家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 家飯, 食べること ,

151217ienomi6

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。

自宅を一定期間留守にする場合は冷蔵庫を空にしてさらに電源を抜いて出かけたい。

が、家を空けるギリギリまで家飯で家飲みを楽しみたい。

そんな相反する思いが年末の献立を妙なものにする要因なのであります。

鯖と白菜の味噌煮込みで晩酌

鯖味噌煮込み献立

  • 糠漬け
  • 蕪の葉の辛味炒め
  • キャベツの生姜蒸し
  • 塩昆布奴
  • 鯖と白菜の味噌煮込み

蕪の葉の辛味炒め

蕪の葉のきんぴら

適当な長さに切った蕪の葉を唐辛子と一緒にごま油で炒め、最後に醤油を回し入れゴマを振ります。簡単だけど辛味が効いたいいおつまみ。

塩昆布奴

塩昆布奴

豆腐に塩昆布を乗せて、オリーブオイルを垂らすだけ。

鯖と白菜の味噌煮込み

鯖と白菜の味噌煮込み

簡単調理の強い味方、鯖の水煮缶を使った一品。ざく切りにした白菜と鯖水煮缶、缶汁少々を鍋に入れ、酒、水、薄切りの生姜を加えて白菜が柔らかくなるまで煮込みます。最後に少量の味噌を溶き入れて水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。

いつもは缶汁の味付けのみで作ることが多いこのおかず。たまにはちょっと変化をもたせてみようかと味噌仕立てにしてみました。缶詰はすでにしっかり味が付いているので味噌の分量は少なめにするのが正解です。

後はいつもの糠漬けと先日の残り物のキャベツのしょうが蒸しを添えて全5品。白菜と蕪で年内をどうにか乗り切ろうとする意気込みをひしひしと感じる晩酌献立となりました。

一人暮らしの晩酌つまみ

鯖の煮物、見た目はすこぶる悪いけどこれは反則ですね。日本酒をどんどん呑まずにはいてもたってもいられません。ほうれい線改善企画中につき酒を控え目にしているというのにこんなもの作っちゃって、本当にやる気あるのかって感じですね。

ナントカの素、とかあれこれ変わった調味料をたくさん使う複雑な味の料理は作るもの食べるのも苦手なんですが、塩とか味噌なんていうシンプルな調味料を使ったちょっと濃い目の味付けは酒飲みにはたまらないアテ。よくないこととはわかっているけどついつい杯を重ねてしまうというものです。

濃い味は酒が進む、と言っても冷静に考えたら蕎麦味噌舐めながら酒飲むって大概オカシイ行動だよねえ。あ、でも葱味噌をのっけたご飯、なんてのもあるからやっぱりご飯のお供として最適なものは酒も呑めちゃうという公式が成り立ちますね。

 




関連記事

晩酌献立 白菜のうま煮、塩蛸ぶつ。

白菜ももうそろそろ終了ですかね。 もうちょっと漬物が食べたいので白菜漬けの仕込みは確定

記事を読む

ゴーヤと豚の味噌炒め

ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました。 休肝日ごはん ゴーヤ

記事を読む

小松菜と豚肉の卵炒め、きのこのネギ塩和えで紹興酒。

中華的なメニュー構成で紹興酒にしました。 紹興酒は外でもそんなに飲まないし家では料理用

記事を読む

家飲み献立 12/3 鶏肩肉のくわ焼き、ピーマンとツナの炒め物他全5品。

うう、寒い。 真冬っていってもたいした寒さじゃないね、なんて余裕をかましていましたが、やはり師

記事を読む

大根、キャベツ、ひらたけの味噌汁 小松菜のおひたし 漬もの納豆 塩昆布ごはん

大根、キャベツ、ひらたけの味噌汁、まつのはこんぶごはん献立。

今週は具沢山の味噌汁とごはんをメインとした夕食献立週間(酒抜き)です。 「普通に美味し

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

白菜の卵とじ献立

白菜の卵とじ、インゲンと豚肉のごまマヨネーズ和え献立。

季節の変わり目は服選びに困る、とはもはや挨拶時のお約束的トピックスではありますが、困るのは服

記事を読む

塩鶏と水菜の酒蒸し

晩酌メニュー 塩鶏と水菜の酒蒸し、葱の卵炒め。

食事の準備が終わってからテーブルを見て 「あれ?今夜はちょっとボリュームが少なめだった

記事を読む

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑