家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 家飯, 食べること ,

151217ienomi6

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。

自宅を一定期間留守にする場合は冷蔵庫を空にしてさらに電源を抜いて出かけたい。

が、家を空けるギリギリまで家飯で家飲みを楽しみたい。

そんな相反する思いが年末の献立を妙なものにする要因なのであります。

鯖と白菜の味噌煮込みで晩酌

鯖味噌煮込み献立

  • 糠漬け
  • 蕪の葉の辛味炒め
  • キャベツの生姜蒸し
  • 塩昆布奴
  • 鯖と白菜の味噌煮込み

蕪の葉の辛味炒め

蕪の葉のきんぴら

適当な長さに切った蕪の葉を唐辛子と一緒にごま油で炒め、最後に醤油を回し入れゴマを振ります。簡単だけど辛味が効いたいいおつまみ。

塩昆布奴

塩昆布奴

豆腐に塩昆布を乗せて、オリーブオイルを垂らすだけ。

鯖と白菜の味噌煮込み

鯖と白菜の味噌煮込み

簡単調理の強い味方、鯖の水煮缶を使った一品。ざく切りにした白菜と鯖水煮缶、缶汁少々を鍋に入れ、酒、水、薄切りの生姜を加えて白菜が柔らかくなるまで煮込みます。最後に少量の味噌を溶き入れて水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。

いつもは缶汁の味付けのみで作ることが多いこのおかず。たまにはちょっと変化をもたせてみようかと味噌仕立てにしてみました。缶詰はすでにしっかり味が付いているので味噌の分量は少なめにするのが正解です。

後はいつもの糠漬けと先日の残り物のキャベツのしょうが蒸しを添えて全5品。白菜と蕪で年内をどうにか乗り切ろうとする意気込みをひしひしと感じる晩酌献立となりました。

一人暮らしの晩酌つまみ

鯖の煮物、見た目はすこぶる悪いけどこれは反則ですね。日本酒をどんどん呑まずにはいてもたってもいられません。ほうれい線改善企画中につき酒を控え目にしているというのにこんなもの作っちゃって、本当にやる気あるのかって感じですね。

ナントカの素、とかあれこれ変わった調味料をたくさん使う複雑な味の料理は作るもの食べるのも苦手なんですが、塩とか味噌なんていうシンプルな調味料を使ったちょっと濃い目の味付けは酒飲みにはたまらないアテ。よくないこととはわかっているけどついつい杯を重ねてしまうというものです。

濃い味は酒が進む、と言っても冷静に考えたら蕎麦味噌舐めながら酒飲むって大概オカシイ行動だよねえ。あ、でも葱味噌をのっけたご飯、なんてのもあるからやっぱりご飯のお供として最適なものは酒も呑めちゃうという公式が成り立ちますね。

 




関連記事

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくまで薄味に仕上げ、ふんわりと固め

記事を読む

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

こんにゃく麺で韓国冷麺風

休肝日のメニュー 冷麺。

またまた休肝日。 特にサイクルを決めているわけではないのですが、丁度細々とした食材も使い切った

記事を読む

キャベツと肉団子のスープ煮

キャベツと肉団子のスープ煮、にんじんの白和え献立。

立冬も過ぎ、そろそろ汁飲みの季節ですね。 汁飲み。それは、スープや鍋物など汁気の多い料

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

家飲み献立 9/11 ビールにカイチアオ・ムーサップ。

ロールイカにセロリ、玉ねぎ、春雨、レモン…。 むやみに食材を増やさずに今あるものを活かして

記事を読む

カヴァで家飲み 11/3 秋鮭と春菊のグラタン。

最近すっかり春菊づいている我が家の食卓。 ひと束買ったら、一人暮らしはとても1日では消

記事を読む

茄子とトマトのバジル炒め

茄子とトマトのバジル炒め、キャベツの生姜醤油和え。

絶賛粗食生活満喫中、及び必要最低限の調味料しか持たない、さらに普通の食材を使う、がモットーの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

にじますのねぎ油蒸し
にじますのねぎ油蒸し、キャベツの梅しそ和え献立。

いただきもののにじますシリーズ、本日で最後です。にじますのち

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

→もっと見る

PAGE TOP ↑