「仕込む」という作戦を取るらしい。根本的な食の好みが違っても、好きな人とみんなでワイワイ飲むのが好き、という点が完全一致しているからこそ、度々の外食を楽しめるのでしょう。

最近益々タイトになっているらしい我が胃腸。飲みに出かけてもオーダーできる品数がどんどん減ってきたのは、やっぱりどこか寂しいものです。

一人で酒を飲むならば 一人飲みの店選び

こういう本を読んでいると、ひとりでしっぽり飲んでばかりいないで、たまにはみんなを誘って大勢で出かけて、テーブルにずらりと料理を並べて食べたいな、という気になってくるのでした。

 




関連記事

焼き大根、ピーマンの丸煮献立

焼き大根、ピーマンの丸煮で晩酌。

焼き大根、ピーマンの丸煮。 地味野菜ばっかりじゃないかこの草食が、と罵られそうな献立で

記事を読む

家飲み献立 12/18 鯖のおろし和え、白菜の豆乳煮込み。

夕方、公共料金支払いのためにコンビニに寄りました。 以前はなんとなく毎日のように立ち寄

記事を読む

焼き春キャベツ献立

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめ

記事を読む

アボカド豆腐丼献立

休肝日ごはん アボカド豆腐丼献立。

週の初めは休肝日。 普段の夕食は炭水化物抜きで酒のつまみのみですが、今年から休肝日を増

記事を読む

減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。 仕事はもちろん、人生のあ

記事を読む

休肝日にはバナナを食べる。

思わぬトラブルに見舞われた先週。 参考 ぎっくり腰になりました 2015 初めてのことで

記事を読む

豆腐の卵とじ、アンチョビかぼちゃなど5品で晩酌。

キッチンで晩ごはん準備をしている途中のこと。 窓から圧倒的な夕焼けが見えたので急いで部

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

鍋で家飲み 豚ともやしの蒸し鍋。

山盛りのもやしを頬張りたくなる夜はありませんか。 私は、あります。 もやしといえ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑